webマーケティングの仕事内容とは?未経験から目指す方法も徹底解説!

  • 2023年8月29日
  • 2023年8月30日
  • 転職
 

※プロモーション記事です。

 

※記事内の口コミはお客様の声の一部を掲載しています。



webビジネスの発展に伴い、webマーケティングの役割が一層重要になってきています。webマーケティングは数値によって成果が可視化されるため、その課題は大きいかもしれませんが、それと同時に非常に大きな達成感を感じることができます。新しい職業選択として、webマーケティングを考える人も増えてきているでしょう。

本記事では、webマーケティングの具体的な業務内容、必要とされるスキル、そして未経験者がこの分野を追求するための進め方について徹底解説します。

webマーケティングとは?

webマーケティングは、今日のインターネット中心のビジネス環境において絶対に欠かせない存在です。しかしながら、その仕事が何であり、なぜそれが重要なのかを理解していない方も少なくありません。そこで、ここではwebマーケティングがどのような業務を含み、その存在がなぜ必要とされているのかについて明らかにします。

webマーケティング

webマーケティングとは、webサイトやwebサービスを最大限に活用し、商品やサービスを購入するための環境を構築する職業です。これに携わる専門家をwebマーケターと称します。

ホームページやブログなどのwebサイトの利用者の傾向や行動を詳しく分析し、それをマーケティング戦略に結びつけることが求められます。webサイトへの訪問者を増やし、その結果として商品やサービスの購入を促進する道を開拓する役割を担っています。そのため、マーケティング全般に関する知識はもちろんのこと、webに関する専門的な知識や洞察も必須となります。

デジタルマーケティングとの違い

webマーケティングと言葉が似ている「デジタルマーケティング」は、webマーケティングを包含する、より広範な概念です。

webマーケティングはwebをメインとしたマーケティング手法で、webサイトに訪れるユーザーの行動パターンを分析し、ユーザーが何を求め、どのようなアクションを起こす可能性があるのかを探求します。

一方、デジタルマーケティングはその範囲がさらに広がり、webサイトだけでなく、スマートフォンやタブレットのブラウザ、公式アプリ、IoT(Internet of Things)、イベントや店舗のデータなど、あらゆるデジタル情報を含むようになっています。

デジタルツールを最大限に活用することがデジタルマーケティングの鍵であり、webマーケティングはデジタルマーケティングの一部という位置づけになります。

webマーケティングの必要性

webマーケティングの必要性は、インターネットとデジタル技術の普及が加速する現代社会においてますます高まっています。インターネット利用者は個人だけでなく企業も含めて増加しており、また、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の利用が急速に広がっています。

その結果、企業と顧客との接触の機会は飛躍的に増え、コミュニケーションのハードルは低下しているようです。

SNSは情報を瞬時に拡散する能力を持っています。これにより企業は自社の商品やサービスを大規模に宣伝することが可能となり、一方で顧客は興味がある商品やサービスについて詳細な情報を得やすくなります。これによって、企業と顧客の間の情報のアシンメトリーが解消され、より高度なビジネス環境が形成されていますよ。

また、インターネットの便利性は年々進化し続けており、求める情報にすばやく容易にアクセスできるようになっています。スマートフォンの普及により、いつでもどこでもインターネットに接続することが可能となり、インターネットは我々の生活と切り離せないものとなりました。

さらに、インターネットを介したデータの収集と分析により、企業はマーケットの動向を把握し、消費者のニーズや行動パターンを理解することが可能となります。このデータを駆使した消費者へのアプローチは、より効率的で効果的なマーケティング戦略の策定を可能にし、ビジネスの競争力を高めてくれるでしょう。

このように、webマーケティングは現代ビジネスにおいて不可欠な存在であり、その重要性は今後も増すことが予想されます。

webマーケティング担当者の具体的な仕事内容

webマーケティングの主要な役割は、webサイトへの訪問者を増やし、その結果を商品・サービスの売り上げ、資料の請求、会員登録などの行動に変えることです。

以下に、webマーケティングがどのように実行されるか、その主なステップを説明します。

アクセス解析

webサイトのアクセス解析は、コンバージョン率(CVR)を高めるための必須な業務です。CVRとは、購入や問い合わせなど、webサイトが目指す最終目標に到達したアクセスの割合を指します。

訪問者の行動を深堀りして分析し、どのページが効果的であるか、どのページから訪問者が離れる傾向にあるかを特定することが重要です。それを基にwebサイトのデザインや機能を改良し、その後の効果を確認し、さらなる改善策につなげます。

SEO(検索エンジン最適化)

「SEO」は検索エンジン最適化のことで、特にGoogleからの評価を獲得するための戦略を練ります。Googleはユーザーにとって有益な情報を提供し、ユーザーを優先しているかどうかを評価基準とし、それが検索結果に反映されます。特定のキーワードで検索したときに上位に表示されることができれば、ユーザーの視野に入りやすくなるため、SEOに注力することは重要です。

明確なランキング要素は公開されていませんが、「質の高いコンテンツを作ること」「ユーザーフレンドリーな設計をすること」「クローラーがサイトの情報を理解しやすい構造を作ること」などの要点を考慮する必要があります。Googleの提唱する検索品質評価ガイドライン(E-E-A-T)を把握しないと、期待した結果は得られません。

広告運用

Web広告は、サイトへの訪問者数を増加させるための一助となる手法の一つです。Web広告の形態はさまざまで、バナー広告からビデオ広告、リマーケティング広告、SNSの広告などが存在します。それぞれターゲットに対するアプローチ方法が異なり、かかるコストも異なります。広告の効果を最大化するためには、広告運用の目標を明確に設定し、その目標を達成するための最適な広告形態を選択する必要があります。ターゲット設定、ROI(投資対効果)の算出、広告のパフォーマンス評価など、広告運用は全体的な観点からの洞察と戦略が求められます。

具体的な広告手法として、Google AdWordsやFacebook Adsなどのプラットフォームを利用することが一般的です。これらのプラットフォームはユーザーの検索履歴や閲覧内容など、様々なデータに基づいて、最も関心を持つ可能性のある広告を表示するターゲティング広告を可能にします。これにより、広告主は自社の商品やサービスに関心を持つ可能性のあるユーザーに効果的に広告を配信することができるのです。

SNS運用

LINEやInstagram、Facebook、TwitterなどのSNSを用いて、訪問者を引きつける情報を発信するのは現代マーケティング戦略において非常に重要な要素です。SNSはユーザー同士のつながりを活用して情報を拡散することが可能なため、計画的なコンテンツ配信により予想以上の効果を得ることもあります。

SNSマーケティングでは、ユーザーの関心を引く魅力的なコンテンツ作りが重要です。ユーザーの興味や問題解決につながる情報を提供し、それを通じてユーザーとのエンゲージメントを高めることを目指します。また、ユーザーが自然にシェアしたくなるようなコンテンツを作ることで、ユーザーからの自発的な拡散を促すことも重要な戦略です。

ユーザーのサイト回遊率対策

webマーケティングの一環として、ユーザーのサイト回遊率対策は非常に重要です。サイトへの訪問者を増やすだけでは不十分で、その訪問者がどれだけサイト上で活動し、実際に目的のアクションを起こすかが問われます。つまり、サイト上での時間を増やし、離脱率を下げるための具体的な戦略が求められます。

初めて訪れるページがユーザーの目に留まるように、そのページのパフォーマンスを改善することが一つの戦略です。例えば、素早いページ読み込み速度や、見易いデザイン、直感的なナビゲーション等が求められます。これらはユーザー体験を向上させ、サイトから離れることを防ぎます。

また、離脱を引き起こす可能性がある箇所、例えばフォーム入力に対する最適化も重要です。フォームが複雑すぎる、または時間がかかりすぎると、ユーザーはそれを完了することなくサイトを離れる可能性があります。そのため、フォームは簡潔で、直感的である必要があります。

webマーケティングの仕事で大変なこと

毎日が検証と改善の繰り返し

webマーケティングの業界では、毎日が試行錯誤の連続です。具体的には、「改善策を考える→実行→成果を検証」のサイクルを日々繰り返します。頭を抱えながら、細かな作業を通じて少しずつ数字を改善していくことが日常となります。自分で考えた戦略が上手く行くかは、上司にも誰にも分からないため、ゴールが見えない状況での持続的な努力と忍耐力が求められます。

プレッシャーと高い責任感

webマーケティングの仕事は、企業の経営陣と直接やり取りしながらプロジェクトを進める必要があります。そのため、常に高いプレッシャーと責任感を感じることとなります。クライアントから求められるのは結果(=売上)であり、それを達成するためには毎日、自身の頭をフル活用し、動き続ける必要があります。役職が上がれば、任せられる予算も大きくなり、大きな会社では数千万から数億円の広告予算を運用することもあります。このような広告予算の使い道はマーケターの判断に委ねられるため、「自分が判断ミスするわけにはいかない」という緊張感も常に存在します。

業務量が多い

webマーケティングの業界では、常に仕事量が多いことが大変な点です。例えば、20~30社のクライアントを担当し、それぞれの進捗管理や定例レポートの作成に加えて、突発的にクライアントからの依頼が来ることもあります。そのため、「いかに業務を効率的にこなしていくか?」が重要となります。また、仕事量が多いため、効率的に業務を進められない初期段階では、仕事が終わらず、遅くまで残業することもあります。

新しい情報のインプット

また、webマーケティング業界では、日々新しい技術やサービスが誕生し、それを迅速にキャッチアップし、自身の戦略に反映させる必要があります。「少し前まで有効だったやり方が、今は全然使えない」という状況が頻繁に発生します。常に新しい情報を取り入れ、学び続けることは、同業界のプロフェッショナルにとっては必須のスキルです。

結果が出るまで時間がかかることも

webマーケティングの施策の中には、成果が出るまで時間がかかるものもあります。例えば、SEO対策やSNSのフォロワー数の増加など、すぐには結果が出ないものもあります。これらの施策は、中長期的に見れば有効なものですが、成果が現れるまでの期間は、クライアントだけでなく、自身も不安に感じることがあります。

webマーケティングの仕事のやりがい

webマーケティングの仕事には困難が伴いますが、その一方で大きな達成感ややりがいを感じる瞬間もあります。

結果が出た時の喜び

自分自身が考え抜いたwebマーケティング戦略で成果が出たときの達成感は何にも代えがたいものがあります。一つ一つの成功体験は自身の自信につながり、特定の業界で絶対に成功させられるという自負心を育てます。また、クライアントが売上アップを実感し、更なる予算を投入してくれると、自分自身の報酬も増えるため、両者にとってWin-Winの関係を生むことができます。

裁量権が大きい

webマーケティングの仕事は、経験や年齢に関係なく裁量権が大きいのが特徴です。例えば新卒や未経験でも、企業の社長や重役と一緒にプロジェクトを進めることが可能です。このような責任ある仕事に挑戦できるのは、web業界ならではの魅力と言えるでしょう。

昇給・昇進が早い

webマーケティング業界は、人材不足により一定の成果を出せば昇進・昇給のチャンスが比較的早く訪れます。また、新卒や中途入社のメンバーが多く、早い段階でチームマネジメントの経験を積むことも可能です。このような環境は、リーダーシップスキルを磨く絶好の機会ともなります。

webマーケティング担当者に求められるスキル

webサイト構築スキル

webマーケティングにおける基盤はwebサイトです。これを解析し、改善するためにはwebサイト構築に関する深い知識が必要となります。このスキルはHTMLやCSSなどのマークアップ言語、JavaScriptやPHPなどのプログラミング言語、そしてSQLなどのデータベース言語を理解し、それぞれの特性と役割を理解することが必要です。また、PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトも使いこなせると、より幅広いタスクに対応できます。さらに、webサイトの特性、セキュリティ対策、UI/UXデザインやwebライティングの原則などについても知識を持つことが求められます。

データ収集・分析スキル

webマーケティングにおける成功の鍵は、データに基づいた意思決定です。webサイトの訪問者数、ページビュー、直帰率、コンバージョンレートなどの各種指標を適切に収集し、それらのデータを基に顧客の行動やニーズ、広告のパフォーマンスなどを分析する能力が必要となります。さらに、GoogleアナリティクスやAdobe Analyticsなどの解析ツールを使いこなし、それらから洞察を得てマーケティング戦略を策定する能力も求められます。

コミュニケーション力・調整力

webマーケティングの業務は、webデザイナー、エンジニア、営業担当、クライアントなど、多岐にわたる人々との連携を必要とします。そこで求められるのが、クリアなコミュニケーション力と柔軟な調整力です。プロジェクトの目標や期限を明確に伝え、必要な情報を適切に共有し、各ステークホルダーと効果的に協力するためのスキルが必要となります。

マーケティング全般の知識

webマーケティングは、SEO、SEM、SNSマーケティング、Eメールマーケティング、コンテンツマーケティングなど、多くの手法を用いて行われます。これらの各手法についての基本的な知識を持ち、それぞれがどのように組み合わせて使用されるのかを理解することが求められます。また、Google AdsやFacebook Adsなどの広告プラットフォームの使用経験、SEOツールの操作方法、メールマーケティングツールの使用方法なども重要な知識となります。

未経験からwebマーケティングに転職するのは難しい?

結論から伝えると、未経験からwebマーケティングに転職するのはかなり難しいのが現状です。難しい理由は以下の通りです。

未経験者を対象にした求人が少なく競争が激しい

webマーケティングは需要が高まっていますが、比較的必要な人材数が少ないため、未経験者を歓迎する求人は稀です。また、リモートワークの可能性やスキルを身につける機会があることから、未経験者向けの求人には多くの優秀な人材が応募し、倍率が高まります。webマーケティングを志す動機や、既に行っている学習や実践の努力が評価されますよ。

人間性や会社とのマッチングが重視される

未経験者の採用では、専門的なスキルよりも、考え方や挑戦への取り組み、チームとの相性などが重視されます。会社のミッション・ビジョン・バリューへの共感や、自分がこの企業で何を成し遂げたいのかが明確でなければなりません。面接では、会社のウェブサイトや求人情報を十分に理解しておくことが重要です。

一定の知識や経験が必要

未経験者でも求められる知識や経験があります。例えば、不動産のwebマーケティングなら不動産についての知識、飲食業のwebマーケティングなら飲食についての知識が必要となります。また、過去の仕事での成果や取り組みの仕方、結果に対するコミットメントや自己啓発のスタンスも重視されますよ。

例えば、営業からwebマーケティングへ転職する場合、営業の経験と成果を採用企業にどう見せるかが鍵となります。「営業職だから営業の実績は関係ない」と考えてしまうのは間違いです。企業は、現職での成果とその再現性を評価し、それが未経験の分野でも活きると判断します。

未経験からwebマーケティングに転職するためのコツ

webマーケティングへの転職は、専門知識やスキルが必要であり、未経験者がその道へ進むのは決して容易ではないと言われています。それでも、以下に示す3つのステップを活用すれば、成功の可能性を高めることができます。

これらの手順は直ちに行動に移すことができるものも含めていますので、ぜひ試してみてください。

転職理由と志望動機は「webマーケティングを選んだ理由」を明確にする

異業種からの転職では、転職理由と志望動機に特に注目されます。薄っぺらな転職理由では、「難しくなった時にはやめてしまうのではないか」「長続きしないのではないか」という不安を採用担当者に抱かせてしまいます。多種多様な職業が存在する中で、「なぜwebマーケティングを選んだのか」を自身の経験や思考を元に具体的に語ることが必要です。

未経験者は実績やスキルが少ないことが多いですが、魅力的な志望動機があれば、仕事への熱意をアピールできます。

一旦アカウントプランナーとしての経験を積む

未経験でもwebマーケティングへの転職は可能ですが、成功率を格段に向上させたい場合、まずはアカウントプランナーとしての職務経験を積むことをおすすめします。アカウントプランナーとは、広告業界の企画営業職を指します。クライアントのニーズを理解し、広告出稿を支援することが主な仕事内容となります。

アカウントプランナーとして経験を積むことで、webマーケティングで求められる基本的なマーケティング知識や、調査・分析の技術を獲得することが可能となります。これにより、webマーケティングへの転職時に強みとなる要素が増えますよ。

転職エージェントの支援を活用する

転職活動は一人でも行うことはできますが、転職エージェントの支援を利用することで、より効率的な活動が可能となり、成功確率も上昇します。転職エージェントが提供するサービスは、求人紹介、応募書類の添削、面接対策のアドバイスなどです。

自身のスキルに合った求人をピックアップし、紹介してくれるため、自分で求人情報を探す手間が省け、その時間を書類作成、面接対策、自己分析などに注ぐことができます。キャリアプランについての相談にも応じてくれるため、転職活動に悩んでいる方にもおすすめです。

まだ、転職エージェントに登録していない方は、実際に転職者の8割が利用しているこちらのリクルートエージェントに登録するのがおすすめですよ。

webマーケティングへの転職におすすめの資格5選

webマーケティングへの転職は資格がなくても可能ですが、資格を持つことで自分のキャリアを強化し、転職成功率を高めることが可能です。以下に主な資格とその特徴を紹介します。

マーケティング・ビジネス実務検定

この検定は、国際実務マーケティング協会が主催しています。マーケティングの知識や実践スキルを総合的に評価するもので、A級、B級、C級の3つのレベルがあります。C級では、基本的なマーケティングの知識や実践スキルが評価されます。B級では、より高度な知識と実践スキルが求められ、マーケティングの業務運営が可能なレベルを証明します。A級はさらに高度な知識と戦略的な思考力が評価され、マーケティングのマネジメントレベルを証明してくれますよ。

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定は、株式会社サーティファイが主催する検定試験で、webマーケティングの基本的な知識やスキルを測るものです。SEO、SEM、SNSマーケティング、アフィリエイト、ECなど、ネットマーケティングの幅広い領域をカバーしています。公式サイトによれば、15時間の学習時間で基本的な知識を習得し、試験に挑むことが可能です。

ウェブ解析士

ウェブ解析士は、ウェブ解析士協会が認定する資格で、webマーケティングで必要とされる情報分析や活用方法に焦点を当てています。ウェブ解析士の資格は、ウェブ解析の基本的な知識とスキルを証明します。さらに、上級ウェブ解析士やウェブ解析士マスターといった上位資格も存在し、より高度な知識とスキルを証明してくれますよ。

Webアナリスト検定

Webアナリスト検定は、日本Web協会が主催する資格で、web解析やデータ分析に関する知識を認定します。特に、Googleアナリティクスによる解析技術やデータ活用方法に焦点を当てています。この検定は、5時間の講座を受けた後にオンラインでテストを受ける形式を取っています。

Web検定

Web検定は、株式会社ボーンデジタル検定事務局が主催するもので、「Webリテラシー」「Webデザイナー」「Webディレクター」「Webプロデューサー」の4つの領域に分けられています。それぞれの検定で、webに関する基本的な知識や専門的なスキルを証明します。「Webディレクター」と「Webプロデューサー」は特にwebマーケティングの業務に関連する知識やスキルを証明します。また、「Webリテラシー」は、webに関する基本的な知識を学び、証明することができますよ。

webマーケティングの仕事のまとめ

Webマーケティングの業界では、働き方に大きな自由度があるため、個々のライフスタイルや働き方に合わせて業務を進めることが可能です。さらに、成果は具体的な数値で評価されるため、自身の努力やスキルが直接結果に反映され、大きな達成感を感じることができます。

しかし、その一方で、Webマーケティングは専門的な知識や経験が必須となるため、この分野への転職を考える際には、自分の志望動機や転職の理由をきちんと考え、適切に伝えることが重要ですよ。

また、転職をお考えの方は転職エージェントへ登録をおすすめします。

リクルートエージェントは、他の求人情報サービスと比較しても抜群の求人数を誇り、50万件以上の職種を取り扱っています。

特にIT・web関連の職種では、未経験からでも挑戦できる数多くの求人を提供しています。webマーケティングへの転職を考えている方にとって、リクルートエージェントは大変有用なサービスといえるでしょう。

あなたのキャリアアップの一歩として、ぜひリクルートエージェントへの登録をおすすめします。

豊富な求人の中から、あなたの可能性を広げる新たなチャンスが見つかるかもしれませんよ。