第二新卒に強い転職エージェントを一覧表で徹底比較!おすすめ14選

「第二新卒」とは学校を卒業してからおよそ3年以内の人のことを指します。近年では若年層の転職はとても多く、第二新卒の方が転職を目指すことも多くなっています。そこで今回は、第二新卒に強い転職エージェントを14社ご紹介していきます。

第二新卒に強い転職エージェント14社を一覧で比較!

転職エージェント求人数対象年齢得意分野
リクルートエージェント約172,000件20~50代総合型
リクナビNEXT約54,000件20~50代総合型
DYM転職約2,500社以上20~50代総合型 未経験・フリーター向け
パソナキャリア約40,000件20~50代IT系・女性の転職に強い
DODA約121,000件20~50代総合型
マイナビジョブ20’s約2,300件20代20代の転職サポート
DYM就職!約2,500社以上20~50代総合型 未経験・フリーター向け
就職Shop約10,000件20~30代第二新卒・フリーター向け
ハタラクティブ約2,500件20代メイン総合型・未経験向け
キャリアスタート約300件若者に特化総合型・未経験向け
UZUZ約370件若者メイン総合型
レバテックキャリア約7,000件20~50代総合型
ワークポート約52,000件20~50代総合型
マイナビエージェント約35,000件20~50代総合型

※2022年3月時点

今回ご紹介する転職エージェントはどれもおすすめですが、それぞれ目指す分野に応じて転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

ワークポートのようにプログラミングスクールで学習ができたりと、スキルを磨きながら転職を目指せる転職エージェントもあるので、未経験分野に挑戦したい方はそういった転職エージェントを選ぶのもおすすめです。

第二新卒に強い転職エージェントのおすすめ14選

第二新卒の転職に強い転職エージェントは大きく分けて14社ありますが、それぞれ特徴や得意分野があるので、ぜひご自身の分野に合わせておすすめの転職エージェントを選んでください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート
求人数※2022年2月時点約172,000件
非公開求人数※2022年2月時点約229,000件
対応エリア全国

まずご紹介したいのは、リクルートエージェントです。転職に興味のない方でも、「リクルート」の名前はほとんどが知っているでしょう。リクルートエージェントの大きなメリットは、まずその圧倒的な求人数です。

公開求人数が172,063件、非公開求人数が229,097件となっています。アドバイザーも徹底的にサポートしてくれ、理想の転職を叶えるために奔走してくれるので、死角の無い転職エージェントです。

おすすめしない人
  • 自分のペースで転職したい人
  • 希望条件に徹底的にこだわりたい人
  • 専門性の高い求人を探している人

リクルートエージェントは、アドバイザーが熱心すぎて「転職を急かされている」と感じる方も居るかもしれません。

また、利用者にとって「良い求人」を提供することを考えているので、多少希望と違っても、条件の良い求人を見つけたら紹介してくれるので、専門性の高い、自分の求めている条件に完全に合致する求人だけを紹介して欲しい方には向いていないかもしれません。

おすすめする人
  • 数多くの求人から転職先を探したい人
  • 履歴書や職務経歴書の作成に自信がない人
  • すぐに転職したい人

リクルートエージェントは、業界最多の求人数の中から、自分に合った求人をじっくり探したいという方におすすめです。また、転職活動が初めての方にも、履歴書から職務経歴書、エントリーシートの作成まで、アドバイザーが熱心に一緒に手伝ってくれるので、「右も左も分からない!」という方でも安心して転職活動ができます。

リクルートエージェントは、アドバイザーがさまざまな求人を探してきてくれるので、思わぬ好条件の求人も見つかるかもしれません。

公式サイトで詳細を確認する

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴
  • 膨大な求人情報から自分では探せない、ぴったりな企業を紹介してくれる
  • 「気になる」した企業からオファーがくる
  • 企業からダイレクトにオファーがくる
求人数※2022年2月時点約54,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

リクナビNEXTは先ほどご紹介したリクルートエージェントと同じく、リクルートが運営している、転職を目指す方向けのサービスです。リクルートエージェントと異なるところは、リクナビNEXTは転職サイトだということです。

転職サイトとは、自分で求人情報に好きなだけ応募できる代わりに、アドバイザーが付かないので、、1人で転職を目指す方向けのサービスです。転職エージェントと異なり、手厚いサポートを受けることはできませんが、その代わりに自分のペースで転職活動ができるので、転職エージェントと併用することをおすすめします。

また、リクナビNEXTでは情報を登録し、公開しておくと企業からオファーが来ることがあります。自分から積極的に転職活動をする時間が無い方でも転職活動をすることができるので、「とりあえず登録」だけでもしておくと良いかもしれません。

おすすめしない人
  • いますぐにでも転職活動をしたい人
  • アドバイザーと二人三脚で転職活動をしたい人
  • イチからサポートして欲しい人

リクナビNEXTはアドバイザーが付かないので、アドバイザーと二人三脚で転職活動をしたい人には向いていません。
リクルートエージェントを利用することをおすすめします。また、職務経歴書なども自分で作成しなければならないので、アドバイザーと準備を進めたい方にも向いていません。

おすすめする人
  • 能動的に転職活動のできる人
  • 時間がかかっても納得のいく求人に応募したい人
  • 企業からのオファーも受けたい人

リクナビNEXTはアドバイザーが付かない代わりに、自由に転職活動ができるので、能動的に転職活動ができる方にはとてもおすすめです。好きなタイミングで、好きな企業に応募できますし、時間が無い方はとりあえず登録しておくことをおすすめします。

また、求人数が多いので自分が予想もしていない好条件のオファーが届くこともあり、おすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

DYM転職

DYM転職の特徴
  • IT系優良ベンチャーの求人を保有
  • 独占求人も多数保有
  • エージェントが就職できるまで二人三脚
求人数※2022年2月時点約2,500社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

DYM転職は保有する求人の8割を非公開にしています。これは人気の求人に応募が殺到するのを防ぐためで、それだけ好条件の求人と言えます。

非公開なので転職サイトのように自分で好きに見たりすることはできませんが、転職希望者のスキルや経歴に応じてあなたにあった求人を紹介してくれます。

独占求人も保有しているので、DYM転職でしか紹介を受けられない求人もあり、待遇や年収UPにも期待できます。

おすすめしない人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 自分で求人を探したい人
  • 支援実績の豊富なサービスを利用したい人
おすすめする人
  • ベンチャー企業に転職したい人
  • 面接に関する具体的なアドバイスが欲しい人
  • 柔軟に希望に応えてくれるエージェントを探している人

DYM転職は最短1日で内定を獲得できることもあるサービスで、担当エージェントのサポートも手厚いのが特徴です。

そのため、自分のペースで転職活動をしたい人や、求人を自分で探し吟味したい人には不向きなサービスです。半面、早く転職したい方におすすめのサービスです。

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート
求人数※2022年2月時点約40,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアは非公開求人数が非常に多い転職エージェントで、特にソフトウェアや通信業界・医療系の転職に強いです。転職に成功した方の3人に2人が年収アップに成功しており、キャリアアップを目指すことができます。

面接指導やエントリーシート・職務経歴書の添削などもしてくれますので、転職活動が初めての方にもおすすめです。

おすすめしない人
  • 専門性を求める人
  • 求人数が豊富なサービスを求める人
  • 連絡を迅速に取れない人

パソナキャリアはさまざまな求人を取り扱っており、稀に専門性の低い求人を紹介されることもあります。また、きめ細やかなサポートをしてくれるので、連絡の頻度も高いので、あまり連絡をされたくないという方にはおすすめできません。

おすすめする人
  • 年収を上げたい人
  • 親身になってサポートして欲しい人
  • 女性

パソナキャリアは女性向けの転職サービスである「ウーマンキャリア」を運営していたこともあり、女性に対して特に手厚いサポートをしてくれます。また、3人に2人が年収アップに成功しているとのことで、キャリアアップを目指す方にはかなりおすすめの転職エージェントです。

アドバイザーもとにかく丁寧で、転職活動が初めての方には履歴書や職務経歴書、エントリーシートの作成も徹底的に行ってくれます。アドバイザーと二人三脚で、しっかりと対策をしながら転職活動をしたいという方にはぴったりです。

公式サイトで詳細を確認する

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)の特徴
  • エンジニアに関する求人が多い
  • 自己分析や選考対策を効率的に行ってくれる
  • 「レジュメビルダー」で簡単に職務経歴書の制作が可能
求人数※2022年2月時点約121,000件
非公開求人数※2022年2月時点約38,000件
対応エリア全国

DODAはなんと約12.1万件もの求人数を誇る、日本でも有数の転職エージェントです。サービスもとにかく充実しており、「DODA年収査定」では自身の市場価値を測ることができます。「転職するとして、どれくらい年収が上がるのだろうか」と気になる方におすすめです。

「レジュメビルダー」という機能を使えば、職務経歴書を簡単に作成できるので、忙しい、現在バリバリ働いている社会人の方でも利用できます。また、DODAは総合型の転職エージェントですが、エンジニアやプログラマーなど、プログラミングが得意な方向けの求人も数多くあります。

アドバイザーの対応も丁寧かつ迅速なので、転職活動が初めての方でも安心して利用できます。

おすすめしない人
  • 大量の求人紹介を確認しきれない人
  • ゆっくり転職を目指す方
  • 希望条件以外を紹介してほしくない人

DODAは熱心なアドバイザーが多く、1日に何十件も求人の情報が送られてくることもあります。「自分が求める条件にぴったりな求人の情報だけが見たい」という方には向いていません。また、サポート期間が基本的には3ヶ月程度なので、ゆっくり転職活動をしたい方には向いていません。

おすすめする人
  • エンジニア転職を目指している人
  • 自己分析や選考対策を徹底的に受けたい人
  • しっかりとしたサポートを受けたい人

DODAは総合型の転職エージェントで、求人数も圧倒的に多いので、さまざまな求人の中から、自分にぴったりの求人を探している人にはおすすめです。また、「DODA年収査定」や「レジュメビルダー」のように便利なサービスも多いので、忙しい方でも空いた時間で転職活動ができます。

また、アドバイザーの対応がとにかく良いので、今まで気の合うアドバイザーになかなか出会えなかったという方にもおすすめできます。

公式サイトで詳細を確認する

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴
  • 未経験OKの求人も多い
  • 20代の方におすすめ
  • 具体的な転職期間が決まっていなくてもOK
求人数※2022年2月時点約2,300件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

マイナビジョブ20’sは20代・第二新卒の方におすすめの転職エージェントです。具体的な転職の時期が決まっていなくても利用できるのが大きなポイントで、他の転職エージェントよりもゆっくりと転職活動を進められます。未経験OKの求人も多いので、他の職種に転職したいという方にもおすすめできます。

おすすめしない人
  • 20代でない人
  • スキルや経歴が十分にあり、ハイレベルな求人を探している人
  • すぐにでも転職したい人

マイナビジョブ20’sは20代の方向けの転職エージェントですので、30代以上の方にはおすすめできません。また、経歴やスキルにあまり自信がない方向けの求人が多いので、大幅なキャリアアップを目指す方には向いていません。また、ゆっくりと転職活動できるシステムなので、すぐにでも転職したい、という方にもおすすめできません。

おすすめする人
  • 20代の人
  • スキルや経歴に自信がない人
  • 現在、定職に就いていない人

マイナビジョブ20’sは20代の方におすすめの転職エージェントです。また、スキルや経歴に自信がない方や、第二新卒の方でも応募できる求人が多くなっています。サポート期間が定められていないので、ゆっくり転職活動をしたいという方にもおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

DYM就職!

DYM転職の特徴
  • 書類選考のない求人もある
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い
  • エージェントが就職できるまで二人三脚
求人数※2022年2月時点約2,500社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

DYM就職!は第二新卒の方や既卒の方、フリーターの方でも大手優良企業の正社員を目指せる転職エージェントです。書類審査が無い求人も多く、これはかなり大きなメリットです。書類審査が無いということは、DYM就職!は企業からかなり信頼されているということです。

面接を特に問題なく終わらせることができたら、内定をもらえる可能性はかなり高いでしょう。現在働いている方はもちろんですが、フリーターやニートの方など、定職についていない方にも手厚いサポートをしてくれます。経歴に自信が無い方にもオススメの転職エージェントなので、ぜひ該当する方には登録して欲しい転職エージェントです。

おすすめしない人
  • 経歴を活かしたい人
  • ミドル層
  • エージェントからすぐに連絡が欲しい人

DYM就職!は現在働いていない方や、フリーターの方でも利用できます。しかし、スキルに自信のある方や経歴十分な方にとっては物足りない求人も多く、他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

また、DYM就職!に登録している企業は人材を育成することに力を入れているので、定年前であまり時間が無い、ミドル層の方にはあまり求人の数が多く無いこともあります。

おすすめする人
  • フリーターの人
  • 面接に関する具体的なアドバイスが欲しい人
  • 柔軟に希望に応えてくれるエージェントを探している人

DYM就職!は、フリーターの方など、現在働いていない方や、少し条件的に就職が厳しそうな方でも安心して利用できます。また、アドバイザーがとても丁寧かつ熱心に対応してくれるので、転職活動が初めての方にもとてもおすすめとなっています。

フリーターやニートの方など、経歴的にあまり柔軟に希望を伝えることができないと思われがちな方でも、条件にこだわって転職活動ができます。

公式サイトで詳細を確認する

就職Shop

就職shopの特徴
  • 安心のリクルート
  • 第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職に強い
  • 学歴不問求人もあり
求人数※2022年2月時点約10,000社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

就職shopはリクルートが運営している、学歴不問の求人も多い転職エージェントです。「ブラック企業への紹介が100%無い」のが大きな特徴です。全ての求人が、リクルートによって直接訪問されている企業のものなので、安心して利用できます。

おすすめしない人
  • 経歴を活かしたい人
  • 40代以上
  • スキルのある人

就職shopは20代や30代の方がメインに利用しているサービスです。よって、40代以上の方にはあまり求人がない時期もあります。また、スキルや経歴に自信のない方向けの求人が多いので。キャリアアップを目指す方にも向いていません。

おすすめする人
  • フリーターの人
  • スキルに自信がない人
  • 学歴に自信のない人

就職shopはフリーターやスキルに自信のない方、また、第二新卒の方にもおすすめです。未経験者OKの求人も多く、新しい職種への転職を目指す方にもおすすめです。

正社員登用以外の求人も多いので、新たにスキルを身につけ、全く新しい業種に転職したい方は、就職shopで一旦短期間就職し、スキルの勉強をしながら働くという選択肢もあります。

公式サイトで詳細を確認する

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴
  • 経歴や状況に合わせたアドバイス
  • 適正のある仕事だけを紹介
  • 選考に合わせて対策ができる
求人数※2022年2月時点約2,500社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

ハタラクティブは未経験OKの求人が多く、職歴があまり無い方でも利用できます。適正のある仕事だけを紹介してくれるので、忙しい方は連絡を高頻度で取らなくても良いのもポイントです。それぞれの求人に合わせた対策をしてくれるので、時間が無い方でも利用できます。

おすすめしない人
  • 経歴を活かしたい人
  • 年収を上げたい人
  • スキルに自信がある人

ハタラクティブは未経験の方やフリーターの方、第二新卒の方でも利用できる転職エージェントですので、スキルのある方や、経歴に自信のある方にはあまりおすすめできません。よって、キャリアアップを目指す方にもおすすめできません。

おすすめする人
  • フリーターの人
  • 再起を志す人
  • 面接に慣れていない人

ハタラクティブはフリーターの方や第二新卒の方にとてもおすすめです。主婦の方やブランクがある人にもぴったりの求人が数多くあります。アドバイザーの対応がとても丁寧なので、初めて転職活動をする方にもおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

キャリアスタート

キャリアスタートの特徴
  • 若者に特化
  • マンツーマンでの対応
  • 的確な求人紹介
求人数※2022年2月時点約300件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

キャリアスタートは20代の若者に特化している転職エージェントです。担当のアドバイザーが全てマンツーマンで指導してくれる安心のサポート体制ですので、転職活動が初めての方にもおすすめです。求人情報もそこまで送られてこないので、忙しい方でも利用できます。

おすすめしない人
  • 豊富な求人数から探したい人
  • ミドル層
  • スキルに自信がある人

キャリアスタートは20代の方向けの転職エージェントなので、それ以上の年齢の方にはあまりおすすめできません。
また、スキルに自信がない方や、キャリアアップを目指している方にはあまりおすすめできません。

求人数がそこまで多くないので、豊富な求人数から色々と探したい方は、リクルートエージェントなどの求人数が豊富な転職エージェントを併用することをおすすめします。

おすすめする人
  • フリーターの人
  • スキルに自信がない人
  • 的確な求人だけを探して欲しい人

キャリアスタートは20代の方にはとてもおすすめの転職エージェントです。フリーターの方や第二新卒の方でも利用できます。アドバイザーに丁寧なサポートをしてもらいたい方にも向いています。

公式サイトで詳細を確認する

UZUZ

UZUZの特徴
  • 社会人経験が浅い人にも親身になってくれる
  • サポートが手厚い
  • 改善点への指摘が的確
求人数※2022年2月時点約370件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

UZUZ(ウズキャリ)はITやWeb系の求人を数多く取り扱っている転職エージェントです。アドバイザーがとても丁寧なので、初めての転職の方でも安心して利用できます。入社半年後の定着率も高く、96.8%となっています。

おすすめしない人
  • 既卒・第二新卒の人
  • あまり口出しをされたくない人
  • ベテラン・ハイクラスの人

UZUZは転職アドバイザーが丁寧かつ徹底したサポートをしてくれるので、スキルや経歴に自信の無い方でも非常におすすめのエージェントです。しかし、「横から口出しされたくない」という方にはあまりおすすめできません。

おすすめする人
  • 既卒・第二新卒の方
  • しっかりとフィードバックして欲しい人
  • 就活や各職種のスキルを基礎から学びなおしたい人

既卒の方やスキルに自信のない方、第二新卒の方でも利用できるのがUZUZの大きなメリットです。未経験の方でも新しく学びなおすことができたり、希望の求人を探すことができます。就活に関するスキルなども紹介してくれるので、未経験職種への転職も目指せます。

公式サイトで詳細を確認する

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • 大手からベンチャーまで幅広い求人がある
  • 担当キャリアアドバイザーの対応が良い
  • サポートの専門性が非常に高い
求人数※2022年2月時点約7,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

レバテックキャリアは大手からベンチャーまで幅広い求人を取り揃えており、第二新卒の方向けの求人も数多く取り揃えられています。安心・安全のレバテックブランドですので、手厚いサポートが期待できます。ITやプログラミングが得意な方向けの求人も多くなっています。

おすすめしない人
  • IT未経験の人
  • 業務経験のない人
  • ITスキルに自信のない人

レバテックキャリアはITやWeb系の転職エージェントです。よって、スキルがあることが前提の求人が多く、未経験の方にはあまりおすすめできません。また、ITスキルに自信が無い方も、あまり求める求人は見つからないかもしれません。

おすすめする人
  • ITスキルに自信がある人
  • 徹底したサポートを求める人
  • 希望に沿った求人だけを紹介して欲しい人

レバテックキャリアはITスキルに自信がある方にはぴったりの転職エージェントです。また、サポート体制も手厚いのが特徴です。希望に沿った求人しか送られてこないので、時間が無い方にもおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

ワークポート

ワークポートの特徴
  • スマホ・タブレットで履歴書・職務経歴書の作成が可能
  • 専用アプリでスケジュールなどの管理が容易
  • エンジニア転職にも強い
求人数※2022年2月時点約52,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

ワークポートはアドバイザーの対応の良さが評判の転職エージェントです。履歴書や職務経歴書をスマホなどで簡単に作成できるのが大きな特徴で、アプリでスケジュールの確認などもできるので、ユーザビリティの高さにも定評があります。

また、ワークポートが運営する学習サービスである「みんスク」では未経験からエンジニアを目指すことができ、無料で利用できます。IT系の企業に転職したい方や、エンジニアを目指す方にはとてもおすすめの転職エージェントです。

おすすめしない人
  • 地方でのみ求人を探している人
  • あまり連絡をしてほしくない人
  • 専門性の高い求人だけを探している人

ワークポートは、地方の求人はあまり多くないので、地方での求人を目指している方は、他の転職エージェントも併用した方が良いかもしれません。

また、求人に関する連絡は頻繁に送られてくるので、連絡頻度が多いのが嫌な方や、専門性の高い、自分にとってぴったりの求人だけを紹介してほしい方にはあまりおすすめできません。

おすすめする人
  • スムーズに転職活動したい人
  • ITやWebについて学びながら転職活動をしたい人
  • スケジュール管理が苦手な人

ワークポートはプログラミングスクールについて学べる転職エージェントなので、ITやWebについて学びながら転職活動をしたい方におすすめです。

また、履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどをスマホやタブレットだけで簡単に作れるので、おすすめです。また、アプリでスケジュール管理などもできるので、スケジュール管理が苦手な方にもおすすめの転職エージェントです。

公式サイトで詳細を確認する

マイナビエージェント

 

マイナビエージェントの特徴
  • 丁寧なアドバイザー
  • 豊富な非公開求人
  • 充実した転職サポート
求人数※2022年2月時点約35,000件
非公開求人数※2022年2月時点約34,000件
対応エリア全国

マイナビエージェントもおすすめの転職エージェントです。アドバイザーの対応がとにかく評判が良く、スムーズに転職活動ができるそうです。また、非公開求人の数が多いので、魅力的な求人を見つけることもできるかもしれません。

おすすめしない人
  • すぐに連絡が欲しい人
  • あまり連絡をしてほしくない人
  • 地方求人をたくさん見たい人

マイナビエージェントは、とても人気の転職エージェントですので、稀にアドバイザーからの連絡が遅れることもあります。常に、すぐにレスポンスが欲しいという方には向いていないかもしれません。また、そこまで地方求人が多くないので、地方求人を数多く見たいという方にはあまり向いていません。

おすすめする人
  • 長期的な目線で転職活動をしたい人
  • 丁寧なアドバイザーと二人三脚で転職活動をしたい人
  • すぐに転職したい人

マイナビエージェントはアドバイザーの対応がとても良く、長期的な目線で利用者に転職を成功させるために適切なサポートをしてくれるので、納得のいく企業に転職できるまでこだわりたい方にはとてもおすすめです。一方で、求人数が多いので、すぐにでも転職したいという方にもおすすめです。

公式サイトで詳細を確認する

第二新卒者が転職エージェントを使うべき3つの理由

第二新卒の方が転職エージェントを利用するべき理由は、大きく分けて3種類あります。それぞれを抑えてから転職エージェントを利用することで、よりスムーズに転職活動を進めることができます。

転職の理由を明確化できる

まず、転職の理由を明確化できるのが大きなメリットです。アドバイザーとの面談で質問に答えていくだけで、マイナスな転職理由もポジティブに変換してくれます。

明確なビジョンを話すことで、自分の強み・弱みを言語化でき、具体的な対策ができるようになります。

非公開や独占求人

非公開・独占求人が利用できるのも転職エージェントを利用する大きなメリットです。非公開や独占の求人は条件が良い故に、企業が非公開にしています。その非公開求人が利用できるということで、好条件の求人に応募できます。

書類や面接のサポート

書類や面接のサポートをしてくれるのも大きなポイントです。書類の対策は自分でできないこともありませんが、アドバイザーに対策してもらえることで、より時間を削減できますし、クオリティの高い書類を作成できます。

また、アドバイザーによっては企業の採用担当者と繋がりがある方も多いので、採用や面接の傾向を理解している場合はぜひ教えてもらいましょう。

第二新卒の転職を成功させる5つのポイント

メリットデメリット
  • 最低限のビジネスマナー
  • 社会人経験がある
  • 長続きしないイメージをもたれる
  • スキル・経験不足

第二新卒の方が転職活動をする際は、上の表でご紹介しているようなメリット・デメリットがあります。
それぞれを理解しておくことで、よりスムーズに転職活動ができます。

メリット・デメリットをふまえて第二新卒の方が転職を成功させるポイントを一つずつ見ていきましょう。

企業が第二新卒に期待することを意識し対策する

企業は第二新卒の方に社会人としての経験がある若手としての働きを期待しています。新卒に年齢が近いという「若さ」と、必要なビジネスマナーなどの知識・スキルがあるという前提で採用されます。第二新卒の方は「長続きしない」というイメージを持たれていることも多いので、その点を補うことが大切です。

転職理由と志望動機に一貫性を持たせる

転職理由と志望動機に一貫性を持たせることは、とても大切です。第二新卒の方が「長続きしない」というイメージを持たれることは仕方ないので、挽回するためにも具体例を挙げつつ、転職の理由と志望動機に一貫性を持たせることが大切です。

希望に合わない紹介は早めに断る

希望に合わない求人は、早めに断るようにしましょう。アドバイザーが熱心な場合、余計に申し訳なく思い、断りにくいかもしれません。しかし、早めに断ることで、似たような求人が紹介されなくなるので、より求める条件を絞って紹介してくれるようになります。

複数の転職エージェントに登録する

必ず、今回ご紹介した転職エージェントの中で「複数」の転職エージェントに登録するようにしましょう。
転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、メリットも異なります。

また、アドバイザーが合わないこともあるので、変更を依頼する際のタイムラグなどのデメリットを最小限に抑えるためにも、必ず複数の転職エージェントに登録するようにしましょう。

担当者との相性に疑問を感じたら代わってもらう

下記のようなアドバイザーに出会ったら、必ず代わってもらうようにしましょう。

ダメなエージェントの特徴
  •  転職やエントリーを急かされる
  • 希望に合わない求人ばかり紹介される
  • 企業の情報に疎い
  • 推薦書の内容が薄い
  • 要望に対して
  • 連絡がこない・遅い
  • 連絡がしつこい

このようなアドバイザーは、必ず変更するべきです。転職エージェントのアドバイザーは、何度でも無料で変更できます。また、何度変更しても同じアドバイザーを割り当てられることは無いので、安心して変更しましょう。

転職エージェントを使った場合の流れを5STEPで解説

転職エージェントを使った場合の流れには大きく分けて5つのステップがあります。それぞれのステップについて理解しておくことで、より効率的に転職活動を進められるはずです。

おすすめの転職エージェントの中から複数社登録してみる

第二新卒に強い転職エージェント14社」から登録すると担当エージェントから面談の日程調整が電話やメールで送られてきます。転職エージェントによっては、「ハズレ」のアドバイザーが割り当てられることもあるので、転職エージェントには「複数」登録するようにしましょう。

アドバイザーは何度でも変更できますが、比較検討するためにも、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。それぞれのメリットを「いいとこ取り」できるので、そういった意味でも複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

担当者と話してみて良いエージェントかを見極める

アドバイザーと話してみて、本当に自分に合っている、信頼できるアドバイザーか確認するようにしましょう。転職活動が成功するかどうかは、アドバイザーの質にかかっています。少しでもアドバイザーに疑問を感じたら、変更してもらうようにしましょう。

担当者との相性に疑問を感じたら代わってもらう」でご紹介したようなアドバイザーは、すぐに変更してもらいましょう。

熱心で企業との人脈もあるアドバイザーと出会うことができれば、モチベーションが上がることはもちろん、企業の選考対策なども的確に指導してくれるので、より効率的に転職活動を進めることができるようになります。

良いエージェントが見つかったら条件の合う企業にエントリー

良い転職エージェント、アドバイザーが見つかったら、早速エントリーに向けての準備をしましょう。
履歴書や職務経歴書、エントリーシートなどを用意します。この際に、書類作成を手伝ってくれたり、代わりに書類を作成してくれるアドバイザーも居ます。

企業と関わりがあり、傾向などを理解しているアドバイザーには、書類作成の時点からアドバイスをもらいましょう。また、全ての書類が完成したら、アドバイザーに確認してもらうようにしましょう。誤植などの確認は、第三者にしてもらうことでよりスムーズに終わります。

面接が決まったら面接前に模擬面接をしてもらう

書類選考に通過することができたら、次は面接です。面接は、油断せずにしっかりと対策するようにしましょう。「たかが面接」と油断していると、思わぬ質問をされて焦ってしまうかもしれません。

必ず、模擬面接などの面接対策をしてもらいましょう。企業の傾向などを理解しているアドバイザーなら、より臨場感のある模擬面接をしてくれます。面接対策をすることで、安心して面接に臨むことができます。

納得の行く企業に内定を貰えたら転職を決める

内定がもらえたら、ようやく転職活動も終わりです。と、言いたいところですが、内定がもらえたからといって、必ずしもその企業に転職しなければいけないわけではありません。

「もっと良い企業に入れるかもしれない」「面接の際に違和感を覚えた」など、さまざまな理由で内定を辞退したくなることもあるでしょう。

そんな時は、遠慮せずにアドバイザーに伝えましょう。内定辞退は権利なので、問題はありません。しかし、アドバイザーのモチベーションが下がってしまうこともあるので「第一志望が選考中」などそれなりの理由があった方が良いでしょう。

まとめ

今回は第二新卒の方向けにおすすめな転職エージェントについてご紹介するとともに、第二新卒の方が転職を目指す上で大切なポイントについてもご紹介しました。

ぜひ、本記事でご紹介した転職エージェントを利用し、理想の転職を叶えてください。