50代向け転職エージェントおすすめ18社を徹底比較!転職成功のコツ

日本でも、近年では転職をする人が多くなりました。「新卒で入社した会社に、定年まで在籍する」ことが正しいとされる風潮は無くなりつつあります。

これは若い方だけでなく、ミドル世代の方にも当てはまることです。そこで今回は、50代の方向けにおすすめの転職エージェントを徹底比較し、紹介していきます。

50代でも転職できる?データを基に実態調査

50代でも、転職はできます。ただし、20代や30代に比べると難しいのは間違いありません。実際に「転職者比率」や「転職入職率」をもとに実態をご説明いたします。

50代の転職者比率

まず50代の方の転職者比率についてですが、こちらの統計を確認すると、45〜64歳が当てはまり、25〜44歳と比べると、かなり転職者数が少ないことがわかります。

年齢が上がるにつれて転職者数が減っていることは明らかで、企業の傾向として、若い人材を求めていることがわかります。

年齢が高い方の場合、定年が近く、給与も若い方に比べて高く設定しなければならないのが主な理由として考えられます。

しかし、近年ではミドル世代でも転職を志す方が多く、コロナ禍という、転職が難しい情勢であるにもかかわらず、50代で転職に成功した方は一定数存在しますので、悲観的になる必要はないでしょう。

引用元:労働力調査(詳細集計) 2021年(令和3年)10~12月期平均結果 (総務省統計局) 第1-2表 年齢階級別転職者数及び転職者比率(エクセル:21KB)を加工して作成

50代の転職入職率

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/20-2/dl/kekka_gaiyo-04.pdf

「転職入職者」とは「入職者のうち、入職前1年間就業していた人」のことで、「転職入職率」はその割合です。計算方法は「転職入職者数÷1月1日現在の常用労働者数(年齢階級別は6月末日現在の常用労働者数)×100」です。

転職入職率においても、やはり50代の方は若年層に対して遅れをとっています。特に、最も高い25〜29歳の女性と比べるとかなりの差が開いており、傾向としてミドル世代の転職は難しいと言われています。

しかし、よく見ると、40代の数字とほぼ変わりはなく、スキルや手に職があれば十分に転職は可能とも言えます。

50代が転職エージェントを選ぶ3つのポイント

50代の方が転職エージェントを選ぶ3つのポイントは大きく分けて上記の3つがあり、この3つに注視して選ぶ必要があります。順番にご紹介していきます。

スキルやキャリアに自信があるなら「特化型」

まずは、スキルやキャリアに自信があるミドル世代の方におすすめなのが、「特化型」の転職エージェントを利用することです。

転職エージェントには管理職やハイクラスの方向けのものがあり、職歴を登録しておくと「スカウト」が届くサービスや、非公開の求人を紹介してくれるサイトもあります。

企業側の目線で考えても、特化型エージェントは確かなスキルを持つ、優秀な人材を紹介してくれるという厚い信頼を寄せていますし、信頼に基づいて企業との太いパイプを持つ転職エージェントも数多くありますので、条件の良い企業・求人を紹介してくれる可能性が高いのです。

地方求人やキャリアに自信がないなら「総合型」

地方にお住まいの方や、キャリアに自信のない方は「総合型」の転職エージェントの利用をおすすめします。

総合型の転職エージェントは全国各地から幅広い求人を取り扱っており、地方の求人や、スキルに自信のない方でも希望に合う求人を見つけやすいのです。

また、総合型の転職エージェントは基本的に日本でも名の知れた大きな企業が運営していることが多く、個人情報の保護をはじめとした安心の保護体制はもちろんのこと、転職カウンセリングなどの条件も充実しているので、転職が初めてという方でも安心して利用できます。

求人数が豊富か

求人数が豊富かどうかも非常に重要な要素です。50代の求人数は全体の1割にも満たないと言われており、「総合型」に比べると、「特化型」の求人数は特に少ないです。

求人数が多いサービスの方が希望に沿った求人を見つけやすいので、求人数が豊富なサービスから登録すると良いでしょう。

50代におすすめの転職エージェント18選!

50代の方におすすめの転職エージェントは18種類ありますが、分類してご紹介すると上記の4つが挙げられます。それぞれ、目的に応じて登録することをおすすめします。

どれか1社には登録したい「総合型」転職エージェント5選

「総合型」の転職エージェントは、どれか1社には登録することをおすすめします。

スキルに自信があり、「特化型」をメインに利用しようとお考えの方でも、幅広い求人を取り揃えており、サポート体制が充実しているからです。誰もが一度は名前を聞いたことのある企業ばかりですが、それぞれの特徴について詳しくご紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート
求人数※2022年2月時点約172,000件
非公開求人数※2022年2月時点約229,000件
対応エリア全国

まずおすすめしたいのは、リクルートエージェントです。就職活動や転職活動をしたことが無い方でも「リクルート」という名前は聞いたことがあるでしょう。

「ホットペッパービューティー」や「SUUMO」をはじめとした、さまざまなサービスを提供している大企業です。そんなリクルートが運営するリクルートエージェントは、圧倒的な公開求人・非公開求人数を誇ります。

また、実績豊富なアドバイザーの指導のもと転職活動を行えるので、希望する企業への転職の対策をすることができます。転職サポート体制も充実しており、キャリアカウンセリングなども対応してくれます。

おすすめしない人
  • 自分のペースで転職したい人
  • 希望条件に徹底的にこだわりたい人
  • 専門性の高い求人を探している人
おすすめする人
  • 数多くの求人から転職先を探したい人
  • 履歴書や職務経歴書の作成に自信がない人
  • すぐに転職したい人

リクルートエージェントではサポート期間を3か月に設定しています(延長もある)。この期間は担当エージェントのサポートも特に手厚く転職を急かされていると感じる人もいます。

これは大体の人が3か月以内に転職が成功するからという理由もあるのですが、自分のペースで転職したい人には向かないサービスと言えます。

しかし、圧倒的な求人数から自分にぴったりの求人を探したい方や、履歴書や職務経歴書の作成に自信のない方にはぴったりのサービスです。
公式サイトで詳細を確認する

>>>リクルートエージェントの口コミ評判をチェックする

リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴
  • 膨大な求人情報から自分では探せない、ぴったりな企業を紹介してくれる
  • 「気になる」した企業からオファーがくる
  • 企業からダイレクトにオファーがくる
求人数※2022年2月時点約54,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

次におすすめしたいのはリクナビNEXTです。リクルートエージェントと同じく、リクルートによって運営されている転職エージェントです。リクルートエージェントとリクナビNEXTの異なる点は、まずリクナビNEXTはアドバイザーとの面談やフォローはない転職サイトです。

また、リクルートエージェントではキャリアアドバイザーとの面談の後に求人の紹介など転職支援サービスが開始されますが、リクナビNEXTは登録後すぐに求人に応募できます。

経歴を登録しておくと企業から逆オファーがくることもあるので、長期的な目線で転職活動をしたい方にぴったりと言えます。

おすすめしない人
  • いますぐに転職活動をしたい人
  • アドバイザーと二人三脚で転職活動をしたい人
  • イチからサポートして欲しい人
おすすめする人
  • 能動的に転職活動のできる人
  • 時間がかかっても納得のいく求人に応募したい人
  • 企業からのオファーも受けたい人

リクナビNEXTはキャリアアドバイザーが付かないので、アドバイザーと転職活動をしたい方には向いていません。また、イチからサポートをしてほしいという方にも向いていません。

しかし、有益なWebコンテンツを発信していて、転職に関する情報収集ができる上に、逆オファーを受けることもできるので、能動的に転職活動に取り組める方にはぴったりの転職エージェントです。
公式サイトで詳細を確認する

DYM転職

DYM転職の特徴
  • IT系優良ベンチャーの求人を保有
  • 独占求人も多数保有
  • エージェントが就職できるまで二人三脚
求人数※2022年2月時点約2,500社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

DYM転職は保有する求人の8割を非公開にしています。これは人気の求人に応募が殺到するのを防ぐためで、転職希望者のスキルや経歴に応じてあなたにあった求人を紹介してくれます。

IT系を中心に独占求人も保有しているので、DYM転職でしか紹介を受けられない求人もあり、待遇や年収UPにも期待できます。

おすすめしない人
  • 自分のペースで転職活動をしたい人
  • 自分で求人を探したい人
  • 支援実績の豊富なサービスを利用したい人
おすすめする人
  • ベンチャー企業に転職したい人
  • 面接に関する具体的なアドバイスが欲しい人
  • 柔軟に希望に応えてくれるエージェントを探している人

DYM転職は最短1日で内定を獲得できることもあるサービスで、担当エージェントのサポートも手厚いのが特徴です。そのため、自分のペースで転職活動をしたい人や、求人を自分で探し吟味したい人には不向きなサービスです。

反対に、50代からベンチャーに挑戦したい方や、エージェントと二人三脚で転職を成功させたい人におすすめのサービスです。
公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 実績豊富なアドバイザー
  • 充実した転職サポート
求人数※2022年2月時点約40,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアは、公開求人数の4倍程度の非公開求人があり、特にソフトウェア・通信業界や、医療系の転職に強いです。転職した3人に2人が年収アップに成功しており、年収を上げるならパソナキャリアをおすすめします。

面接指導や職務履歴書の添削、転職ガイド冊子の配布や円満退職に向けたアドバイスなど、サポート体制が充実しているのもパソナキャリアの大きなポイントです。

おすすめしない人
  • 専門性を求める人
  • 求人数が豊富なサービスを求める人
  • 連絡を迅速に取れない人
おすすめする人
  • 年収を上げたい人
  • 親身になってサポートして欲しい人
  • 女性

パソナキャリアはありとあらゆる種類の求人を取り扱っているので、専門性の低い求人を紹介されることもあります。しかし、年収を上げたい方や、手厚いサポートを求める方にはおすすめです。

また、パソナキャリアは女性向けの転職サービスである「ウーマンキャリア」を運営し、女性向けの転職サービスを提供しているので、特に女性の方に対するサポートが手厚いのもおすすめポイントです。
公式サイトで詳細を確認する

>>>パソナキャリアの口コミ評判をチェックする

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)の特徴
  • エンジニア求人が多い
  • 自己分析や選考対策を効率的に行ってくれる
  • 「レジュメビルダー」で簡単に職務経歴書の制作が可能
求人数※2022年2月時点約121,000件
非公開求人数※2022年2月時点約38,000件
対応エリア全国

DODA(デューダ)は、求人数が多く、「doda年収査定」などで自分の市場価値を測ることができ、「レジュメビルダー」で簡単に職務経歴書も制作できる、非常に便利な転職エージェントです。

特にエンジニア求人が多く、IT系の経歴を持つ方には特におすすめのサービスとなります。書類制作や面接対応のサポートも手厚く、大企業ならではの信頼性があります。

おすすめしない人
  • 大量の求人紹介を確認しきれない人
  • ゆっくり転職を目指す方
  • 希望条件以外を紹介してほしくない人
おすすめする人
  • エンジニア転職を目指している人
  • 自己分析や選考対策を徹底的に受けたい人
  • しっかりとしたサポートを受けたい人

DODA(デューダ)は1日に多い時は何十件も求人を紹介してくれるので、求人メールがたくさん届きすぎるとげんなりしてしまう人にはおすすめしません。また、サポート期間が3ヶ月と短いので、長期的な支援を受けたい方にも向いていません。

一方、IT転職の求人が多く、自己分析や選考対策をしっかりと行ってくれるので、手厚いサポートを求める方にもぴったりです。

公式サイトで詳細を確認する

>>>doda(デューダ)の口コミ評判をチェックする

女性におすすめの転職エージェント3選

女性におすすめの転職サービスは大きく分けて3つあります。それぞれ特徴が異なり、目指す転職先やレベル、利用者のスキルによっておすすめ度合いが異なります。ぜひあなたにぴったりのものを見つけてください。

Type女性の転職エージェント

Type女性の転職エージェントの特徴
  • 女性の転職に理解が深い
  • 企業について詳しく教えてくれる
  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧
求人数※2022年2月時点約8,700件
非公開求人数※2022年2月時点約16,300件
対応エリア全国

Type女性の転職エージェントは女性のための転職エージェントで、18年以上、女性専門の転職エージェントとして運営されている、実績豊富なサービスです。

利用者の71%が転職に成功しているというのも大きな特徴で、企業について詳しくキャリアアドバイザーが情報を提供してくれたり、「企業が本当に求めている人材」について一緒に考えてくれます。

求人は都市部に集中していますが、IT系の方ならばフルリモートの求人も多いので、地方就職を目指す方でも利用できます。

おすすめしない人
  • 地方就職を目指す方
  • 高い専門性を求める人
  • 自由に求人に応募したい人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • 充実したセミナーや個別相談会に参加したい人
  • 女性に相談したい人

Type女性の転職エージェントは都内に求人が集中しているので、地方での就職を目指す方にはあまり向いていません。また、応募の際にはキャリアアドバイザーへの連絡が必須なので、自由に応募したい方にもおすすめしません。

しかし、71%もの人が年収アップに成功しており、セミナーや個別相談会も充実しています。
また、女性のキャリアアドバイザーも数多く在籍しているので、女性に相談をしたい方にもおすすめです。
公式サイトで詳細を確認する

マイナビエージェント(女性の転職)

マイナビエージェント(女性の転職)の特徴
  • 業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 決定率を高める豊富な転職支援
  • 独占求人・非公開求人
求人数※2022年2月時点非公開
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

マイナビエージェント(女性の転職)はコンサルタントの徹底したサポートのもと、数多くの非公開求人にも応募できる、女性におすすめの転職エージェントです。登録者は大手のDODAやリクルートほど多くはありませんが、その分サポートが丁寧で、利用者満足度も非常に高いサービスです。

女性の転職に特化したサービスなので、女性ならではの転職における不安や、わからないことなど、なんでも相談できます。マイナビエージェント(女性の転職)には独占求人も多いので、希望の条件に沿った求人も数多くあることでしょう。

おすすめしない人
  • ベテランアドバイザーのサポートが欲しい人
  • ハイキャリアの人
  • 地方で就職したい方
おすすめする人
  • 丁寧なサポートを求める人
  • 書類添削やフィードバックもして欲しい人
  • 女性に相談したい人

マイナビエージェント(女性の転職)はキャリアアドバイザーに若い方も多く、ベテランの方に全てを任せて、安心して転職活動をしたいという方には向いていないかもしれません。

求人も都内に集中しているので、地方の方は利用しにくいかもしれません。また、ハイキャリアの方向けの案件も少ないので、スキルや経歴が十分な方には向いていません。

しかし、とにかく丁寧で親身になって同性のキャリアアドバイザーがサポートしてくれますし、書類添削やフィードバックもしてくれるので、スキルに自信のない方や、キャリアアドバイザーと二人三脚で転職を目指したい方にはおすすめのサービスです。

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア(女性の転職)

パソナキャリア(女性の転職)の特徴
  • 女性の転職に力を入れている
  • 女性向けセミナーやイベントが充実
  • 「女性のキャリアアップ」をサポート
求人数※2022年2月時点約3,500件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国(都市部に集中)

パソナキャリア(女性の転職)の特徴は、まず「女性の転職」に注力していることです。女性向け転職エージェントとして豊富な実績を持ち、キャリアアップも目指せます。オンラインでのサポートも充実しており、家庭の事情などでなかなか自由に動けない主婦の方にも利用しやすいサービスです。

おすすめしない人
  • 地方就職を目指す人
  • スキルに自信のない人
  • 豊富な求人の中から選びたい人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • ミドル・ハイクラスの人
  • 手厚いサポートを望む人

パソナキャリア(女性の転職)は、東名阪に求人が集中しているので、地方の方にはあまりおすすめできません。また、スキル重視の求人が多いので、スキルに自信のない方も利用しにくいかもしれません。

しかし、キャリアアップを目指すミドル・ハイクラスの方にはぴったりの求人が数多くあります。サポートも手厚いので、一つの企業に長年勤め、スキルや経歴は申し分ないけれど、転職活動に慣れていない、という方におすすめの転職エージェントです。
公式サイトで詳細を確認する

ハイクラス向けのおすすめ転職エージェント6選

ハイクラスの方向けにおすすめのエージェントは、6種類あります。ハイクラス向けということもあり、登録には年収やキャリアの制限があることもあります。しかし、その分条件の良い求人を紹介してくれるので、スキルやキャリアに自信のある方はぜひ利用してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 希少性の高い求人が豊富
  • 自分の市場価値を測れる
  • とにかくサービスが使いやすい
求人数※2022年2月時点約130,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

ビズリーチは「選ばれた人だけのハイクラス転職」サービスです。求人の1/3が年収1,000万円を超えるもので、特に金融系やコンサル系、外資系の企業の求人を数多く取り揃えています。マネジメントスキルなどがあれば、40〜50代の方ならば年収の大幅アップも期待できます。

おすすめしない人
  • 年収が500万円以下の人
  • スキルに自信のない人
  • キャリアのない人
おすすめする人
  • 更なるキャリアアップを目指したい人
  • ミドル・ハイクラスの人
  • 確実に転職を成功させたい人

ビズリーチはハイクラス向けの転職エージェントなので、キャリアのない方やスキルの自信のない方にはおすすめできません。一方で確かなスキルを持ち、更なるキャリアアップを目指す方にはぴったりのサービスです。数多くの独占求人を取り揃え、確実な転職を目指せます。

また、ビズリーチは利用者の代わりに転職活動を進めてくれるので、勤め先で重役を務めている、忙しい方などでも転職活動を進められます。
公式サイトで詳細を確認する

>>>ビズリーチの口コミ評判をチェックする

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)の特徴
  • 転職決定年収平均950万円以上
  • 年収800万円〜2,000万円求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
求人数※2022年2月時点約70,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)は、ハイクラスの方向けの転職エージェントです。30代以上がメインターゲットで、40代、50代でも転職を目指せます。

経歴などをまとめたレジェメを作成し、公開すればあとはスカウトを待つだけなので、忙しい方でも転職活動ができます。なんと年収800万円〜2,000万円求人が複数あるので、更なる年収アップを目指す方にはとてもおすすめです。

おすすめしない人
  • 20代以下の人
  • スキルに自信のない人
  • すぐに転職したい人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • ミドル・ハイクラスの人
  • じっくり企業を選びたい人

RECRUIT DIRECT SCOUT(リクルートダイレクトスカウト)は、年収600万円以下の方や、20代以下の、まだキャリアを積んでいない方にはあまりおすすめできません。

しかし、キャリアを持ち、スキルのある30歳以上の方にはとてもおすすめの転職エージェントです。オファーを待つタイプの転職エージェントなので、すぐには転職は決まりませんが、高待遇を求め、じっくりと求人を精査したい方にはぴったりのサービスです。
公式サイトで詳細を確認する

>>>リクルートダイレクトスカウトの口コミ評判をチェックする

エンワールド

エンワールドの特徴
  • 年収1,000万円越えの求人が多数
  • フルリモートの求人が充実
  • 30代以上のハイクラス向け
求人数※2022年2月時点約1,100件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

エンワールドは主にミドル・ハイクラス向けの求人を取り扱っている転職エージェントで、外資系やグローバル企業の求人を数多く取り揃えています。

エージェントも優秀で、的確なアドバイスと充実のサポートで転職をサポートしてくれます。営業・マーケティングから金融系、製造業など、業務内容も幅広くあります。

おすすめしない人
  • 地方就職を目指す人
  • スキルに自信のない人
  • すぐに転職したい人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • ミドル・ハイクラスの人
  • 手厚いサポートを望む人

エンワールドは地方の求人をあまり取り扱っていないので、地方での就職を目指す方にはあまりおすすめできません。また、高いスキルや経歴を求められる求人が非常に多いので、スキルに自信のない方も、紹介してもらえる求人が少ないかもしれません。

しかし、スキルが高く、経歴も申し分ない方は、年収1,000万円越えの求人も紹介してもらえます。外資系企業を数多く扱っているので、フルリモート案件も数多くあるのも大きなポイントです。
公式サイトで詳細を確認する

JAC Recruitment

JAC Recruitmentの特徴
  • 外資系企業の求人が多い
  • 担当コンサルタントが企業に直接交渉してくれる
  • 社内教育を徹底しており、サービスが良い
求人数※2022年2月時点約25,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

JAC Recruitmentの大きな特徴は、まず外資系企業の求人を数多く取り扱っている点です。高収入・ハイキャリアの求人も多く、社内教育を徹底していて、サービスがとても良いのもポイントです。コンサルタントは400名ほどしか在籍しておらず、少数精鋭のコンサルタントの対応も特徴です。

おすすめしない人
  • 地方就職を目指す人
  • 英語が話せない人
  • 懇切丁寧なサポートを望む人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • TOEIC700点以上など、英語が得意な人
  • 海外勤務機経験がある人

JAC Recruitmentは外資系企業の求人が非常に多く、英語を話す必要のある求人も多いので、英語を話せない方にはあまりおすすめできません。

コンサルタントも数が少ないので、イチから全てを任せっきりにはできないので、能動的に転職活動に取り組む自信のない方にも、おすすめできません。しかし、TOEIC700点以上など、英語が得意な方や、海外勤務経験のある方には非常におすすめの転職エージェントです。
公式サイトで詳細を確認する

AMBI

AMBIの特徴
  • 勧誘メールが少ない
  • 魅力的な求人が豊富
  • 求人情報を精査して提供してくれる
求人数※2022年2月時点約70,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

AMBIはハイクラスの20代〜向けの転職エージェントで、魅力的な求人が数多くあるのが大きな特徴です。また、求人情報がむやみやたらにメールで送られてくることもなく、登録した情報に応じた求人のみを紹介してくれます。対応エリアは基本的には東名阪が中心ですが、地方の求人も取り扱っています。

おすすめしない人
  • 地方就職を目指す人
  • 年収400万円以下の人
  • 豊富な求人の中から選びたい人
おすすめする人
  • キャリアアップを目指したい人
  • 大手企業への転職を目指す人
  • 自分の市場価値を知りたい人

AMBIの特徴として、登録できる人が限られているという点があります。年収が400万円以下の場合、登録自体ができないので、敷居は高いです。

しかし、精査した求人のみを紹介してくれる上に、大手の企業や官僚系の求人も多く、キャリアアップを目指す方にはぴったりの転職エージェントです。

また、AMBIはスカウト型の転職エージェントなので、自分の市場価値を測ることもできます。合格可能性判定という機能もあるので、ぜひ併用してご自身の市場価値を算出してみてください。

公式サイトで詳細を確認する

ミドルの転職

ミドルの転職の特徴
  • ミドル層のハイクラス求人に特化している
  • 担当コンサルタントをプロフィールを確認して選べる
  • サポートコンテンツや機能が充実している
求人数※2022年2月時点約126,600件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

ミドルの転職はミドル層のハイクラス求人に特化している転職エージェントで、担当コンサルタントをプロフィールを確認して選べたり、転職成功者の体験レポートを見ることができたりとサービスが充実しているのが大きな特徴です。求人数も約126,600件と非常に豊富で、数ある求人の中から好みのものを選ぶことできます。

おすすめしない人
  • 〜20代の方
  • スキルに自信のない人
  • すぐに転職したい
おすすめする人
  • キャリアアップを目指す人
  • ミドル・ハイクラスの人
  • スカウトも受け取りたい

ミドルの転職は30代以上の方向けのサービスなので、20代の方にはおすすめできません。また、選考に時間をかける企業が多い傾向があるので、「すぐにでも転職を決めたい!」という方には向いていないかもしれません。

しかし、その豊富な求人を全て閲覧でき、自由に応募できる点や、登録しておくだけでスカウトを受け取れるシステムは非常に魅力的なので、他の転職エージェントと併用するのも選択肢の一つです。
公式サイトで詳細を確認する

IT・Web系のおすすめ転職エージェント5選

ITやWeb系のおすすめ転職エージェントには、上記の5種類があります。ひとくちに「IT向け」と言えど、スキルや扱えるプログラミング言語によっておすすめの転職エージェントは異なります。それぞれ自分のスキルや経歴に照らしてご利用ください。

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • 大手からベンチャーまで幅広い求人がある
  • 担当キャリアアドバイザーの対応が良い
  • サポートの専門性が非常に高い
求人数※2022年2月時点約7,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

レバテックキャリアは大手からベンチャーまで幅広い求人を取り揃えている、IT・Web系の転職エージェントです。人材紹介サービス・レバテック全体で登録者が20万人を超えるなど、安心のサービスです。特にITエンジニアやデザイナー向けの案件が多くなっています。

おすすめしない人
  • IT未経験の人
  • 業務経験のない人
  • ITスキルに自信のない人
おすすめする人
  • ITスキルに自信がある人
  • 徹底したサポートを求める人
  • 希望に沿った求人だけを紹介して欲しい人

レバテックキャリアはITやWeb系の転職エージェントなので、未経験の方にはあまりおすすめできません。しかし、ITスキルに自信のある方には好条件の求人を紹介してくれますし、丁寧なサポートも高い評価を得ています。また、不必要な求人情報は送られてこないので、ユーザビリティも非常に高くなっています。
公式サイトで詳細を確認する

Geekly

Geeklyの特徴
  • IT・Web系屈指の非公開求人数
  • 平均年収UP率75%
  • ユーザー満足度85.3%
求人数※2022年2月時点約9,000件
非公開求人数※2022年2月時点約10,000件
対応エリア全国(都市部に集中)

GeeklyはIT・Web系の転職エージェントの中で屈指の非公開求人数を誇ります。業界の主要企業と太いパイプを持ち、独占求人も数多くあります。平均年収UP率も75%と圧倒的で、IT系としては考えられない数字です。また、ユーザー満足度も非常に高く、85.3%という数字が、そのサポート体制の充実を物語っています。

おすすめしない人
  • 地方の求人を探している人
  • 長期スパンでの転職を考えている人
  • IT・Web以外の業界への転職を考えている人
おすすめする人
  • 都内での求人を探している人
  • 短期間で転職をしたい人
  • IT・Webのスキルに自信のある人

Geeklyは求人のほとんどが都内のものなので、地方の求人を探している人には向きません。また、IT・Web系の求人に特化しているので、それ以外の求人も探している方は、他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

しかし、スキルが高い方向けの求人は圧倒的に多く、良質な求人を数多く提供してくれます。スピード感を持って転職活動を行えるので、短期間で転職したい方にもおすすめの転職エージェントです。
公式サイトで詳細を確認する

メイテックネクスト

メイテックネクストの特徴
  • ITエンジニア向け
  • アドバイザーもITに精通している
  • マニアックな求人もある
求人数※2022年2月時点約10,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

メイテックネクストはITエンジニア向けの転職エージェントで、アドバイザーもIT業界に精通しています。非公開求人も数多く揃えており、経験豊富なアドバイザーに担当してもらえるので、安心です。

マッチング率の高い求人を紹介してくれるので、転職エージェントに登録した後にありがちな、「求人紹介メールが多すぎて、見る気がなくなる」といったこともありません。

おすすめしない人
  • IT系に転職したい人
  • 経験豊富なアドバイザーに担当してもらいたい人
  • キャリアのない人
おすすめする人
  • 手厚いサポートを受けたい
  • 非公開求人に応募したい
  • 製造業に転職したい

メイテックネクストはIT系のエンジニア向けの転職エージェントですが、製造業に特化したサイト「メイテックネクスト(ものづくり)」もあります。IT業は非公開求人も数多くあり、メイテックネクストでしか応募できないような求人もあります。
公式サイトで詳細を確認する

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTの特徴
  • エンジニア未経験でも利用可能
  • 対応がとても早い
  • 一度落選した企業でもオファーをもらえることがある
求人数※2022年2月時点約11,500件
非公開求人数※2022年2月時点約7,000件
対応エリア全国

マイナビIT AGENTはIT未経験の方でも利用できる、IT転職エージェントです。

数年前まではIT企業も積極的に未経験の方を採用していましたが、近年ではなかなかないので、未経験OKのエージェントは非常に需要が高いですね。担当者からのレスポンスは非常に早いので、急いで転職したい方にもぴったりです。

おすすめしない人
  • 未経験でWebデザイナーになりたい人
  • ベテランアドバイザーに任せたい人
  • スキルが十分にある人
おすすめする人
  • スキルがそこまで高くない人
  • 自分のペースで転職したい人
  • 確実に転職を成功させたい人

マイナビIT AGENTは未経験だと、なかなか良い条件の求人がないのがデメリットです。
しかし、近年では未経験で雇ってくれる企業自体がそもそも少ないので、未経験OKの求人を取り扱っている、というだけでも十分かもしれません。

マイナビというネームバリューもあり、非公開求人も数多く取り揃えているので、ライバルが少ないのもおすすめポイントとなっています。
公式サイトで詳細を確認する

Green

Greenの特徴
  • 操作性が高い
  • 求人数が多い
  • エントリーの敷居が低い
求人数※2022年2月時点約24,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

Greenは操作性が高いサイトが特徴のIT・Web系転職エージェントです。求人数が約24,000件と非常に多く、全国対応なのも大きな魅力です。応募自体の敷居も高くないので、気軽に応募できるのもポイントです。

おすすめしない人
  • 質の高い求人だけを求める人
  • すぐに連絡が欲しい人
  • 偏りのない求人が欲しい人
おすすめする人
  • 気軽に利用したい人
  • ベンチャー企業に入りたい人
  • スカウトも欲しい人

Greenは気軽に利用できるシステムの都合上、企業からスカウトが数多く送られてきます。

しっかりとプロフィールを確認せずにスカウトしてくる企業も多いので、そうしたことが億劫な方には向いていません。

しかし、ベンチャー企業など、働き方が柔軟な企業からスカウトが来ることも多いので、そういった企業に就職したい方にはおすすめです。
公式サイトで詳細を確認する

50代が転職エージェントを使うべき3つの理由

50代の方が転職エージェントを利用するべき理由には大きく分けて上記の3つがあります。50代の方は、通常の方と比べて転職エージェントを利用するメリットが数多くあります。

転職活動の効率が上がる

転職エージェントを利用することで、転職活動の効率が大幅に向上します。今回ご紹介したサービスの中にはさまざまな種類がありますが、担当のエージェントが書類の添削や面接対策をしてくれたりします。

また、推薦書を書いてくれたりもするので、信頼性の高い転職エージェントからの客観的な意見を企業側に伝えることができるので、先行通過率も大幅に上がります。

非公開求人があるので好条件で転職しやすい

非公開求人は、一部の転職エージェントのみに公開されている求人で、条件が良く、大手の有名企業の求人も数多くあります。

信頼できるエージェントのみに公開することで、応募の殺到を避けているのです。「このエージェントが紹介してくれる人だから」と転職成功率も高まります。

交渉を任せられるので条件が良くなりやすい

条件交渉を転職エージェントに任せることができるので、より良い条件を追求することができます。

自分で条件交渉をしてしまうと、採用担当の方からの印象が悪くなってしまうこともありますが、エージェントが間に入ってくれることで、スムーズに交渉内容を伝えてくれます。

50代がエージェントを使って転職を成功させる7つのコツ

50代の方が転職エージェントを使用し、希望の条件で転職を成功させるために必要なコツを7つご紹介します。

50代の方はキャリアや経歴が優れている場合が多いですが、20代の方と同じ方法ではなかなか希望の求人には転職できません。ぜひここからご紹介する7つのコツを利用し、希望の転職を成功させてください。

企業が50代に求めることを意識する

企業は、全ての世代に同じスキルを求めるわけではありません。新卒の方にはコミュニケーション力や熱意、スキルを求めますが、50代の方に求められるのは経験や人脈、マネジメント能力や専門性です。

採用担当者の方にも、これらのスキルをアピールしましょう。しかし逆に、こういった要素にあまり自信がない方は、転職活動において非常に不利となりますので、転職をあまりおすすめしません。

役職にこだわらない

役職や肩書きにこだわり続けると、転職がうまくいかないこともあります。現職で任されている肩書きや役職が素晴らしいものであればあるほど、それを保ったまま転職をしたいと思うのが普通です。

しかし、なかなかそのままの役職に転職することは難しく、肩書きにこだわりすぎると転職がうまくいかないこともあります。

良い求人があればすぐに転職したい旨を伝える

転職エージェントは基本的にほとんどが無料で利用できるサービスです。では、どこから収益をあげているのかと言うと、企業に人材を紹介することで、企業から収益を得ているのです。

今すぐに転職したい、という状況でなくても、「可能な限り早く転職したい」と伝えることで担当者もモチベーション高く対応してくれます。

担当者の対応に疑問を感じたら変更

担当者の対応に疑問を感じた場合は、変更することも可能です。
全ての転職エージェントの担当者が良いというわけもなく

  • 転職やエントリーを急かされる
  • 希望に合わない求人ばかり紹介される
  • 企業の情報に疎い
  • 連絡がこない・遅い
  • 連絡がしつこい
  • 推薦書の内容が薄い

という場合もあります。
こうした際は、担当者を変更することも可能です。

変更を何度か繰り返したとしても、以前の担当者に割り振られることはありません。念の為、あらかじめ何度か担当者を変更している旨を伝えることをおすすめします。

また、担当者に納得できない場合は、転職エージェント自体を変えるのもおすすめします。

経歴やスキルを盛らない

担当のエージェントは会員登録をした際の情報をもとに希望に合った条件を紹介してくれるので、スキルを盛っていたことが担当者にバレてしまうと、せっかく築いた信頼関係が薄れてしまうこともあります。

もし誰にもバレずに就職できたとしても、経歴詐称とみなされ退職する羽目になってしまうかもしれません。

転職エージェントは、提示されたスキルの中で最も希望に合った求人を紹介してくれるので、信頼して、正しい情報を提供しましょう。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントはサービスそれ自体よりも、担当者の対応の質によって満足度や転職成功率が変わってきます。

転職エージェントを一社に絞り、担当者を何度も変更する方法もありますが、それよりも複数のサービスに登録して、最も担当者が自分に合うサービスをメインに利用するのも選択肢の一つです。

エントリー前に口コミサイトで実態調査する

エントリー前に会社の情報を確認することも非常に大切です。

転職エージェントよりも、実際に働いていた人の方が、その会社について深く理解しています。また、気になる口コミについてエージェントに確認してもらうことも可能です。

内定後にもそういったことは確認できますが、それよりもエントリー前に確認しておくほうが自分にとっても、担当者にとっても、企業にとっても良いでしょう。

口コミサイトには「転職会議」や「キャリコネ」などがあります。

50代がエージェントを使って転職するまでの流れ

50代の方がエージェントを利用する際の流れは、上記のようになっています。まず担当者が信頼できる方かどうかなど、さまざま気をつけるべき点がありますが、大切なのは担当者をしっかりと選び、最大限サービスを利用することです。

おすすめの中から転職エージェントに登録する

まずは、転職エージェントに登録します。登録後は、基本的に担当者から面談日程の調整のための連絡がきます。

また、担当者が確実に「当たり」の人とも限りませんので、時間が無駄になってしまうかもしれません。その場合に備え、何種類かのエージェントに登録するようにしましょう。

多くのエージェントに登録しすぎると、スカウトメールなどが処理しきれなくなりますので、登録しすぎるのもおすすめしません。

しかし、少なくともまとめて2社以上に登録することをおすすめします。迅速に転職を成功するためにも、可能な限り多くのエージェントに登録しましょう。

担当者と面談し信頼できるエージェントか見極める

担当者を信頼できないと判断した場合は、担当者に代わってもらうことをおすすめします。担当者の変更に料金はかからないので、メールなどで企業のお問い合わせページや、電話などで連絡しましょう。

この際には担当者をフォローするような一言を添えておくことをおすすめします。

連絡の頻度や、レスポンスの早さ、企業に対する理解の深さなど、エージェントを見極める方法はさまざまありますが、確実に信頼できる方に任せるようにしましょう。

変更した担当者と出会う可能性は基本的に無いので、気兼ねなく変更してもらいましょう。

書類を添削してもらいエントリー

良い求人が見つかったら、早速エントリーしましょう。エントリーシートや履歴書、職務経歴書などを確認し、エントリーします。

しっかりした担当者ならば市場動向はもちろんのこと、応募先の企業についても色々と把握しているので、なんでも相談しましょう。

特に特化型の転職エージェントの場合、より市場動向などについて担当者が把握している可能性が高いので、積極的に質問することをおすすめします。

また、口コミサイトをチェックし、企業の実態も把握するようにしましょう。

企業について深く理解することで面接に役立てられるだけでなく、マイナスな口コミの多い企業は早い段階で辞退することで時間を浪費せずに済みます。

面接対策をしてもらい面接へ

書類審査を通過すると、いよいよ面接に進みます。面接対策や模擬面接を行ってくれるエージェントも数多く居るので、実施している場合は絶対に利用するようにしましょう。

特にミドル世代の方で、長く一つの企業に勤めている方は、色々なタイプの面接を練習しておくようにすると良いでしょう。

熱心な担当者ならば、受ける企業の面接の傾向などを把握している場合も多く、適切な面接練習を行ってくれます。確実な対策をし、万全の状態で面接に挑むようにしましょう。

内定が出たら退職サポートをしてもらう

内定が出た場合は、退職サポートをしてもらいましょう。特にミドル世代の方は重役を務めている場合も多く、退職の意志を伝えてもなかなか了承してもらえなかったりします。

退職交渉を手伝ってくれたり、代わりに交渉してくれる転職エージェントもあるので、担当者に相談してみましょう。

また、内定が出たからといって、絶対に転職しなければいけないわけではありません。
内定を保留にしたり、辞退することも可能です。

もちろん、担当者のモチベーションも下がってしまう場合もあるので相応の理由を説明する必要がありますが、内定=転職、というわけではありません。

エージェントを使っても転職が進まない場合の対処法

転職が進まない時の対処法

エージェントを利用しても、なかなか転職が進まない方も居ます。エージェントに登録を断られてしまったり、サポート期間が終了してしまったりと人それぞれ理由はありますが、必ずしも転職エージェントを利用して転職しなければいけないわけではありません。転職エージェント以外の転職サポートサービスには上記のようなものがあります。

転職サイト


転職サイトは自分で求める希望の条件を探すので、登録を断られることがありません。

「未経験」や「資格不要」といった内容でも条件を検索できるので、転職エージェントの登録やサポートを断られた人にもおすすめです。転職サイトには画像の「キャリトレ」のようにさまざまなものがあります。

ジョブカフェ

ジョブカフェは都道府県が主催する若者を中心とした人々の就職支援をワンストップで行う施設で、ハローワークなどが併設されています。

ジョブカフェでは各地域の特色を活かした就職セミナーや職場体験を実施しています。

また、カフェのように気軽に立ち寄れるところもあるので、一度利用してみるのもおすすめです。

ハローワーク

ハローワークは公営の施設ですので、良くも悪くも「絶対に就職させよう」としてこないのが大きなメリットです。

民営の転職エージェントは、どうしても「就職してもらうこと」を念頭に置いてしまいますが、客観的な判断や指標を提供してくれます。

ハローワークによっては担当者制で転職の面倒を見てくれたりすることもあるので、最寄りのハローワークに聞いてみましょう。

転職エージェントの利用を断られてしまった人はもちろんのこと、併用するのもおすすめです。

まとめ

今回は50代の方が転職する際におすすめの転職エージェントについて紹介しつつ、利用時の注意点やおすすめの他サービスなどについてもご紹介しました。

50代の方が転職をするのはなかなか難しいように思われますが、適切なエージェントを利用しつつ、スキルや経歴をアピールすることで、希望の企業の選考にも通過できます。

ぜひ今回ご紹介した転職エージェントであなたに合うものを見つけてください。