介護士転職におすすめのサイト・エージェント10選!失敗しない為のコツも解説

介護士転職をする際に、どの転職サイトを使ったら良いかお悩みではありませんか?

転職活動は失敗できませんし、間違った転職サイト選びをしたくありませんよね。ただ、転職サイトはたくさんあり、どのサイトを選べばいいか迷ってしまいます。

そこで、この記事では介護士転職におすすめのサイトを10個紹介します。介護士転職に失敗しないためのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

介護士転職で失敗しないための転職サイトの選び方(ポイント)3つ

介護士転職で失敗しない3つのポイントをここからは紹介します。

求人数は転職サイトを選ぶときに重要で、求人数が多いサイトだと選択肢が広くなります。また、転職エージェントと転職サイトを併用することも重要です。

なぜ併用が重要なのか、転職ごとにサポートの違いはあるのかなど、転職サイトを選ぶ時の重要事項を解説します。

求人数が多いサービスを選ぶ

ポイントの1つ目は求人数が多いサービスを選ぶことです。求人数が多ければ多いほど転職のときの選択肢が広がりますし、特に介護士転職の場合は転職先の労働環境は広く把握する必要があります。

求人数が公開求人と非公開求人があり、公開求人数は転職サイト転職エージェントの検索機能で確認できます。非公開求人数は公開されていないサイトが多いですが、登録した後に確認できることも多いです。

選択肢を1つでも多くするためにも、求人数が多いサービスに登録するのがおすすめです。

転職サイトとエージェントサービスを併用する

ポイントの2つ目は転職サイトとエージェントサービスを併用することです。

介護職の場合労働条件の良い公開求人には方が集まりやすいです。転職希望する人は労働環境改善を求めているケースが多いため、転職サイトで公開されている求人だけを調べるとなかなか転職できない可能性があります。

転職エージェントを利用すると非公開求人にアプローチできるほか、担当エージェントからアドバイスをもらえたりするなどメリットが多いです。転職サイトと転職エージェントを併用して、より条件の良い介護職を探しましょう。

サポートの手厚いサービスを選ぶ

3つ目のポイントは手厚いサポートのサービスを選ぶことです。

転職エージェントでは担当エージェントが客観的に求人を紹介してくれたり、非公開求人を優先的に紹介してくれたりします。また、面倒な手続きを全て代行し、面接の日時調整や条件交渉まで行ってくれるケースもあります。

そのようなサポートがあるかどうかを判断材料にするのがおすすめです。

介護士転職におすすめのサイト・エージェント10選

介護士転職におすすめのサイトと介護士からの転職におすすめなサイトをそれぞれ5つ紹介します。

介護士を目指したい方や介護業界の中で転職したい方は、介護専門の転職エージェントがおすすめです。業界に特化した情報が網羅されていますし、施設や業界の裏事情を把握しているエージェントも多くあります。

介護士からの転職を目指す場合は総合転職エージェントが基本線です。それぞれの転職サイトや転職エージェントについてここからは紹介します。

介護士転職におすすめのサイト5選

介護士転職にオススメのサイトは上記5つのサイトです。

求人数が多いサイトから、検索機能が充実しているサイトまで様々で、転職サイトを上手に使い分けることが転職を成功させる秘訣です。

サポートや対象としている転職希望者が様々なので、ここから先の内容を参考に、転職サイトを見極めてみてください。

介護ワーカー

介護ワーカー

介護ワーカーの特徴
  • 介護転職求人数が9万件超えと多い
  • 介護職の中で職種検索できる
  • 簡単登録で非公開求人を紹介してくれる
求人数 ※2022年7月時点9万171件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

介護ワーカーが介護転職において1番おすすめの理由は、求人数が9万件越えと多い点です。幅広い選択肢の中から求人を探せますし、介護職の中で職種検索できます。「介護職・ヘルパー」「ケアマネージャー」「相談員」「サービス提供責任者」「管理職」といった職種を選んでの検索機能があり、詳細な条件での検索が可能です。対応エリアも全国で、勤務地を自由に選べる点もメリットです。

介護ワーカーは簡単登録、非公開求人を紹介してくれます。最新の求人がメールで届くので、非公開求人を探す時にも便利です。また、夜勤求人特集や介護職コラムなど介護転職に役立つ情報がたくさんあります。介護転職特化サイトなので、業界に特化した情報が多いです。 介護業界の深い情報を手に入れたい場合は、介護ワーカーを利用しましょう。

\介護求人数9万件超えの特化型転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

マイナビ介護職

マイナビ介護職

マイナビ介護職の特徴
  • 介護転職求人数約7万件
  • 介護職転職エージェントご利用者認知度No.1(GMOリサーチ2021年7月)
  • 介護専任のキャリアアドバイザーに相談できる
求人数 ※2022年7月時点6万9,280件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

マイナビ介護職が介護転職において2番目におすすめの理由は、求人数の多さと認知度の高さです。介護ワーカーより求人数が少ないですが、マイナビグループが運営しているので認知度は高いです。大手エージェントなので、信頼感もあります。介護転職の求人数を考えれば、介護ワーカーが選択肢になりますが、グループ企業の大きさなどを考えると、選択肢に入る転職エージェントだと言えます。

対応エリアは全国で、勤務地を比較的自由に選べます。また、「他社サイトにある求人を相談しても良い」という記載もあります。法人担当者が直接求人先に向かって情報をお伝えすることも可能だと書かれており、比較的安心です。幅広い求人先と大手グループ企業が運営している安心感を優先したい方は、マイナビ介護職に登録するのがおすすめです。

\マイナビグループが運営する転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

看護roo!

看護roo!

看護roo!の特徴
  • 介護職求人が2万5,000件以上
  • 施設名検索や労働条件検索機能が使いやすい
  • 転職のプロが面接などの対策をしてくれる
求人数 ※2022年7月時点2万5,265件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

看護roo!が介護転職において3番目におすすめの理由は、介護職求人数が3番目に多い点です。介護ワーカーやマイナビ介護職と比べると、求人数は下がってしまいますが、全体的に見れば比較的多い求人があります。対応エリアも全国なので、勤務地を自由に選べる点もメリットです。

施設検索や労働条件検索機能が充実していて、施設名を直接検索できるほか、「4週8休の求人」「2交代の求人」など条件も細かく設定できます。労働条件を詳細に検索できるので、ミスマッチが少なくなりやすいです。転職のプロが多数在籍し、面接対策や日程の調整など詳細にサポートしてくれます。病院見学や内定辞退代行などのサービスを行なっている点も魅力的です。

\労働環境を詳細に検索できる看護転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

きらケア

きらケア

きらケアの特徴
  • 介護転職求人数6,000件超え
  • 年間利用者80万人超
  • 離職率や人間関係など求人に関わるネガティブ情報もわかる
求人数 ※2022年7月時点6,240件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

きらケアが介護転職において4番目におすすめの理由は、離職率や人間関係などのネガティブな情報もわかる点です。公式サイトに離職率いやネガティブ情報に関する記載があり、1番転職の時に気になるネガティブ情報が分かります。求人数は6,000件を超える程度で、他のサイトに比べて比較的少ないですが、年間利用者は80万人を超えています。

対応エリアも全国で、幅広い転職に対応しています。条件交渉や面接の日程調整、転職のお悩み相談など人生全体をサポートしてくれる点も特徴です。未経験や無資格な人でも対応可能で、幅広いネットワークから条件に合った求人を紹介してくれます。

\離職率を教えてくれる介護転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェントの特徴
  • 介護転職の求人数が公開されていない
  • 専任のエージェントがサポート
  • 介護福祉士、初任者研修、実務者研修(ホームヘルパー1級・2級)専門の転職サポートサービス
求人数 ※2022年7月時点非公開
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア非公開

カイゴジョブエージェントが介護転職において5番目におすすめの理由は、介護福祉士、初任者研修、実務者研修(ホームヘルパー1級・2級)専門の転職サポートサービスである点です。求人数が非公開求人数は公開されていませんが、介護に特化した求人をマッチングしてくれます。無料転職サポートに登録することで、求人を紹介してくれる転職エージェントです。

介護転職は施設の方針や雰囲気など公開されていない情報が重要になることもありますが、カイゴジョブエージェントは介護職員専門でマッチングを行うサービスなので、個人の働き方に合わせて求人を紹介してくれます。登録から入職まで全て無料でサポートを受けられるので、介護福祉士、初任者研修、実務者研修(ホームヘルパー1級・2級)に該当する方は登録する価値があるエージェントだと言えます。

\介護福祉士・初任者研修・実務者研修専門の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

介護士からの転職におすすめのサイト5選

介護士からの転職におすすめのサイトは上記5つのサイトです。

総合転職エージェントが基本で、求人数が多く転職先を探しやすくなっています。サポートも充実していて、他のサイトも使いやすいです。ただ、求人数やサイトの方針が異なるので、詳細に比較しないといけません。

介護士からの転職におすすめのサイトをそれぞれチェックしていきましょう。

doda

DODA

dodaの特徴
  • 介護転職求人数が5万件以上
  • 幅広い業界を扱っているので、広い知見が得られる
  • スカウトサービスやパートナーエージェントサービスが充実
求人数 ※2022年7月時点5万8,779件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

dodaが介護士からの転職において1番おすすめの理由は求人数の多さです。求人数は6万件に迫っており、非公開求人も多数取り扱っています。また、介護業界だけでなく幅広い業界を取り扱っているので、視野を広げたい場合に有効です。介護業界中心で転職を考えている方でも、他の業界に興味を持つ可能性はあります。dodaはいろんな業界の転職実績があるので、幅広く対応してくれる点が魅力です。

対応エリアは全国で、勤務地も比較的自由に選べます。スカウトサービスやパートナーエージェントサービスが充実していて、登録するだけでスカウトが受けられる可能性もあります。業界に特化したエージェントも多数いるので、求人数の多さを重視する方やエージェントの質を重視する方におすすめです。

\求人数豊富な転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 介護転職求人数2万7,000件超え
  • リクルートが運営している
  • 全国の勤務地から選べる
求人数 ※2022年7月時点2万7,355件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

リクルートエージェントが介護転職において2番目におすすめの理由は、求人数の多さと大手グループである点です。求人数は2万7,000件超えで、就職・転職業界の大手リクルートが運営しているサービスで、信頼性があります。対応エリアは全国で、幅広い勤務地から選べる点も特徴です。

担当エージェントがサポートしてくれるので、面接対策や退職時のサポート、交渉等も安心です。非公開求人もあるので、幅広く転職先を探したい方はリクルート・エージェントに登録するのがおすすめです。

\リクルートが運営する大手転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

RECRUIT DIRECT SCOUT

RECRUIT DIRECT SCOUTの特徴
  • 介護転職求人数7,000件弱
  • 介護業界の中でも、ハイクラス転職の特化している
  • 登録後はスカウトを待つだけのシステム
求人数 ※2022年7月時点6,972件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

RECRUIT DIRECT SCOUTが介護転職において3番目におすすめの理由は、ハイクラス転職に特化している点です。介護転職求人数は7,000件に満たないですが、ハイクラス転職を専門的に探している方にはおすすめのサービスとなっています。登録後はスカウトを待つだけなのが長所です。

RECRUIT DIRECT SCOUTには年収800万円〜2,000万円の案件が多数掲載されています。介護業界の中でも、高年収の仕事が掲載されているので、ハイクラス転職を希望する方はRECRUIT DIRECT SCOUTに登録するのがおすすめです。

\スカウトを待つだけの転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 介護求人数300件超え
  • 年収800万円以上のハイクラス転職に特化
  • ハイクラス転職に特化したコンサルタントが提案してくれる
求人数 ※2022年7月時点386件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアが介護転職において4番目におすすめの理由は、年収800万円以上のハイクラス転職に特化している点です。パソナキャリアは介護求人数が他のサイトよりも比較的少ないですが、年収800万円以上の案件に特化しているので、高年収の転職先が見つかりやすいです。

対応エリアは全国で、勤務地も比較的自由に選べます。セミナーや相談会も実施しており、ハイクラスに特化した転職ノウハウを聞けるので、年収にこだわりたい方はパソナキャリアに登録するのがおすすめです。

\ハイクラス転職に特化した転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 介護転職求人数54件
  • ビズリーチ経由で転職が決まった場合は謝礼がある
  • ヘッドハンター検索が可能
求人数 ※2022年7月時点54件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ビズリーチが介護転職において5番目におすすめの理由は、ビズリーチ経由で転職が決まった際に謝礼がある点です。介護求人数は少なめですが、ヘッドハンター検索ができたり、謝礼がもらえる点にメリットがあります。特に、ビズリーチ経由で仕事が決まった際の謝礼は大きく、アンケート回答をすることで獲得できます。

また、スカウト機能があるので、登録するだけで転職先が決まる可能性もあります。スカウトは企業から直接届く場合とヘッドハンターから直接届く場合があり、市場価値を判断するのに役立ちます。無料プランと有料プランがあり、有料プランにすると全てのスカウトの閲覧や返信が可能となります。

\ヘッドハンター検索ができる求人サイト/

公式サイトで詳細を確認する

介護士から異業種に転職したい人におすすめの業種

  • 介護事務
  • 保育士
  • 看護助手

介護士から異業種に転職したい場合は上記の業種が資格を活かせる転職先となります。

保育士の資格は介護福祉士の資格を持っていると便利で、助産施設や保育所、児童養護施設などでの仕事にも対応できます。

介護事務は介護士の経験を活かしながら、事務職に職種を変更できます。介護士の職歴を活かすなら、これらの業種への転職がおすすめです。

介護業界から一転して、別業界に転職することもできますので、幅広く見ていくことが重要です。

介護士転職で失敗を避ける5つのポイント

ここからは介護士転職で失敗を避ける5つのポイントを紹介します。

失敗の原因を先に知っておくことで、事前に対処できますし、転職で失敗する可能性も少なくなります。特に、担当エージェントの質で変わってもらうのは勇気が必要で、事前に知っておかないと変更してもらいにくいです。

失敗しやすいポイントをあらかじめ知って、転職活動の失敗を避けましょう。

担当エージェントの質が悪ければ変わってもらう

担当者が合わないと感じたら変更してもらうのが転職失敗を避ける1つ目のポイントです。転職エージェントでは担当者との相性がかなり重要で、相性が悪いと転職にも失敗してしまう可能性があります。担当者との相性が悪いと感じるのは次のようなケースです。

  • 転職やエントリーを急に要求される
  • 希望に合わない求人を紹介される
  • 連絡が遅い
  • 推薦書の内容が薄い
  • コミュニケーションが取りにくい
  • 連絡が来ない
  • 他のエージェントより質が悪いと感じる

特に、不満を感じやすいポイントは早めのエントリーを要求されることです。じっくり転職先を吟味したにもかかわらず、エントリーを要求されれば、転職失敗の可能性は高まります。

転職エージェントによっては、自分の成果を優先するケースもあるので、エントリーや転職を急かされる場合は新しい担当者に切り替えてもらうか、転職エージェント自体を切り替えましょう。

転職理由を明確にしておく

失敗を避ける2つ目のポイントは転職理由を明確にしておくことです。

なぜ転職するかを明確にしておかないと、転職エージェントに転職理由を伝えられなくなってしまいますし、転職先でも同じ理由で退職してしまいかねません。

また、転職理由を明確にすることで、何を優先して転職するのかを理解できるので、転職理由は早めに明確化しておきましょう。

転職先の残業や福利厚生などを確認しておく

失敗を避ける3つ目のポイントは転職先の残業や福利厚生を確認しておくことです。

介護士転職では転職理由に残業の多さや福利厚生、労働環境の悪さが挙がるケースが多いので、労働環境をあらかじめ確認しておきましょう。転職先を選定する際に、転職エージェントに聞いたり転職サイトをくまなく検索したりして、福利厚生を見ていきます。

複数の転職エージェント・サイトに登録する

失敗を避ける4つ目のポイントは複数の転職エージェントやサイトに登録することです。

1つの転職サイトだけでは求人数の幅が狭くなってしまいますし、転職エージェント1つだけでも相性の良いエージェントと出会えない可能性があります。複数登録することで求人数の幅が広がりますし、転職エージェントの幅も広がっていきます。

少しでも選択肢を増やすために、複数の転職エージェントや転職サイトに登録するのがおすすめです。

気になる求人が見つかったら口コミをチェックする

失敗を避ける5つ目のポイントは気になる求人の口コミをチェックすることです。

口コミには掲載されていないネガティブな情報や業界の事情が載っているケースがあります。公式サイトからは得られない情報が得られるケースもあるので、口コミは入念にチェックしておきましょう。

ネガティブな口コミが見つかったら、担当エージェントに相談してみるのも選択肢の1つです。口コミはそう簡単に見つかるものではありませんが、転職で失敗しないためにも、知っておく必要があります。

介護士転職が成功するまでの流れを5STEPで解説

ここからは介護士転職の流れを解説していきます。

具体的な手順を押さえておくことで、迷いがなくなり、スムーズに転職活動を進められます。また、介護士転職で失敗する可能性が高くなるポイントをあらかじめ押さえることも大切です。

失敗の可能性を少しでも低くするために、介護士転職の手順を押さえておきましょう。

転職理由を明確にしておく

介護士転職1つ目のステップは転職理由を明確にしておくことです。

先ほども挙げましたが、転職理由が明確でないと次の転職先で失敗してしまう可能性がありますし、転職エージェントに理由を明確に伝えられない可能性があります。転職理由を明確にすることで失敗を避けられる可能性が上がるので、転職理由を明確化しておきましょう。

複数の転職サイト・エージェントに登録する

介護士転職2つ目のステップは複数の転職サイトや転職エージェントに登録することです。

基本的には総合転職エージェントと特化型転職エージェントに登録して、幅広い知識を集めるのがおすすめです。介護士転職の場合は介護士に特化したエージェントへ登録します。

転職エージェントだけだとエージェントに頼りがちになるので、転職サイトにも登録し、自分で求人を探す努力もしましょう。選択肢を広げることで、理想の転職先が見つかる可能性が高くなります。

気になる求人があったら応募の前に口コミチェック

介護士転職3つ目のステップは口コミをチェックすることです。

気になる求人を見つけたら、口コミをできる限りチェックしましょう。労働環境の悪さや人間関係などの情報はネット上にアップされているケースが少ないです。公式サイトでは基本的に掲載されない可能性が高いので、口コミをチェックしておきましょう。

応募後は面接対策をして挑む

介護士転職4つ目のステップは面接対策をしてから、面接に挑むことです。

転職エージェントを利用している場合はエージェントが模擬面接や面接対策をしてくれます。転職サイトを利用している場合は自分で対策するかセミナーなどに応募する必要があるので、転職エージェントで面接対策を行いましょう。

転職エージェントを使うと書類検索や自己PRをどうすればいいかなど様々な対策を講じてくれます。このような対策は面接にも役立ちますので、積極的に転職エージェントからアドバイスをもらいましょう。

内定が出たら退職サポートをしてもらう

介護士転職5つ目のステップは内定が出た後に、退職サポートしてもらうことです。

転職が決まった後もやるべきことがたくさんあります。退職届の準備や引き継ぎ作業、退職に必要な書類を勤め先の会社からもらうなど思った以上に作業が多いです。

退職に関する作業を自分1人で行うと、ミスが起こりやすくなります。転職先に提出する書類等不備がないようにするためにも、転職エージェントから退職サポートしてもらいましょう。

まとめ

介護士転職で失敗を避けるためには、事前の準備が大切です。

複数の転職エージェントや転職サイトに登録したり、転職までの流れを把握したり、現職の資格や経歴を生かすためにはどうすればいいかを考えたりしなければなりません。

転職サイトや転職エージェントを選ぶ際は求人数やサポート面を比較して選ぶ必要があります。この記事ではおすすめの転職エージェントを10個紹介してますので、ご自身に合った転職エージェントを選んでくださいね。