薬剤師転職におすすめな転職サイト10選!転職で失敗しない方法も解説

薬剤師転職におすすめの転職サイトは、他業界の転職とは異なります。

健康に関わる仕事なので、薬剤師の転職手続きをきちんと把握しておく必要があります。この記事では、転職で失敗しない方法を踏まえながら、薬剤師転職におすすめのサイトを10個紹介します。

薬剤師転職を成功させたい方は、ぜひ参考にしてください。

薬剤師転職で失敗しないための転職サイトの選び方(ポイント)3つ

転職サイトの選び方は、転職を成功させる上で最も重要だと言っても過言ではありません。自分に合わない転職サイトを選んでしまうと、求人探しの効率が悪くなってしまいます。

また、サポートの手厚さも重要な判断材料です。エージェントによっては面接対策や退職手続きをサポートしてくれますが、転職サイトではサポートしてくれません。

ポイントを事前に押さえることで、いい転職エージェント選びができます。

希望するエリアの求人数が多いサービスを選ぶ

薬剤師転職で失敗しないためのポイント1つ目は、希望するエリアの求人数が多いサービスを選ぶことです。

勤務地によって忙しさが変わるだけではなく、勤務地次第で時給が変わるケースもあります。都道府県別の薬剤師年齢ランキングを出しているサイトもあるので、チェックしておくのがおすすめです。

求人数が多くても、働きたい地域の求人数が少なくなる場合があり、その場合は希望する勤務地が見つけにくくなります。希望するエリアの求人数を確認してから、転職サイトに登録しましょう。

サポートの手厚いサービスを選ぶ

2つ目のポイントはサポートの手厚いサービスを選ぶことです。

転職エージェントは面接対策や履歴書の添削などのサポートが充実しており、模擬面接を実施してくれるケースもあります。サポートの手厚いサービスを選べば、入念に選考の準備ができます。

どのようなサポートがあるのかを調べて、サポートの手厚いサービスを優先して選ぶようにしましょう。

転職サイトをエージェントサービスを併用する

3つ目のポイントは、転職サイトとエージェントサービスを併用することです。

転職サイトは基本的に自分で求人を探して、面接対策や交渉などを進めていかないといけません。転職エージェントは担当エージェントが求人を提案してくれて、面接対策なども一緒に進められます。

1人で進めるか担当者の一緒に進めるかの違いがあり、専門的な知識があるエージェントと一緒に転職活動を進める方が効率よく進められます。転職サイトで主体的に転職先を探し、転職エージェントで担当者と一緒に探すなど、上手に使い分けるのがおすすめです。

薬剤師転職におすすめのサイト・エージェント10選!

薬剤師転職を目指す際のエージェント選びはとても重要です。

ここでは、おすすめの転職エージェントを求人数やサポート体制とともに紹介します。求人数の数が多いサイトやハイクラス転職を中心に網羅したエージェントなど、その特徴は様々です。

自分に合ったエージェントを選んで、転職活動にお役立てください。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴
  • 薬剤師求人数5万4,584件
  • 業種が細かく求人検索できる
  • 約35%が非公開求人
求人数 ※2022年7月時点54,584件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

マイナビ薬剤師が薬剤師転職において1番おすすめの理由は、求人数が5万件を超えていて多い点です。求人数が圧倒的なため希望の勤務先を選びやすいエージェントだと言えます。対応エリアも全国で、勤務地も比較的自由に選べます。

条件を絞って詳細に求人検索できる点が魅力で、病院クリニック・ドラッグストア・治験コーディネーターなど事前に条件を絞って検索できます。面接対策や履歴書添削など転職サポートも充実しているので、幅広い求人の中から転職先を選びたい方は、マイナビ薬剤師がおすすめです。

\求人数が豊富なマイナビ系列の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

薬キャリエージェント

薬キャリエージェント

薬キャリエージェントの特徴
  • 薬剤師求人数3万274件
  • 医療業界専門のエムスリーグループが運営
  • 適正年収診断がある
求人数 ※2022年7月時点3万274件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

薬キャリエージェントが薬剤師転職において2番目におすすめの理由は、求人数の多さとコンテンツの充実度です。マイナビ薬剤師よりも求人数が少ないですが、薬キャリエージェントは医療業界専門のエムスリーグループが運営しています。対応エリアは全国となっていて、勤務先も自由に選べます。

また、薬キャリエージェントのコンテンツは充実していて、適正年収診断や薬剤師として働く人のコラム、転職お役立ちコラム集など多数のコンテンツがあります。薬剤師業界の精通した転職エージェントを使って、転職したい方は薬キャリエージェントを利用するのがおすすめです。

\薬剤師業界に精通した求人数多数の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

ジョブメドレー

ジョブメドレー

ジョブメドレーの特徴
  • 薬剤師求人数1万4,394件
  • 医師業界の転職に特化している
  • 事業所と直接やりとりできる
求人数 ※2022年7月時点1万4,394件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ジョブメドレーが薬剤師転職において3番目におすすめの理由は、求人数の豊富さと事業所とやりとりが直接できる点です。求人数が1万件を超えていて、比較的多く、医師業界の転職に特化しています。薬剤師転職以外にも、医師や助産師、医療事務などの職務を募集しているので、転職の選択肢を広げられます。

事業所と直接やりとりできる点も特徴です。また、ジョブメドレーでは入職してから60日以上勤務した場合、勤続支援金が贈られます。薬剤師転職の求人数やコンテンツの多さを、勤続支援金を優先したい方はジョブメドレーがおすすめです。

\勤続支援金制度がある薬剤師業界の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

アプロドットコム

アプロドットコム

アプロドットコムの特徴
  • 薬剤師求人数1,780件
  • 時給3,000円以上の単発求人が掲載されている
  • 求人の紹介や薬剤師の知識強化につながるメルマガがある
求人数 ※2022年7月時点1,780件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

アプロドットコムが薬剤師転職において4番目におすすめの理由は、時給3,000円以上の単発求人が掲載されている点です。薬剤師の求人数自体は2,000件に届かない程度なので、他のサイトに比べてやや少なめと言えますが、高時給の単発案件を勤務可能日と都道府県から探せます。

また、求人の紹介や薬剤師の知識強化につながるメルマガを運営していて、薬剤師転職に活かせる情報を入手できます。対応エリアは全国で、勤務地を比較的多く選べますが、求人数がそこまで多くないため、時期によっては求人がない都道府県もあります

\高時給の単発求人に強い薬剤師転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

doda

DODA

dodaの特徴
  • 薬剤師求人数1,164件
  • エージェントサービス、スカウトサービスが充実
  • 求人の業種が幅広い
求人数 ※2022年7月時点1,164件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

dodaが薬剤師転職において5番目におすすめの理由は、エージェントサービスやスカウトサービスが充実している点です。スカウトサービスでは、エージェントが登録情報を精査して、求人を紹介してくれます。パートナーエージェントサービスは業種や地域に強い専門エージェントなので、転職活動を進めやすいです。

薬剤師の求人数は1,000件をやや超える程度で、それほど多くありませんが、求人の業種が幅広い転職エージェントです。薬剤師転職以外にも視野を広めてみたい方や薬剤師の経験を生かして、他業界へ転身したい方は、dodaを活用するのがオススメです。

\パートナーエージェントサービスがある転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 薬剤師求人数1,045件
  • セミナーやイベントが多数開催されている
  • 転職大手リクナビ系列の転職エージェント
求人数 ※2022年7月時点1,045件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

リクルートエージェントが薬剤師転職において6番目におすすめの理由は、転職大手リクナビ系列の転職エージェントである点です。セミナーやイベントが全国で多数開催されていて、転職の際に必要な情報を生で手に入れることができます。また、転職大手のノウハウが詰まっているので、イベント等を有効活用できます。

薬剤師転職の求人数は1,000件ほどで、薬剤師に特化した転職エージェントに比べると、求人数は少ないです。ただ、総合転職エージェントなので、転職の候補に入れていなかった業種で、良い案件が思わず見つかるケースもあります。転職に対する視野を広げたい方におすすめの転職エージェントです。

\イベントやセミナーを積極的に開催している大手転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

RECRUIT DIRECT SCOUT

RECRUIT DIRECT SCOUT

RECRUIT DIRECT SCOUTの特徴
  • 薬剤師求人数783件
  • スカウトに特化した転職エージェント
  • 年収800万円以上のハイクラス転職が多い
求人数 ※2022年7月時点783件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

RECRUIT DIRECT SCOUTが薬剤師転職において7番目におすすめの理由は、スカウトに特化している点です。ハイクラス向けの求人が多いサービスで、サイトに登録した後はスカウトを待つだけとなっています。スカウト案件から求人を選びたい方におすすめの転職エージェントです。

RECRUIT DIRECT SCOUTの求人数はそこまで多くありませんが、スカウト特化型の転職エージェントなので、待つだけの転職活動も可能です。転職サイトを運営することが大事になってきます。スカウトを待って、転職したい方は利用してみてください。

\スカウト型の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • 薬剤師求人数43件
  • 年収800万円以上のハイクラス転職特化サイト
  • 専任コンサルタントによるサポートが手厚い
求人数 ※2022年7月時点43件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアが薬剤師転職において8番目におすすめの理由は、年収800万円以上のハイクラス転職に特化している点です。求人の半数が800万円以上の求人になっていて、800万円以下の求人でも比較的高年収の求人が多くなっています。

専任コンサルタントのサポートも手厚く、企業への推薦や面接日程調整など転職活動をサポートしてくれます。また、業界専任なので、企業とのつながりが強いです。面接対策や年収交渉も行ってくれるので、年収アップを積極的に狙いたい方におすすめです。

\専任コンサルタントがハイクラス転職をサポート/

公式サイトで詳細を確認する

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • 薬剤師求人数28件
  • 優良企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 有料プランの利用もできる
求人数 ※2022年7月時点28件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ビズリーチが薬剤師転職において9番目におすすめの理由は、優良企業やヘッドハンターから直接スカウトが届く点です。転職のプロフェッショナルであるヘッドハンターに相談可能で、登録ヘッドハンター数は2021年7月現在5,100人です。

薬剤師の求人数は28件と少ないですが、非公開求人もありますし、ハイクラス転職に特化しているので、給与面の水準をアップさせたい方におすすめです。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上となっていて、高年収求人が多数ある転職エージェントだと言えます。

\年収1,000万円以上の求人が多いハイクラス転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • 薬剤師求人数18件
  • IT系に強い転職サイト
求人数 ※2022年7月時点18件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

レバテックキャリアが薬剤師転職において10番目におすすめの理由は、薬剤師の経験を活かして、IT関係の企業に転職できる点です。具体例としては、調剤薬局向けのアプリ開発や薬局支援ダッシュボードの開発などのジャンルが多くなっています。

薬剤師の資格だけでは応募が難しい求人が多いですが、エンジニアの経験を掛け合わせることで大幅な年収アップが見込めます。また、想定年収は600万円以上の求人が多く、比較的高年収が狙えます。IT関連の仕事に興味を持っている方は、レバテックキャリアを選択しに入れてみてください。

\IT業界に強い転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

薬剤師転職ではエージェントサービスも併用すべき理由

薬剤師転職で転職サイトとエージェントサービスを併用するべき理由は、転職活動の負担が減るからです。

エージェントサービスを利用すると条件交渉を任せられたり、非公開求人を紹介してくれたりします。また、転職先の内情も把握できるので、より多くの情報から応募先を判断できるようになります。

転職サイトのみを使用すると自分1人で全てを進めなければいけません。1人で転職活動するのは大変なので、エージェントサービスを併用するのがおすすめです。では、具体的にエージェントサービスを併用すべき理由を紹介していきます。

条件交渉を任せられる

エージェントサービスを併用すべき1つ目の理由は条件交渉を任せられる点です。給料の交渉や残業の有無などを自分で交渉するのはとても大変です。条件を提示するタイミングを迷ってしまったり、条件交渉で揉めてしまう可能性もゼロではありません。

また、最後の最後まで交渉ができない可能性もあります。転職の条件交渉はそれなりに大変ですが、エージェントを使うことで、代わりに交渉してくれます。

エージェントは転職活動のプロで、そのプロに条件交渉を任せられるのが大きなメリットです。

非公開求人などもあり選択肢が広がる

併用すべき2つ目の理由は、非公開求人があり選択肢が広がる点です。公開されている求人以外にも、転職エージェントには多数の求人があります。一般的に公開されていない求人が非公開求人で、転職を決めるケースも多く、転職エージェントでは非公開求人を紹介してもらえるのがメリットです。

非公開求人は特定の人にしか紹介しないような求人や応募が殺到するのを避けるために一般公開していない求人が多数あり、転職先として魅力です。

転職先の内情についても事前に把握できる

併用すべき3つ目の理由は転職先の内情について、事前に把握できる点です。実際に働いてみるまで転職先の内情は分かりませんが、専門エージェントは勤務先の内情を詳しく把握しているケースがあります。頻繁に出入りしていたり、院内の人とつながりがあったりするなど、情報源を多く持っています。

内情に関してはネット上の情報だけでは把握できません。生の情報をエージェントから聞ける点でも転職サイトとエージェントサービスの併用がおすすめです。

円満に退職するためのサポートも行ってくれる

併用すべき4つ目の理由は、円満に退職するためのサポートも行なってくれる点です。

退職に関する手続きは複雑で、業務の引き継ぎやローテーションなど負担がかかります。また、各種書類の準備も大変です。退職の際は思った以上に書類が必要で、申請を忘れたりするケースもあります。

エージェントサービスでは、退職に関するサポートを行なってくれるので、ミスを防ぎやすくなったり、作業の負担が軽くなるケースがあります。

退職時の負担を減らすためにもエージェントサービスを併用するのがおすすめです。

薬剤師転職で失敗を避ける5つのポイント

薬剤師転職で失敗を避けるには5つのポイントを押さえることが重要です。転職エージェントに登録すると、担当エージェントが決まりますが、担当エージェントの相性は転職する上で極めて重要です。

エージェントの質や相性判断して合わないと判断した場合は、代わってもらうのが大きなポイントで、他には自分でも転職活動を進めておくなど、失敗を避けるために重要なポイントが多数あります。

このような薬剤師転職で重要なポイントをここから紹介します。

担当エージェントの質が悪ければ代わってもらう

担当エージェントと合わないと感じたら変更してもらえる可能性があります。転職失敗につながる原因になりかねませんので、早めに交代を申し出ましょう。

担当エージェントに不満を感じやすい点は次のとおりです。

  • 薬剤師業界の情報に疎い
  • 添削の内容がいいと感じない
  • 連絡が遅い
  • コミュニケーションが上手に取れない
  • 連絡が来ない

こういったポイントに不満を感じやすく、業界の情報に詳しくないなど、エージェントに質問していく中で、わかってくることが多いです。

担当者の対応に疑問を感じる場合は、他のエージェントに登録したり、他のエージェントに切り替えたりしてもらうなど、何らかの対応が必要になってきます。

新しい担当者に切り替える場合は古い担当者と合わないようにするなど対応してもらえることもあるので、要望してみるのがおすすめです。

転職理由を明確にしておく

転職理由を明確にしないと、転職先でも同じ理由で辞めたくなるケースがあります。

給料面の問題なのか、残業の多さが問題なのか、人間関係が原因なのかを明確にした上で、転職に挑みましょう。

給料面の問題の場合は、ハイクラス特化型の転職サイトに登録するなどの対応ができますし、人間関係が問題の場合は地域に特化した担当者を要望することもできます。

事前に転職理由を明確にしておくと、対策が練れますので、あらかじめ転職理由を明確にしておくのがおすすめです。

自分でも転職サイトを使って転職活動を進める

自分でも転職サイトを使って、転職活動を進めることで、主体的に転職活動を進められます。

転職エージェントの中には、自分の売上のために求人を紹介するケースもあるので、自分でも探しておき、主体的に転職活動するのがおすすめです。

自分でも探すことで、エージェントに対して要望できることも増えます。

複数の転職エージェント・サイトに登録する

複数の転職エージェントに登録することで、幅広く求人を探せます。

非公開の求人は転職エージェントによって差があるケースが多く、転職エージェントによって得られる情報が異なるケースも多いです。サポート体制もエージェントごとに異なるので、エージェントは複数登録しておくのがおすすめだと言えます。

退職の意思は早めに伝える

一般企業とは異なり、人命や健康に関わる業種なので、退職の意思を早めに伝えることが重要です。十分な引き継ぎ期間を用意して、円満に退社しましょう。

転職エージェントにサポートを受けつつ、退社までの手続きを行い、必要に応じて引継書の作成を行い、スムーズに引き継ぎできるようにします。

薬剤師転職が成功するまでの流れを5STEPで解説

転職を成功させるには、流れを正確に把握しておく必要があります。転職までの流れを把握しておかないと、不測の事態に対応できなかったり、次にやるべき作業がわからなくなってしまいます。

薬剤師転職は、転職理由を明確にして、複数の転職サイトやエージェントに登録というところからスタートです。ここでは5つのステップに分けて、転職成功までの流れを確認していきます。

転職理由を明確にしておく

薬剤師転職に向けての最初のステップは、転職理由を明確にしておくことです。

転職エージェントに登録する前に、転職理由を明確にしておくだけで、その後の転職活動のスムーズさが変わってきます。不明瞭な理由だと相手に考えは伝わりません。

登録する際に伝える情報が整理されていたり、転職エージェントに自分の正しい思いや情報を伝えられるので、まずは転職理由を明確にしておくのがおすすめです。

複数の転職サイト・エージェントに登録する

2つ目のステップは、複数の転職サイトやエージェントに登録することです。転職を成功させるには幅広い情報を網羅し、エージェントと擦り合わせを行うことが大事です。

非公開求人を幅広く探したり、転職サポートを幅広く使ったりすることで、転職に関する情報を少しでも多く集めましょう。

エージェントの会社や求人数の数を踏まえると、複数の転職サイトやエージェントに登録するのがおすすめだと言えます。

自分でも求人を探す

3つ目のステップは、いい求人があれば応募し、面接に行くことです。自分でも求人を探すことで、登録している転職エージェントにない案件を探せます。

他の求人にはない求人を探すことで、エージェントに転職サイトの求人を提案したり、相談したりできます。自分自身でも転職情報を探せるようにしておくと転職活動がスムーズです。

良い求人があれば応募し面接

4つ目のステップは、良い求人があれば応募して面接することです。

検索サイトの場合面接対策は自分で行い、セミナーやイベントに参加したり、本などで対策を勉強したりして、面接に挑みます。

一方、転職エージェントを利用する場合は、面接日の調節・面接対策・履歴書の添削をエージェントがサポートしてくれます。模擬面接などを行ってくれる場合もあるので、入念に面接対策したい方は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

内定が出たら退職サポートをしてもらう

5つ目のステップは、内定が出た後に退職サポートをしてもらうことです。

転職エージェントを利用する場合退職サポートをしてもらえ、退職に向けたフォローを行ってくれます。転職サイトを利用した場合は基本的に自分でサポートを行うことになるので、その点は注意が必要です。

円満退職するために、エージェントを積極的に活用して、退職サポートをしてもらうのがおすすめだと言えます。

まとめ

薬剤師転職を成功させるためには、転職エージェント選びがとても大事です。転職エージェントごとに特徴が異なるので、この記事を参考に転職エージェントを決めてみてください。

また、転職はどのような流れで進めていくのか事前に把握しておくことも大事です。失敗しないためのポイントや転職の進め方を頭に入れておくと、スムーズに転職活動が進みます。

この記事の内容を参考に、効率よく薬剤師転職を進めてみてください。