スポーツ転職を成功させたい人におすすめな転職サイト・エージェント10選

スポーツ転職で失敗しないために、何をしたらいいのか悩んでませんか?

一般的な転職とは異なり、スポーツに特化した転職はどのように転職したらいいか判断が難しいですよね。転職ノウハウもそこまで多くありませんし、登録する転職サイトや転職エージェントもどこを選べばいいのか見えにくいです。

そこで、この記事では、スポーツ転職に成功したい人におすすめの転職サイト10選を紹介します。転職に失敗したくない方は、ぜひ参考にしてください。

スポーツ転職で失敗しないための転職サイトの選び方(ポイント)3つ

スポーツ転職で失敗しないためには転職サイトとエージェントサービスの併用が大事です。

また、幅広く求人を探すためにスポーツに関する求人数が多いサイトを利用するようにし、複数利用するとより視野が広がります。サイトによって取り扱ってる案件が違いますので、いろいろな観点から見比べてみてください。

転職サイトとエージェントサービスを併用する

1つ目のポイントは転職サイトと転職エージェントを併用することです。転職サイトは自分で転職先を調べてアプローチするサイトのことで、転職エージェントは担当エージェントと相談しながら転職先を決めていくサイトになります。

転職サイトだと手に入れられない情報が転職エージェントでは手に入りますし、転職エージェントだと非公開の求人情報を手に入れやすいです。

転職先の選択肢を増やすためにも転職サイトとエージェントサービスを併用しましょう。

スポーツに関する求人数が多いサイトを利用する

2つ目のポイントはスポーツに関する求人数が多いサイトを利用することです。大手の転職エージェントや転職サイトは、どのジャンルも求人数が多く、スポーツに関する求人数も多くなっている傾向にあります。

ですが、スポーツに特化した転職サイトや転職エージェントもあり、スポーツに強い転職サイトやエージェントを利用することで、大手にはなかった求人が見つかる可能性もあります。

登録前にスポーツに関わる求人数をチェックし、スポーツ系の求人数が多いところに登録した方が効率よく転職活動を進められるでしょう。

複数のサイトを利用する

3つ目のポイントは複数のサイトを利用することです。

転職サイトや転職エージェントの種類は様々で、スポーツに強い転職エージェントや総合的に強い転職サイトまで幅広くあります。非公開の求人も数多くあることから、複数サイトを比較して、最低でも2つ以上の転職サイトを利用するのがおすすめです。

このような失敗のポイントを押さえつつ、スポーツ選手に強い転職エージェントを選んでいきましょう。

スポーツ転職に強いエージェント10社をおすすめ順に紹介!

スポーツ転職に強いエージェントと一言で言っても、その特徴は大きく異なります。

求人数が多いエージェントや非公開求人に強みを持っているエージェント、スポーツとITを掛け合わせた求人数が多いエージェントやアスリート転職に特化したエージェントなど、その特徴は様々です。

また、スカウト中心のエージェントや希望を伝えるのが中心のエージェントなど、選択肢は多様なので、判断基準を明確にして、転職エージェントを選んでみてください。

doda

DODA

dodaの特徴
  • スポーツ転職の公開求人数の数が多い
  • スポーツ系のメーカーやメディアなど幅広い職種から探せる
  • 非公開求人あり
求人数 ※2022年7月時点1万7,355件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

doda(サービス名)がスポーツ転職において一番おすすめする理由は求人数の多さです。スポーツで絞って検索すると1万件以上の求人が見つかり、幅広い求人の中から職を探せます。

スポーツトレーナーやスポーツ指導だけではなく、スポーツに関わるライティングのお仕事やITスキルを使った仕事まで、幅広い職種を募集しています。非公開求人の数は公開されていませんが、「非公開求人あり」との記載もあるので、登録後はより幅広い案件数から転職先を選定できます。

また、様々な条件から検索でき、希望の勤務条件に合致する求人を見つけやすいです。幅広い案件から求人を見つけたい方はdodaを活用するのがおすすめです。

\求人数1万人超えの大手転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

RECRUIT DIRECT SCOUT

RECRUIT DIRECT SCOUTの特徴
  • スポーツ系の求人数3,000件超
  • ハイクラス転職に特化
  • ヘッドハンターが仕事を探してくれる
求人数 ※2022年7月時点3246件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

RECRUIT DIRECT SCOUTがスポーツ転職において2番目におすすめする理由は、スポーツ転職の求人数の多さとペットハンターが仕事を探してくれる点です。先程のdodaより求人数が少ないですが、ヘッドハンターが仕事を探してくれる点がメリットです。

ハイクラスな転職先は一般公開されないことが多く、転職サイトでは見つけられない可能性もあります。そんな転職先がヘッドハンターが探してくれるので、年収を上げたい方におすすめです。

また、企業からの直接スカウトもあるので、スポーツの経験を大いに活かした転職を実現することもできます。スカウトによって、思いもよらなかった転職先を見つけられる可能性もある点が魅力です。

\ヘッドハンターがスカウトしてくれる転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • スポーツ系の転職先が600件以上
  • スポーツ系の経営企画や開発、メディアなど職種が幅広く探せる
  • ジャンルごとに非公開求人件数がチェックできる
求人数 ※2022年7月時点668件
非公開求人数 ※2022年7月時点637件
対応エリア全国

リクルートエージェントがスポーツ転職において3番目におすすめの理由は、非公開求人件数が公開されていることです。求人を検索すると、公開求人数と非公開求人数の両方が表示されます。ほとんどの転職サイトは非公開求人数を公開してませんが、リクルートエージェントはスポーツ転職の非公開求人数が一目でわかります。

また、募集している職種も多くメーカーやメディア、経営戦略担当など幅広いジャンルの求人があります。スポーツ特化の転職サイトではありませんが、スポーツに関わる幅広い職種を検索できる点がメリットです。

\非公開求人数がわかる転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • スポーツ系のプログラマーやエンジニアの求人が多い
  • マンツーマンでの徹底サポートあり
  • 直接スポーツ指導する内容の案件はほぼない
求人数 ※2022年7月時点1534件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

レバテックキャリアがスポーツ転職において4番目におすすめの理由は、スポーツ関連企業のプログラマーやエンジニアを募集している点です。レバテックキャリアはIT関連に強い転職サイトなので、スポーツの経験を活かしつつ、プログラマーやエンジニアの能力を活かしたい方向きとなります。

スポーツトレーナーやスポーツ教育など直接的にスポーツに関わる方向きではありませんが、ITスキルとスポーツ経験を掛け合わせたい方はレバテックキャリアがおすすめです。

\スポーツとITを掛け合わせたい方向けの転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • スポーツ・アウトドア関係の求人多数
  • 競技生活を続けたい人をサポートする「パソナスポーツメイト」というサービスあり
  • スポーツ経験を活かせるフィットネス・アミューズメント系の公開求人、非公開求人あり
求人数 ※2022年7月時点304件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアがスポーツ転職において5番目におすすめの理由は、スポーツ・アウトドア系の転職が多数あることです。体を動かすタイプの仕事がたくさんあり、体力を活かした転職も可能です。

また、パソナグループには競技生活を続けたい方をサポートするパソナスポーツメイトという仕組みもあります。スポーツを続けながら転職先を探したい方におすすめのサイトで、スポーツを頑張る人向けのサポート実績がある点、スポーツ・アウトドア系の求人も多数ある点がパソナキャリアを使うメリットです。

\スポーツサポートやアウトドア系求人があるハイクラス転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

dodaエージェント(SPORT LIGHT)

dodaエージェント(SPORT LIGHT)

dodaエージェント(SPORT LIGHT)の特徴
  • スポーツ転職に特化したサイト
  • 各企業のスポーツ部門の情報がわかる
  • 引退後のスポーツ選手の仕事に関する意見が掲載されている
求人数 ※2022年7月時点153件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

dodaエージェントがスポーツ転職で6番目におすすめの理由は、スポーツ転職に特化したサイトである点です。各企業のスポーツ部門に関する情報やアスリートの引退後のキャリアについて、詳細に書かれています。

また、求人案件もスポーツ振興に携わる者やプロサッカーチームを支える営業、プロ野球に関する営業職などスポーツに関連するものに限られている点が魅力です。

球団のデザイナー、ゴルフ施設の運営マネージャー、パーソナルトレーナー、eスポーツ配信事業など、スポーツに関する配信が多く、スポーツ選手に会う機会がある職業の求人も紹介されています。

\スポーツ業界の特化したdodaのグループサイト/

公式サイトで詳細を確認する

マイナビアスリートキャリア

マイナビアスリートキャリアの特徴
  • アスリートを対象としたキャリア支援
  • キャリアアドバイザーからの面談を受けられる
  • 仕事と競技を両立するデュアルキャリア支援がある
求人数 ※2022年7月時点非公開
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

マイナビアスリートキャリアがスポーツ転職で7番目におすすめの理由は、アスリートを対象としたキャリア支援を行なっている点です。仕事と競技を両立したい方に向けてデュアルキャリア支援があったり、キャリアアドバイザーから面談を受けて転職先を決められるなどのメリットがあります。

デュアルキャリアだけでなく、セカンドキャリアや学生アスリートの支援などすべてのアスリートに対してキャリア支援が行われるサイトです。スポーツを続けたい方やスポーツ以外の経験が少ない方などが利用しやすいと言えます。

\アスリート支援が手厚いマイナビ系列の転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

アスリートプランニング

アスリートプランニング

アスリートプランニングの特徴
  • 体育会学生のキャリア形成をサポートするサイト
  • 卒業後も競技を継続するアスリートへの支援体制がある
  • 求人数は掲載されていない
求人数 ※2022年7月時点非公開
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

アスリートプランニングがスポーツ転職で8番目におすすめの理由は、体育会系出身のアスリートの卒業後をサポートする体制があることです。求人数が掲載されていないため、具体的な転職先を登録後でないと把握できない点がデメリットではありますが、競技を継続するアスリート向けの支援もあります。

競技に専念できる環境を整備しつつ、転職支援を行なっているので、スポーツを継続するかどうか迷っている方や限られた時間で転職活動を行うノウハウを知りたい方は登録する価値があるでしょう。

\体育会学生や社会人のサポートがある転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • スカウトが届くハイクラス転職サイト
  • 経験を活かした転職ができる
  • ヘッドハンター検索ができる
求人数 ※2022年7月時点7万9,309件(スポーツ系以外の求人含む)
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ビズリーチが9番目におすすめの理由は、スカウト機能がある点です。登録するだけでスカウトがすごく機能がありますし、ヘッドハンター検索もできます。ヘッドハンター検索では転職支援の実績がある担当者を検索でき、経験年数や英語力などから絞り込み検索できます。

スポーツに特化して絞り込む機能がないので、スポーツ転職の求人を見つけるのは難しいですが、ハイクラス転職を狙っている方やヘッドハンターにスポーツ経験を伝えたい方はおすすめできる転職エージェントだと言えます。

\スカウト機能やヘッドハンター検索がある転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

アスリートエージェント

アスリートエージェントの特徴
  • 体育系人材やアスリートをビジネス教育してから紹介する仕組み
  • 転職知識がないアスリートを1からサポートしてくれる
  • 求人数は公開されていない
求人数 ※2022年7月時点非公開
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

アスリートエージェントがスポーツ転職で10番目におすすめの理由は、アスリートをビジネス教育してから紹介する仕組みがある点と公開されている求人の数です。ビジネス教育してから紹介する仕組みには目新しさがありますが、公開求人数が掲載されていないのでこの順番となりました。

転職に対する知識がない場合でも、面接対策やPR方法を教えてくれるので、就職活動の経験がない人でも活用できます。プロのコンサルタントに相談でき、安心感があると言えるでしょう。

\アスリートをビジネス教育してから紹介するエージェント/

公式サイトで詳細を確認する

スポーツ転職で転職エージェントを利用すべき3つの理由

スポーツ転職で転職エージェントを利用すべき理由は、転職へのサポートや給料などの条件を交渉してくれる点が挙げられます。1人で転職しようとすると交渉を全て一人で進める必要があり、サポートも受けられません。

転職活動を一人で進めるよりも、エージェントを活用した方が効率よく情報収集できます。非公開求人を紹介してくれることもあるので、基本的には転職エージェントを活用しましょう。

転職をサポートしてくれる

1つ目の理由は転職をサポートしてくれる点が挙げられます。

転職エージェントは書類の添削や面接対策、退社に向けたフォローなど、転職に対するサポートが手厚いです。転職サイトを利用した場合は、このような作業を全部自分でしなければならず、エージェントだけが知るノウハウをゲットできません。

模擬面接やPR文の添削もしてくれますし、わからないことも質問できるので、初めて転職する方にとって、エージェントはとても助けになる存在です。

給料や休暇などの条件を交渉してくれる

2つ目の理由は給料や休暇などの条件を交渉してくれる点が挙げられます。

条件交渉を1人ですると、労力がかかります。しかし、担当エージェントが交渉してくれると、労働条件や給料等の交渉が進みやすいです。休暇や契約条件を交渉してくれることで、面接もスムーズに進みます。

あらかじめ希望を伝えておくことで、細かい条件を詰めてくれるため、エージェントを活用するのがおすすめです。

条件の良い非公開求人を紹介してくれる

3つ目の理由は条件の良い非公開求人を紹介してくれる点です。

非公開求人は検索で出てこない求人のことで、転職エージェントから直接紹介してもらえます。公開できない業務内容や応募が多数集まりそうな求人はあえて非公開にしているケースがあります。

転職エージェントの中には、ほとんどの転職活動が非公開求人になるエージェントもあり、求人を公開していない転職エージェントもあります。転職サイトだけでは、このような非公開求人が見つからないので、転職エージェントに登録するのがおすすめです。

スポーツ経験者の求人が多い業界・転職先

スポーツ経験者の求人が多い業界の転職先はスポーツクラブやスポーツ用品メーカー、スポーツチームなどが多いです。また、スポーツメディアへの転職もあります。

スポーツ指導に携わりたい方はジムやスポーツチームへの転職があり、マーケティングや商品開発に携わりたい場合はメーカーへの転職も考えられます。

また、メディアへ転職することによってライティング技術や取材経験を積むこともできるでしょう。スポーツ経験者の転職先についてここからは詳しく紹介します。

スポーツクラブやジム

スポーツクラブやジムはスポーツ経験者の求人が多い転職先です。ジムでトレーナーになり、初心者の方をサポートするのがメインの仕事になります。

また、マネージメント業務をするケースもあり、その仕事内容は様々です。スポーツ経験を生かして指導するのが基本的な仕事ですが、最終的には店舗運営の中心になる可能性もあります。

体力やスポーツに関する知識はもちろん、利用者とのコミュニケーションも重要となる仕事です。

スポーツ用品のメーカー

スポーツ用品のメーカーもスポーツ経験者の求人が多い転職先です。用具の企画やデザイン販売を行うので、これまでのスポーツ知識を活かせます。

スポーツ用品を幅広く販売するには、スポーツの知識だけではなくマーケティングの知識なども重要になり、その業務の幅は広いです。

どんなスポーツ用品が求められるかを一生懸命考え、販売につなげていく魅力があります。

スポーツチーム

スポーツチームもスポーツ経験者の求人が多い転職先です。メーカーやジムに比べると、スポーツ指導に直結する仕事が多いですが、マネージメントマンなども職務になります。

選手の状態を管理するためにはITスキルなども必要になり、スポーツ以外の知識も多く問われる仕事です。スポーツに携わっている人に直に触れられる仕事なので、スポーツ好きの方はやりがいを感じられるでしょう。

スポーツメディア

スポーツメディアもスポーツ経験者の求人が多い転職先です。メディアといっても種類は様々で、テレビ・新聞・雑誌・Webメディアなどが挙げられます。

それぞれ求められる技能は異なり、テレビでは取材や取材内容の編集を行い、新聞や雑誌はライティング技術が問われます。Webメディアはライティング技術と文章をネット上にアップロードする技術が問われるなど、スポーツ以外の知識も求められる職業です。

スポーツ経験を生かして深い質問をしたり、未経験社にはわからないような観点から記事執筆したりできるのがスポーツメディアの魅力です。

エージェントサービスを使ってスポーツ転職を成功するまでの流れを5STEPで解説

転職成功までには大きく5ステップに分かれます。

1番最初にやらなければいけないことは、転職エージェントに複数社登録することです。そして、相性の良い担当者を見つける必要があります。エージェントとの相性は転職活動をする上で重要なので、妥協しないようにしましょう。

その後は希望条件に合った企業にエントリーして、内定を目指します。それぞれのプロセスについて詳細をまとめましたので、1つずつ見ていきましょう。

おすすめの転職エージェントの中から複数社登録してみる

転職エージェントには複数登録するのがおすすめです。

転職サイトと総合転職エージェント、スポーツ特化型エージェントに1つずつ登録すると、求人を効率よく見つけることができます。スポーツ特化型エージェントは他のエージェントにはない案件が見つかりやすいので、登録しておく価値があるでしょう。

スポーツ特化以外の転職サイトも視野を広める上では有効なので、複数社登録して、より幅広い条件を探すことが重要です。

担当者と話してみて良いエージェントかを見極める

担当者次第で転職は大きく左右されるので、担当者を見極める作業も重要です。下記のようなケースの場合、担当者を変えてもらうことも検討するといいでしょう。

  • 転職やエントリーを急かされる
  • 希望に合わない求人ばかり紹介される
  • 企業の情報に疎い
  • 推薦書の内容が薄い
  • 要望に対して連絡がこない・遅い
  • 連絡がしつこい

転職エージェントが担当者変更に素早く対応してくれない場合は、他の転職エージェントに登録する方法もあります。いいエージェントをしっかり探して、そこから腰を据えて転職活動を進めていきましょう。

良いエージェントが見つかったら条件の合う企業にエントリー

信頼できるエージェントが見つかったら、次は条件の合う企業にエントリーしていきましょう。エージェントが積極的に非公開求人を紹介してくれるケースもありますし、自分から選ぶケースもあります。

エージェントに相談する前に、自分自身で転職サイトなどで検索し、あらかじめ希望条件を固めておきましょう。明確に希望条件を伝えることで、エージェントとのコミュニケーションも円滑になります。

条件に合う企業が見つかったら、エントリーしましょう。

面接が決まったら面接前に模擬面接をしてもらう

転職エージェントは本番前に模擬面接や面接対策を行ってくれるところもあります。転職サイトでは自分1人で練習したり、本を買ったりしてポイントを把握しなければなりません。

エージェントから面接対策を直接学ぶことで、具体的なアドバイスがもらえますし、どういうPRをしたらいいのかも教えてもらえるケースがあります。

ノウハウをしっかり学んで、本番までにできる限り対策をしましょう。

納得の行く企業に内定を貰えたら転職を決める

納得いく企業に内定をもらえたら、転職を決めます。

転職を決めた後は退職に向けて動いていきますが、転職エージェントでは円満退社に向けた退職フォローがあります。退職届の準備や転職先に必要な書類の準備、引き継ぎのフォローなどもしてくれるので、退職届の準備や引き継ぎ等をしっかり行って、円満退職しましょう。

まとめ

スポーツ転職をする際は、まず転職サイトや転職エージェントに登録する必要があります。

転職サイトは複数利用するとよく、総合転職サイトとスポーツ特化転職サイトに登録しておくと良いでしょう。また、転職エージェントに登録しておくと非公開求人を紹介してもらえるケースがあります。転職サイトと一緒に転職エージェントを利用するようにしましょう。

転職エージェントを選ぶ際は、求人数やスポーツ転職に特化しているかどうかが判断材料になります。この記事ではおすすめの転職エージェントを10社紹介しましたので、情報を参考に、ご自身に合った転職エージェントを選んでみてください。