ニートや無職の就職支援に強い転職エージェントのおすすめ10選!

ニート歴があって正社員として働いたことがない場合には、転職活動も困難が想定されます。転職エージェントを利用すれば、プロの目線からの役立つアドバイスや効果的な指導を受けられます。

この記事では、ニートで無職の場合に転職エージェントを利用する上でのコツやおすすめの転職エージェントをまとめています。

転職エージェントを利用できない場合のためのフォローについてもまとめていますので、内定をもらうためにも本記事で紹介する内容を確認してみてください。

職歴なしのニート向け転職エージェントの選び方

職歴なしでニート向けの転職エージェントの選び方のポイントは、ニートでも利用しやすい求人が揃っている環境であるか否かです。

これから紹介する3つの内容は、転職を成功するために欠かせないポイントとなっています。

上手い転職エージェントを見つけるためにも、重要なポイントなので一緒に確認していきましょう。

ニート歴があってもサポートを受けられるか

ニート歴があっても転職サポートをしてくれる転職エージェント会社を見つけるようにしましょう。

一般的に、ニートで職歴なしだと転職をするための難易度が上がる傾向にあるためです。

転職エージェントは、転職サポートの費用を求人会社に請求することとなります。会社は転職エージェントからの請求を払ってでも採用したい人材か否か判断したうえで採用となります。

ニート職歴なしだと、何かしらのプラス材料がないと費用に見合わないという理由から、採用までの難易度が上がってしまうこととなります。実際、一部の転職エージェントでは、ニート歴があるとサポートを受けられなくなることがあります。

転職エージェントを利用する際には、ニート歴があってもサポート対応をしているエージェントを選ぶようにしましょう。

未経験OKの求人数が多い転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの中でも、未経験OKの求人案件が多い転職エージェントを選ぶのも大切です。

転職エージェントにも得意分野や不得意分野があります。管理職やスペシャリストを対象としたハイクラス求人が多い転職エージェントもあれば、職歴がすくない若手向けの転職エージェントもあります。

ニートで職歴なしの場合には、未経験者OKを多く取り扱っている転職エージェントと相性が良くなります。

転職エージェントを選ぶ際には、転職エージェントの特徴を見極めた上で、未経験OKの求人が多い転職エージェントを選ぶようにしてください。

大手の転職エージェントを選ぶ

求人案件が多い大手転職エージェントを利用するのも大切です。求人案件が多ければ、ニート職歴なしでも応募できるチャンスが増えるためです。

大手の転職エージェントであれば、1万件以上であったり10万件以上であったりと求人数が豊富にあります。就職支援実績も数多くあります。

ニートの職歴なしであっても条件に合った求人を紹介してくれる可能性が高いので、サポートによってニートからでも期待ができます。

ニートで職歴なしで仕事探しをする際には大手の転職エージェントを優先に選ぶようにしましょう。

.ニートや無職からの就職支援に強いおすすめの転職エージェント10選!

「20代前半」におすすめの転職エージェントは6個あります。

全体的にサポートが充実していたり、担当エージェントが寄り添って方向性を一緒に解決していくといった密なつながりがある点が特徴です。

どの転職エージェントもそれぞれ特色が異なってくるので、確認していきましょう。

No1:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴
  • 全求人が20代を対象としており、未経験OKの求人が70%以上記載されている。
  • 20代の利用に特化した転職エージェント。
  • マイナビジョブ20’sについても実績のあるマイナビグループの知見が活きている。
求人数※2022年2月時点約2,600件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

マイナビジョブ20’sは(株)マイナビワークスが運営している20代専用の転職エージェントです。

未経験OKの求人が全体の7割を占めており、20代・第二新卒・既卒向けのサポートを専門にしており、転職エージェントです。

多くの転職支援実績を持ったアドバイザーが、プロの視点から20代の悩みを理解して将来のキャリアアップへと導いてくれます。

おすすめしない人
  • 地方でのローカル企業を探す場合
  • 適性試験を受験したくない場合
  • 自身が現状で20代終盤の場合
おすすめする人
  • 未経験OKの求人の求人を多く探していきたい場合
  • サポートが充実した転職エージェントを利用したい場合
  • マイナビブランドだと安心するという場合

マイナビジョブ20’sは未経験OKの求人案件が多いため、ニートで登録していくのにおすすめです。求人案件は、首都圏や大都市にある大企業が多い傾向にあります。地域のローカル法人は求人の取り扱いも少ないので注意が必要です。

マイナビジョブ20’sでは、担当エージェントが志望動機や自己PRも一緒に考えてくれます。マイナビのノウハウが詰まった充実したサポートを受けて活動をしたい場合には非常におすすめできます。ただし、自己分析も細かく行うので、適性試験などが嫌いという場合であればおすすめはできません。

マイナビジョブ20’sの利用者の85%以上が社会人経験3年以内の20代となっているため、社会人経験があまり長くない傾向にあります。社会人経験が少ないためニートであっても安心して登録していくことができます。

公式サイトで確認する

No2:DYM就職!

DYM就職!の特徴
  • 第二新卒や既卒・フリーター・ニートを専門とする転職エージェント。
  • 求人案件は研修制度も充実しており、安心して社会人経験を積んでいくことができる。
  • 書類選考がないため、職務経歴に自信がなくても面接選考からスタートできる。
求人数※2022年2月時点約2,500社
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

DYM就職はニートも含む第二新卒・既卒・フリーターなどを専門とした転職エージェントです。ニートで職歴がなくても安心して利用することができます。

もし、求人案件は研修制度が充実した会社が多く、社会人としての土台を基礎から学んでいくことができます。

DYM就職は企業とエージェントとのつながりも強く、書類選考を経由しなくても面接を受けることができます。履歴書にニート期間があっても面接対策でアピールするチャンスが増えます。

おすすめしない人
  • 職業訓練などを受けてから活動をしようと考えている場合
  • 条件設定をしたうえで求人検索をしたい場合
  • 一定の業種(製造、システム、営業、物流、商社、広告、不動産、教育)以外を検討している場合
おすすめする人
  • ニートにも理解がある転職エージェントを利用したい場合
  • 担当エージェントと相談したりキャリアプランをじっくりと考えていきたい場合
  • 大規模企業で安定的に働いていきたい場合

DYM就職はニートを含むフリーターにも正社員に就く機会を提供してくれる転職エージェントです。ニートにも理解があるエージェント会社を利用したい場合には非常におすすめです。仕事をする前に、職業訓練をしてからのほうがしっくりくる場合にはおすすめはできません。

求人案件の特色として製造、システム、営業、物流、商社、広告、不動産、教育が中心になっています。希望職種でこれらの業種に気が乗らない場合には、おすすめはできません。希望職種を取り扱っているエージェント会社を選ぶようにしましょう。

DYM就職には大手も含めた有名企業の求人案件もおおいのも特徴です。ニートであっても、将来に向けて長く働いていきたいという意気込みがある場合にはおすすめです。エージェントとの相談も大切にできます。

公式サイトで確認する

No3:就職Shop

就職Shopの特徴
  • 求人はすべて未経験OKの求人。ニートや高卒・中卒でも対応している。
  • 20代の利用者が9割を占めていて、安心して利用することができる。
  • 100%直接訪問した会社の求人。書類選考はないので面接対策のみでOK。
求人数※2022年2月時点約10,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア首都圏・関西

就職shopはリクルートグループが運営している転職エージェントサービスです。ニートや中卒や高卒・既卒などを対象としています。

就職shopの利用者の9割は20代となっているため、職歴のないニートであっても安心して利用できる転職エージェントです。

取り扱い求人については、就職shopの担当者が直接訪問した会社となっています。自身の経歴がない場合でも、担当エージェントに相談しながら通過率が高そうな会社を紹介してもらえます。

就職shopの求人は書類選考が必要ないため、最初から面接のステップに進むことができます。ニートで職歴欄が自信がなくてもしっかりとした対策で自身のやる気やポテンシャルを伝えることができます。

おすすめしない人
  • 首都圏・関西以外を探している場合
  • サイトから求人検索を活用しつつ比べてみたい場合
  • エージェントとの面談は対面でなくてもいいという場合
おすすめする人
  • 未経OKの求人が多くある方がいいという場合
  • 履歴書に自信がなく書類選考なしで選考を受けたい場合
  • 20代が多い転職エージェントサービスを使用したい場合

就職shopは首都圏と関西以外にお住まいの場合にはおすすめはできません。店舗は首都圏(新宿・東京・横浜・北千住・埼玉・千葉・西東京)や関西(大阪・京都・神戸)に店舗があるため首都圏がメインとなります。

就職shopでは書類選考を経由せずに面接を受けることができます。履歴書に自信がない場合でも面接をするチャンスがあるので非常におすすめです。

利用者の多くも20代なので、若手が多く利用する転職エージェントとして活用することができます。未経験OKの求人も多く、エージェントとは対面で面談しながらキャリアプランを相談していくことができます。

公式サイトで確認する

No4:ハタラクティブ

DYM就職の特徴
  • 在籍エージェントが保有している企業情報が豊富。
  • 充実した面接対策。内定率は80.4%と高水準。
  • 内定までのスパンが短く最低2週間で結果がでる(平均1週間)。
求人数※2022年2月時点非公開
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡

ハタラクティブは(株)レバレジーズ(東京都渋谷区)が運営している転職エージェントサービスです。20代の就職や転職をサポートを中心に行っています。スキルや経歴に自信がない場合のサポートを中心に展開しています。

未経験OKの求人が多く、職歴がなくてニート歴があっても申し込んでいくことが可能です。スキルや経歴に自信がなくてもアドバイザーが内定のためのアドバイスをしてくれます。内定率も高く80.4%となっています。

内定がでるまでのスパンが短く平均1か月で転職することができます。短いケースだと2週間で内定がでるので早く働きたい場合にはおすすめです。

おすすめしない人
  • 勤務地が東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡以外を希望する場合
  • エージェントからの対応はそこまで丁寧でなくてもいいという場合
  • 有名ブランドの転職エージェントを利用したい場合
おすすめする人
  • アドバイザーから有益な情報をたくさんもらいたい場合
  • 20代の利用者が多い転職エージェントを利用したい場合
  • 未経験OKの求人を探している場合

ハタラクティブは担当エージェントのサポートが丁寧で有益な情報も多くもらえます。アドバイザーと相談しながら進めていきたいという場合にはおすすめできます。

エリアに限定がある点には注意が必要です。勤務地が東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡の場合には利用できます。これら以外が希望の場合にはおすすめはできません。。

20代の利用者も多く、未経験OKの求人も多いのでニートであっても利用しやすいサービスとなっています。企業の採用部署などが求める人材像をエージェントに伝えてれているため、内定しやすい環境にあります。

公式サイトで確認する

No5:キャリアスタート

キャリアスタートの特徴
  • 内定までが最短で1週間で結果がわかる
  • 応募から入社までマンツーマンでサポートしてもらえる。
  • 未経験OKの求人案件も多く大企業の求人も取り扱っている。
求人数※2022年2月時点非公開
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア非公開

キャリアスタートは、ニートやフリーターを含む若手の転職支援をする転職エージェントです。運営はキャリアスタート株式会社(東京都港区)です。

キャリアスタートは2018年日本マーケティングリサーチ機構調査で若手サポートの3部門(20代がおすすめする転職支援会社など)でNo1を獲得しており、未経験OKの求人は1,000件以上、転職支援実績も3,000人を超えており安心して利用してけるエージェントサービスです。

担当エージェントのサポートはマンツーマン指導をしてくれており、充実した書類や面接のサポートを受けられます。内定率が80%を超えており、ニートでも多く受けて内定を勝ち取りに行けます。

おすすめしない人
  • 大都市以外の求人を探している場合
  • 転職エージェントは利用したいがマンツーマン体制は嫌だという場合
  • ニートであっても何かしらのスキルがある場合
おすすめする人
  • サポートが充実したエージェントを利用したい場合
  • 未経験OKの求人が多い方がいいという場合
  • 交流会制度や転居サポート制度があれば利用したいという場合

キャリアスタートは担当エージェントからマンツーマンで丁寧なサポートを受けることができます。聞きづらいことも聞いていくことができますが、マンツーマン体制が嫌だという場合にはおすすめはできません。

ニートで未経験OKの求人を探している場合には非常におすすめですが、すでに何かの資格やスキルを持っている場合には、求人数が多いような大手ブランドの転職エージェントのほうが合うかもしれないので注意が必要です。

交流制度や転居サポートなどといった独自の取組みもしているので、転職エージェントの中では親切な方に分類されます。自分に合いそうだとかんじた場合には積極的に利用してみてください。

公式サイトで確認する

No6:UZUZ(ウズキャリ)

DYM就職の特徴
  • オーダーメイド型サポートをしており、本人に合う企業を紹介してもらえる。
  • 就職内定率が86%を達成しており、長続きする仕事を見つけられる。
  • カウンセラーが全員元第二新卒か既卒で、申込者と共感性が高いサポートが受けられる。
求人数※2022年2月時点約2,700件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア東京・名古屋・大阪・福岡が中心

UZUZは、ニートやフリーターを対象とした転職エージェントです。運営会社は株式会社UZUZ(東京都新宿区)です。

UZUZはオーダーメイド型サポート制をとっており、本人の適性に合いそうな求人を紹介してくれます。内定率も86%を超えており、長続きさせられる仕事を見つけやすい環境にあります。

UZUZではカウンセラーが皆第二新卒か既卒を経験して仕事についています。新卒採用を経験しなかった立場としてニートの悩みもある程度理解してくれるので共感性があって利用しやすくなっています。

おすすめしない人
  • 勤務希望地が東京・名古屋・大阪・福岡以外の場合
  • フランクな雰囲気が自分と合わないという場合
  • 大手の転職エージェントを利用したいと考えている場合
おすすめする人
  • ニートとしての悩みを共感してもらいながら転職活動をしたい場合
  • 自分に合う職場を見つけて仕事を長続きさせたいという場合
  • 転職までのスピード感が早い方がいいという場合

UZUZのカウンセラーは全員既卒か第二新卒を経て就職をしているため、新卒を経験していない身としてニートの悩みについても共感を持ってもらえます。悩みを理解してもらいながら転職エージェントを利用したい場合には非常におすすめです。

UZUZではオーダーメイド型で本人の適性にあう仕事を紹介してくれるので自分に合う仕事を見つけたいという場合にはおすすめです。勤務希望地は首都圏がメインとなるため、地方がいいという場合には注意が必要です。

UZUZでは、スピード感が早いので転職活動を早く終わらせたいという場合にもおすすめです。UZUZはフランクな雰囲気でもあるので、自分に合いそうな雰囲気であれば積極的に活用していってください。

公式サイトで確認する

No7:第二新卒AGENTneo

第二新卒AGENTneoの特徴
  • 18歳から28歳までの就職・転職支援実績が22,500人以上。
  • 職務経験なしの就職・転職支援実績が1万人突破。
  • 2018年日本マーケティング機構で3冠を達成。
求人数※2022年2月時点約12,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

第二新卒AGENTneoは株式会社ネオキャリア(東京都新宿区)が運営している転職エージェントサービスです。

主な対象は18歳から20歳の若手が対象で、これまで転職や就職支援実績が22,500人を超えています。職歴や経験がない若者の就職、転職支援も1万人を突破しています。ニートで職歴がない場合でも安心して利用できる転職エージェントです。

2018年マーケティング機構では、「転職相談のしやすさ」「面接対策の満足度」「転職や就職支援の満足度」の部門で1位を獲得しており、利用者の満足度も高いという成果が出ています。

おすすめしない人
  • 地方でのローカル企業を探す場合
  • 年齢が30代以上でニートの場合
  • 大手人材ブランドのほうが安心するという場合
おすすめする人
  • ニートや職歴がない人への配慮がある転職エージェントを利用したい場合
  • 転職サポートが充実した転職エージェントを利用したい場合
  • 公式サイト内のコラムや特集記事も参考に利用したい場合

第二新卒AGENTネオは第二新卒やフリーターへのサービスを目立たせていて、定職についていない人への配慮したサイト構成になっています。

現職バリバリから転職していくという雰囲気を全面に出しているわけではないため、職歴が長いニートに対しても使いやすいように配慮された転職エージェントです。なんとなくニートだと利用しづらいと感じている場合には、非常におすすめのサービスです。

第二新AGENTネオは転職エージェントと相談を密にしながら活動していきたいという場合はおすすめです。ただし、20代までと制限はされてはいませんが、若年層向けのFAQに書かれているため30代以上にはおすすめできません。

第二新卒エージェントネオは公式サイト内にコラムや特集記事(中卒向け・高卒向け・第二新卒向け・フリーター向けなど)も多く、特集記事も参考に見ながら転職活動をしていきたいという場合には非常におすすめできます。

公式サイトで確認する

No8:Re就活エージェント

Re就活エージェントの特徴
  • 転職市場での価値だけではなく本人では気づいていないような強味を明確にしてくれる。
  • 紹介案件がミスマッチになっていないかを丁寧に確認してくれる。
  • 選考通過率が上がるように書類や面接の対策を徹底的に実施してくれる。
求人数※2022年2月時点約13,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国

Re就活エージェントは株式会社学情(東京都千代田区)が運営している転職エージェントです。Re就活エージェントは、面談によって市場価値や申込者が気付いていないような強味も明確にしてくれます。

ニートで登録した場合でも自分自身の強みを教えてもらえます。紹介する求人案件がミスマッチになっていないかのについても丁寧に確認してくれるため、やりたい仕事に巡り合える可能性が高まります。

また未公開求人数の8割以上が未経験OKの求人案件(9,902件)、社会人経験不問(10,184件)となっているため、職歴がないニートであっても応募できる求人が多くなっています。

おすすめしない人
  • 地方でのローカル企業を探す場合
  • 求人数が10万件以上の大手転職エージェントのほうがいいという場合
  • エージェントからの連絡は少なくてもいいという場合
おすすめする人
  • 若手向けのエージェントを利用したい場合
  • 未経験OKの求人が多いエージェントを利用したい場合
  • 書類や面接の対策を丁寧にやってもらいたい場合

Re就活エージェントは、公開求人のうち8割が未経験OK・社会人経験不問の募集案件となっているため、ニートで職歴がないがない場合でも安心して利用していくことができます。

しかしながら、公開求人は1.2万件程度であることから、求人数が10万件以上あるような大手転職エージェントほどではありません。求人案件数が膨大にあるエージェントがという場合にはおすすめはできません。

Re就活エージェントは、応募書類や面接の対策を丁寧に行ってくれます。連絡をする機会も多くなることもありますが、頻繁に連絡をして相談しながら対応したいという場合にはオススメの転職エージェントです。

公式サイトで確認する

No9:就職カレッジ(JAIC社より)

就職カレッジの特徴
  • 履歴書や面接対策などといった就活ノウハウを教えてくれる。
  • ビジネスマナーや仕事に対する考え方など、社会人の基礎を学ぶことができる。
  • JAIC社主催の面接会の参加者のうち81.1パーセントの就職率を達成している。
求人数※2022年2月時点非公開
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア非公開

就職カレッジは、株式会社ジェイック(東京都千代田区)が運営している転職エージェントサービスです。20代の未経験者の就職に特化しており、無料で就活のやり方や社会人の基礎を学ぶことができます。

また、JAIC社の独自の基準をクリアした優良企業との集団面接に参加することができ、2020年では20,126人が就職に成功しています。就職率は81.1%を誇っており、成功率の高い転職サービスとなっています。

おすすめしない人
  • 地方(政令指定都市以外)のローカル企業を探す場合
  • 担当エージェントと相談を密に重ねながら転職活動をしたい場合
  • 面接会ではなく会社に訪問をして雰囲気を感じ取りながら面接をしていきたい場合
おすすめする人
  • 20代向けのエージェントを利用したい場合
  • 集団講座形式の転職支援サービスを利用したい場合
  • 公式サイト内のニート向けの特集記事も参考にしながら活動していきたい場合

就職カレッジは20代に強い転職活動支援サービスとなっているため。ニートで職歴がない場合でも安心してサービスを利用することはできます。

ただし、就職カレッジはエージェント制とは異なり、集団講座に参加して一同に集まって面接会に参加する流れになっています。そのため、エージェントとマンツーマンで相談をミスに重ねながら転職をしたい場合にはおすすめはできません。

集団講座で、面接会を経由しながら転職活動をしていきたという場合には非常におすすめです。

就職カレッジの公式サイトにはニート向けの特集記事があるため、特集記事を参考にしながら転職活動をしていきたい場合には非常におすすめのサービスです。

公式サイトで確認する

No10:リクナビNEXT

リクナビNEXTの特徴
  • AI技術を駆使した分析が可能。
  • 社会人未経験歓迎や学歴不問、第二新卒歓迎の求人案件が多い
  • 自らお気に入り登録をしていると企業から連絡が来る機会もある。
求人数※2022年2月時点約62,000件
非公開求人数※2022年2月時点非公開
対応エリア全国・海外

リクナビネクストはリクルート社が展開する転職サイトです。転職エージェントが在籍していて、マンツーマンのサービスを受けるわけではないため誤解のないように注意が必要です。

社会人未経験歓迎が5,463件、学歴不問8,276件、第二新卒歓迎が13,931件と職歴がないニートでも応募できる求人案件数が多くなっています。

リクナビネクストでは高精度AIが自動解析をして、申込者の好みを把握します。おすすめできる企業を自動抽出してくれるので、思ってもいなかった求人案件が見つかるかもしれません。

おすすめしない人
  • エージェント制のサービスを利用したい場合
  • 求人数が多すぎると探していくのが大変で最初から絞って進めたいという場合
  • 地域ローカル企業の求人を探す場合
おすすめする人
  • 会社やエージェントとのやり取りは少ない方が好みだという場合
  • 社会人未経験者歓迎・学歴不問・第二新卒歓迎の取り扱いが多い方がいいとう場合
  • 転職先を大企業をメインに考えている場合

リクナビネクストは担当エージェント制をとっていないため、担当エージェントから役立つ情報をたくさんもらいたいという場合にはおすすめできません。エージェントとのやり取りは少ない方が好みだという場合にはおすすめです。

また、求人情報は全国を網羅しており、社会人未経験者歓迎・学歴不問・第二新卒歓迎としている求人案件数は非常に多くなっています。地域ごとに求人数に差はありますが、求人数に多く当たっていきたいという場合には非常におすすめです。

リクナビネクストは、大企業や準大手企業も豊富にあることからある程度幅を持たせて企業リサーチをしていきたい場合には非常に使い勝手のいい転職サイトとなっています。
公式サイトで確認する

就職したいニートの方が転職エージェントを利用すべき4つの理由

ニートで就職を希望する際に転職エージェントを利用すれば、自分一人で進めるよりも成功する可能性がはるかに高くなります。

ここで紹介していく4つの内容は、ニートが内定をえて就職を勝ち取るために大切な内容となっています。

職歴説明で失敗するリスクも低くなりますし、自分の給料面で損するリスクも減りますので、ぜひ確認してみてください。

 

不利な職歴をカバーするアピール方法を教えてくれる

転職エージェントを利用すれば、ニート期間の職歴をカバーするためのアピール方法を教えてもらえます。

ニートの場合には、職歴なしのいわゆる「ニート期間」がどうしてもあり、履歴書に書かなければいけなくなります。

書類選考や採用面接では必ず目について確認される前提でいなければいけなくなります。ニートの就職に強い転職サイトや転職エージェントのコラムなどを見れば対策をしてくことができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロがポジティブなアピールなど具体的なプラスに見せるためのテクニックを教えてくれます。

転職活動でニート期間を上手に説明していくためにも転職エージェントを利用するようにしてください。

 

書類や面接の対策をしてくれるので選考の通過率が高くなる

転職エージェントは書類や面接の対策をしてくれます。選考通過率も高くなるので、転職エージェントは利用するべきです。

担当エージェントは採用対策のための書類の添削や面接対策をしてくれます。更に、申込者のポテンシャルや人柄も交えて推薦状を書いてくれるケースも多いです。

自分一人だけのマインドで就職活動をするよりも、業界のプロのマインドも借りながら活動をする方が選考通過率が高くなります。

ニート期間がある場合でも、採用活動対策のプロである転職エージェントはなるべく利用するようにしましょう。

 

給料や働き方などの条件を交渉してくれる

転職エージェントを利用すると、給料や働き方などの条件を交渉もしてもらえます。

内定をもらう際には、「年収は○○万円でどうですか?」などといった給与面での確認や「出張は大丈夫ですか?」などといった働き方など確認があります。

応募者が自分自身で会社と交渉すると角が立ったりマイナスに捉えられて不採用になる可能性があります。

転職エージェントを利用すれば、担当エージェントが申込者と企業の間に入って聞きにくい内容を確認したり、給与など条件を交渉してくれます。

縁がある会社との関係を円満に進めていくためにも、交渉事は転職エージェントにしてもらいましょう。

 

あなたの要望を聞きつつ選考通過率の高い求人を紹介してくれる

転職エージェントに相談をすれば、申込者の要望を聞いてくれて、なおかつ可能性の高い求人を紹介してくれます。

転職エージェントには、各エージェント会社独自のマッチング技術があります。膨大な求人案件の中からマッチング担当であったりAIが登録内容に近い求人を見つけてくれます。

自分の希望を担当エージェントに伝えることで、担当エージェントは可能性も高い求人を取捨選択もしてくた上で紹介してくれます。

自分自身で探すよりも非常に効率的なので、転職エージェントの充実したサポートを利用するようにしましょう。

 

ニートの方がエージェントを使って転職を成功させる5つのコツ

ニートが転職をさせるためにはコツを抑えておくことも大切です。

「良い転職エージェント」に出会って「熱意を伝えて」「やる気を見せる」という点がポイントです。

これから紹介する内容を1個ずつ確認して、転職活動に役立ててください。

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントを利用するときには、複数の転職エージェントに登録するのがコツです。サービスの満足度や転職の成功率が左右されてしまうためです。

もちろん、転職エージェントを1社に絞った上で、担当者を何度も変えることも可能です。ただし、異なる社内文化のもとでのエージェントサービスを利用した方が相性の良しあしを見極められます。

早く内定もらうためにも、2社・3社ぐらい登録エージェントに登録してみて担当との相性の良し悪しを見極めるようにしましょう。

担当者の対応に疑問を感じたら変更

担当者の対応に疑問を感じたら担当エージェントを変えるというのも手段の1つです。

例えば、担当エージェントから見下すような対応が多かったり、希望に合わない求人ばかり紹介されたり、担当エージェントからエントリーの連絡がしつこい時などです。

ニートで職歴なしで就職活動をしていくためには、自分自身の将来に向けた前向きなキャリアプランなどを検討していくことが非常に大切です。担当エージェントとも相談をじっくりやっていく必要があります。

担当者との信頼関係が作っていけなければ積極的な計画も立てることができません。

担当者の対応に疑問を感じたら、別の担当エージェントに替えるようにしましょう。ただし、既存エージェントには感謝の気持ちを伝えて関係を悪くしないようにすることも忘れずに。

すぐに働きたいという意欲を示す

内定がもらえたらすぐに働きたいという意欲を示すのも大切です。求職者の勤務意欲が高い方が、担当エージェントのモチベーションが上がるためです。

エージェントサービスは入社が決まると、企業からエージェント会社に報酬されが支払われて成り立っています。

意欲が高い人ほど、内定後の決断率も高く報酬も成立することから担当者もやる気を持ってサポートしてくれるようになります。反対に意欲の低い姿勢を見せると、サポートも後回しにされる傾向があります。

すぐに働きたいという希望を伝えるだけではなく、エージェントからの返信も早く対応して、担当者に「やる気」をアピールするようにしましょう。

長く働く気があることを伝える

内定後は、「長く働く気がある」ということを伝えるのも絶対に忘れてはいけません。

職歴なしでニート期間があると、今まで働いてこなかったこともあり、いざ就職が決まったとしても長続きしないのではないかと思われてしまうこととなります。

採用担当者や担当エージェントから、そのように思われてしまうことは仕方がないことなので、割り切ってしまいましょう。

就職後すぐに退職されると、転職エージェントに報酬が入らない可能性もあります(入社後半年~1年以内に退職した場合)。

長く働くことを意識して伝えることで、担当者にこの人は長く働いてくれそうだと思ってもらう必要があります。長く働きがある胸を伝えるのも忘れずに伝えるようにしましょう。

【参考】エージェント利用で早期退職した場合の留意事項

  1. 募集内容と違う場合にはエージェントに一度相談する。
  2. 企業から転職エージェント会社には連絡がいく。
  3. 申込者が早期退職に伴う損害賠償は請求されない。

返信や提出物はできるだけ早く

転職エージェントからの返信や提出物はできるだけ早くするようにしましょう。メールや提出物の提出が遅いと意欲が低いとみられ、後回しにされる可能性があるため。

担当エージェントとの関係はやりとりも少ないと関係も希薄になっていく傾向があるため、メールの返信や提出物は期限を守るようにして、なるべく早め早めに回答するようにしましょう。

早めに対応することで対応者への担当者への意欲も伝わり、積極的にフォローしてくれるようになります。

ただし、常識的な範囲で早めに対応すればいいので、現実離れをしたペース感の早さにしなくても問題ありません。

転職で失敗しないために利用したい口コミサイト4選

転職活動に役立つ口コミサイトを紹介していきます。

口コミサイトでは、会社の雰囲気を知ったり、働くイメージがかけ離れていないかを確認するために利用してみてください。

ただし、口コミだけを全面的に信じるのではなく転職エージェントからの情報も大切にするようにしましょう。

Open Work

OpenWorkの特徴
  • 回答者の退職前のステータス(職種や在籍年数、入社経路、回答日)などがわかる。
  • 企業の基礎情報や求人案件も併せて確認することができる。
  • 合計8つの視点から八角形のバラメーターで企業間比較ができる。

OpenWorkはオープンワーク株式会社(東京都渋谷区)が運営している口コミサイトです。口コミは企業名ごとの検索を通じて口コミを調べることができます。

OpenWork内では「企業の住所」や「事業内容」「年収統計」などの情報も併せて確認することができます。

口コミは「組織体制・企業文化」「働きがい・成長」「ワークライフバランス」「企業分析」「入社前後のギャップ」「女性の働きやすさ」「退職検討理由」「経営者への提言」の8つの視点でパラメータを確認することができます。

転職会議

転職会議の特徴
  • 業界別・勤務地別・視点別で企業の評判や口コミを確認することができる。
  • 求人情報を併せて確認することができる。
  • 合計8つの視点から八角形のバラメーターで企業間比較ができる。

転職会議は株式会社リブセンス(東京都港区)が運営している口コミサイトです。

口コミの検索方法に特徴があり、「業界別」「勤務地別」「視点別(総合評価ややりがい等)」などのカテゴリから口コミを調べることができます。求人情報も併せて確認することができます。

口コミは「企業の成長性・将来性」「企業の安定性」「給与水準」「仕事のやりがい」「企業の理念と浸透性」「入社難易度」「福利厚生」「教育・研修制度」の8つの視点でパラメータを確認することができます。

 

キャリコネ

キャリコネの特徴
  • 登録企業数は620,698社、日本マーケティングサーチの3部門でNo1を獲得。
  • カテゴリ別のランキング形式で企業リサーチができる。
  • 合計6つの視点から六角形のバラメーターで企業間比較ができる。

キャリコネは株式会社グローバルウェイ(東京都港区)が運営する口コミサイトです。キャリコネでは登録企業が62万件を超えており、「転職希望者の信頼度が高い」「20代~30代が注目している」「人事担当者が注目している」の部門で3冠を達成しています。

「評価・労働環境ランキング」「地域ランキング」「業界ランキング」「投稿者属性ランキング」など様々なカテゴリに分けたうえで口コミがいい企業を見つけていくことができます。

口コミは「労働時間の満足度」「仕事のやりがい」「ストレスの低さ」「休日数の満足度」「給与の満足度」「ホワイト度」の6つの視点でパラメータを確認することができます。

en Lighthouse

en Lighthouseの特徴
  • 1,400万件以上のリアルな口コミが掲載されている。
  • 「企業の強み」や「女性視点の会社評価」も確認できる。
  • 合計8つの視点から八角形のバラメーターで企業間比較ができる。

en Lighthouseはエン・ジャパン株式会社(東京都新宿区)が運営している口コミサイトです。口コミ数は多く、1,400万件の現職社員やOB社員による口コミが掲載されています。

企業の強みや女性視点の会社評価など、戦略的な分析や女性の働きやすさなど様々な観点から企業リサーチをしていくことができます。

口コミは「企業の成長性・将来性」「事業の優位性・独自性」「実力主義」「活気のある風土」「20代の成長環境」「仕事を通じた社会貢献」「イノベーションへの挑戦」「経営陣の手腕」の8つの視点でパラメータを確認することができます。

 

ニートで職歴のない方がエージェントに断られた場合の対処法

ニート歴がながくて転職エージェントに登録できない場合には、他のサービスを探してみるようにしましょう。

ニート歴があって職歴がない場合には、転職エージェントへの登録も新卒や現職からの転職よりもハードルが高くなりがちです。

国・都道府県も就職支援として丁寧にサポートしてくれますので腐らずに就職活動をしていきましょう。

転職サイト

1つ目は転職サイトです。転職サイトは、転職エージェントとは仕組みが異なります。転職サイトでは自分で求人検索や書類の準備を行います。

未経験OKの求人案件が多い転職サイトであっても、登録を断られることはありません。また、複数利用しても何ら問題ありません。

求人数も転職エージェントよりも多くなる傾向にあるため、転職サイトは転職エージェントがダメだった場合には優先して利用をするようにしてください。

ハローワーク

厚生労働省が運営するハローワークの利用も検討してみてください。ハローワークは、無料でも利用できる職業紹介所です。有料登録をした方が、検索できる幅が広がります。

ハローワークでは職業訓練も提供してくれます。職歴がなくてニート歴があっても、職業訓練を受けてプラス要素ももって就職活動をすることができます。

一定の場合には職業訓練費用の一部をハローワークで負担してくれる制度もあります。職歴がないハンデのカバーしてく観点からもハローワークも是非検討するようにしてください。

ジョブカフェ

ジョブカフェは都道府県が「ワンストップ」で就職支援をするために設置している施設です。特徴としてはワンストップが主催で勉強会やイベントを企画している点です。

就職活動を成功させるためには自らが足を運んで良い情報を仕入れるのも大切です。ニート歴があったとしても積極性ももって積極的に学びを得るようにしてください。

ジョブカフェは、地域によって他の名称で呼ばれていることもありますが、47都道府県で設置されているので利便性が高くなっています。

ニートの方が就職するまでの流れとスケジュール

ニート歴がある方が転職エージェントを利用しながら採用活動をしてく流れをとスケジュールを紹介します。

ニート歴がある場合には、担当者との面談や自己分析・適性診断をするのが特徴的です。その他、面接対策を手厚くする点も留意が必要です。

内定を獲得して、将来に向けてキャリアを積んでいくためにも是非確認してみてください。

おすすめの転職エージェントに登録する

はじめに転職エージェントを見つけて登録をします。転職エージェントは「ニートや無職からの就職支援に強いおすすめの転職エージェント10選!」の中から求人案件が多いエージェントを選ぶようにしてください。

登録した後で、転職エージェントの担当者から面談日程の連絡(電話やメール)がきます。場合によっては、登録を断られることもあるかもしれません。

転職エージェントは個性や得意分野もそれぞれ異なります。良い求人案件にであえるようにするために2~3社は登録するようにしてください。

転職エージェントの中によっては書類選考がなくて最初から面接ができるエージェントや、面接会で一気に何社も面接をするサービスもあったりしますので、事前にエージェントの特色はしっかりとリサーチするようにしておきましょう。

 

担当者と面談し自己分析や適性診断をする

転職エージェントに登録をした後には、担当者と面談をして自己分析や適性診断を行います。ニート歴がある場合には非常に大切なところです。

担当に付いてくれるエージェントは転職のプロなので、面談の中でニートになってしまった理由などを聞かれます。素直に回答するように心掛けてください。

担当エージェントに相談すればポジティブな考え方を教えてくれたり、どんな仕事に向いているのかなど適正も考えてもらえます。是非、素直な姿勢になって前向きな気持ちで望むように心掛けましょう。

担当エージェントの対応に疑問を感じたら変更する

3つ目の手順としては、担当エージェントとの相性チェックです。担当エージェントが否定的な見方をしてくるようであれば担当を替えるようにしましょう。。

担当エージェントによっては、自身のニート歴の経験を理解してもらえない場合があります。理解が足りないために、いい求人を紹介してもらえなかったり、的外れな連絡をしてくる可能性も否定できません。

担当エージェントが求めていたイメージとあまりにもかけ離れている場合には、早めに替えるようにしましょう。相談がしやすいか否かの確認も忘れずにしておきましょう。

書類をチェックしてもらい応募

次は企業への応募です。応募する際には履歴書やエントリーシートを作成する段階に入ります。書類選考で無事に通過した場合には企業の担当者と対面で面接をする段階になります。

転職エージェントでは書類やエントリーシートの添削もしてくれます。転職エージェントは、転職対策のプロなので業界の事情やキャリアの事、募集企業の内情も理解しています。

有益な情報がもらえるように、担当エージェントには積極的に相談するようにしてみてください。職歴がなくて質問しづらい内容であっても気兼ねなく相談してみてください。

面接が決まったら模擬面接をしてもらう

次のステップは、面接が決まった後の模擬面接です。転職エージェントは面接対策や模擬面接もやってくれます。

書類選考を通過したら面接を行うことになります。転職エージェントは、面接対策のプロでもあるので、客観的な改善案や最近の面接傾向などを事前に確認して対策案をもらうようにしましょう。

特に職歴がなくニート歴がある場合には、面接対策を厚めに行っていった方が無難です。万全の状態で面接に挑めるようにしておきましょう。

納得いく企業から内定を貰えたら就職を決める

次のステップは就職の決断です。納得いく企業から内定をもらえたら、就職を決めましょう。

内定が出たら基本的には就職の決断となりますが、必ずしも決断をする必要もなく、内定後も「保留」とにしたり「辞退」とすることができるという点も認識しておきましょう。

ただし、辞退する際には注意も必要です。内定を断る場合には担当エージェントのモチベーションが下がる可能性があります。

今後も転職活動を続けていく場合には、担当エージェントのつながりも大切なので、断る理由は「第一希望が選考中」といった真面目で相応の理由を用意しておくようにしましょう。

 

まとめ

この記事では、職歴無しのニートで転職エージェントを利用しながら内定を獲得するための方法を紹介してきました。

転職エージェントを利用すれば、職歴にニートと書いても上手くカバーしていく方法を教えてもらえます。書類や面接の対策についてもプロの目線からアドバイスがもらえます。

転職エージェントは会社と給料や働き方などといった相談しづらい情報も間に入ってうまくまとめてくれます。

また、転職活動に役立つ口コミサイトや転職エージェントの登録を断られた場合の対処方法も紹介していますので参考にしてみてください。

この記事で紹介した内容を参考にして、是非内定を勝ち取っていってください。