エンジニア転職におすすめな転職サイト10選!転職で失敗しない方法も解説

エンジニア転職におすすめなサイトをご存知ですか?

転職サイト選びに失敗すると、転職がうまくいかず、再び転職活動をしないといけなくなるかもしれません。そんなエンジニア転職の失敗を防ぐために大事なポイントと、おすすめの転職サイトをこの記事では紹介します。

具体的なエンジニア転職の進め方も紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

エンジニア転職で失敗しないための転職サイトの選び方3つ

転職サイト選びに失敗しないためにはエンジニア業界に特化した転職サイトを選ぶ必要があります。転職エージェントには総合転職エージェントと特化型転職エージェントがあり、特化型の方がその業界について深く知っているケースが多いです。

また、転職サイトとエージェントサービスを併用するのも大事です。転職サイトだけを活用すると自分1人ですべての作業を行わないといけないため、転職活動が大変になります。求人数が多い転職サイトを選ぶなど、失敗しないためのポイントが3つあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

エンジニア業界に特化した転職サイトを選ぶ

転職サイトには総合転職サイトとエンジニアに特化した転職サイトがあります。

総合型転職サイトもエンジニアの求人が多く、転職先選びに困るケースは少ないですが、特化型転職サイトだと総合転職サイトにない求人を掲載されているケースもあるので、両方チェックしておきましょう。

また、非公開求人に関しても特化型転職サイトに多く掲載されているケースがあるので、非公開求人を多くリサーチする上でもエンジニア特化サイトを利用する意義は大きいです。

転職サイトとエージェントサービスを併用する

転職サイトは自分でサイトから転職先を探して、応募するサイトです。

一方、転職エージェントは担当者がつき、転職をサポートしてくれます。転職エージェントは非公開求人の紹介や面接対策・自己PR対策・模擬面接を行ってくれるので、積極的に利用したいところです。

ただ、転職エージェントだけを利用してしまうと、完全に人任せの転職になってしまう可能性もあります。転職エージェントでエージェントの力を借りつつ、転職サイトを使って自分でも転職先を探すことが大事です。

求人数の多い転職サイトを選ぶ

転職サイト選びで失敗しないためには求人数の多い転職サイトを選ぶ必要があります。求人数が多ければ多いほど理想の求人に出会える可能性が高くなり、転職で後悔する確率が少なくなるでしょう。

総合型転職サイトの場合は絞り込み検索が重要で、「エンジニア」など検索条件をつけて絞り込みます。エンジニア特化サイトはエンジニアの求人だけが掲載されているので、その数と転職サイトの絞り込み検索の数を比較しましょう。

 

エンジニア転職におすすめのサイト7選

エンジニア転職におすすめのサイトは7個あります。

総合転職エージェントやエンジニアに特化したサイトなど求人数が比較的多めなサイトを厳選しました。求人数や非公開求人数・対応エリア等を中心に転職サイトを判断することが大事です。

スカウト企業に強みを持っているエージェントや求人数で圧倒的な実績を誇る転職サイトなど様々なので、ここから内容を参考にして転職サイトを決めてくださいね。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • エンジニア転職の求人数7万件超え
  • アプリ、ネットワーク、セキュリティなど詳細に分類されている
  • 非公開求人数も多数あり
求人数 ※2022年7月時点7万9,213件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

リクルートエージェントがエンジニア転職において1番おすすめの理由は、エンジニア転職の求人数が極めて多いことです。求人数が多いので、アプリエンジニアやサーバーエンジニアネットワークエンジニア通信系インフラエンジニアなど希望職種をかなり絞って検索できます。また、対応エリアも全国となっているので、勤務地で転職先を絞ることもできます。

非公開求人数も多数あり、大手なので転職に関するイベントも多いです。講演やセミナー等に参加したい方は登録しておきたい転職エージェントだと言えます。転職エージェントからは自己PR対策や面接対策など転職に必要なスキルを勉強できる点もメリットです。求人数も多いので、幅広く求人を見ていきたい方におすすめの転職エージェントだと言えるでしょう。

\エンジニア転職求人数7万件超えの転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

doda

doda

dodaの特徴
  • エンジニア転職の求人数4万件超え
  • エージェントサービス、スカウトサービス、パートナーエージェントサービスが充実
  • ITコンサルタントから、プログラマーまで幅広く求人がある
求人数 ※2022年7月時点4万3,784件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

dodaがエンジニア転職において2番目におすすめの理由は、エンジニア転職の求人数がリクルートエージェントに次いで多いからです。休日数が多いので、エンジニアでも幅広い職種の求人があります。コンサルタントからスマホアプリ開発、制御系ソフトウェア開発など、そのジャンルは幅広いです。

dodaはエージェントサービスやスカウトサービスパートナーエージェントサービスがあり、企業からオファーを受け取れる仕組みがあるほか面接確約オファーもあります。また、職種や地域に特化したパートナーエージェントを契約しているので、一般の求人に掲載されていない非公開求人に巡り会えます。幅広いエンジニア求人を見たい方に向いている転職サイトだと言えます。

\パートナーエージェントと契約している求人数が多い転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの特徴
  • エンジニア求人数2万件弱
  • 年収800万円以上のエンジニア転職に特化している
  • 海外の勤務地も検索できる
求人数 ※2022年7月時点1万8,980件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ビズリーチがエンジニア転職において3番目におすすめの理由は、ハイクラス転職が狙える点です。求人数は2万件弱と リクルートエージェントやdodaと比べて少なくなっていますが、年収800万円以上の求人が並んでいます。

対応エリアは日本全国に対応していて、海外の求人も検索可能です。中国・韓国・香港・シンガポール・タイ・ベトナム・アメリカ・カナダ・ヨーロッパが検索対象になっていて、海外のエンジニア職の募集もあります。年収アップ目的で転職する方は、優先的に検討しておきたい転職サイトだと言えます。

\年収アップが狙えるハイクラス転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

RECRUIT DIRECT SCOUT

RECRUIT DIRECT SCOUTの特徴
  • エンジニア転職求人数が1万6,000件超え
  • 登録後はスカウトを待つだけのシステムなので、他のサイトと併用しやすい
  • ハイクラス転職特化
求人数 ※2022年7月時点1万6,572件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

RECRUIT DIRECT SCOUTがエンジニア転職において4番目におすすめの理由は、登録後はスカウトを待つだけのシステムで、他のサイトと併用しやすい点です。他のサイトで転職先を探しながらスカウトを待つといった使い方もできます。検索することもできるので、幅広い使い方が可能です。

対応エリアは全国で、年収が比較的高めな案件を扱っています。ハイクラス転職に特化しているので、年収を上げたい・スカウト中心の転職サイトに登録したい方はRECRUIT DIRECT SCOUTを利用するのがおすすめです。

\スカウトに特化したリクルートグループの転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

マイナビIT AGENT

マイナビITエージェント

マイナビIT AGENTの特徴
  • 非公開求人数が公開されている
  • 公開求人と非公開求人数を足すと2万件以上になる
  • 業種に合わせた応募書類添削や面接対策がある
求人数 ※2022年7月時点1万4,923件
非公開求人数 ※2022年7月時点9,022件
対応エリア全国

マイナビIT AGENTがエンジニア転職において5番目におすすめの理由は、エンジニア転職の非公開求人数が公開されている点です。他のサイトでは非公開求人数が公開されていないケースが多いですが、マイナビIT AGENTでは検索結果に非公開求人数が表示されます。登録してなくても非公開求人数が分かる安心感がメリットです。

マイナビグループにおけるITウェブ業界の転職事情に詳しいキャリアアドバイザーが対策し、業種に合わせた応募書類添削や面接対策をしてくれます。非公開求人の紹介を積極的に受けたい方は、マイナビIT AGENTがおすすめです。

\非公開求人数が公開されている転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • エンジニア転職の求人数が1万4,000件以上
  • エンジニア転職に特化している
  • マンツーマンでエンジニアに特化したエージェントがサポートしてくれる
求人数 ※2022年7月時点1万4,574件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

レバテックキャリアがエンジニア転職において6番目におすすめの理由は、エンジニア転職に特化している点と求人数の兼ね合いです。他の転職サイトに比べて、エンジニア転職に特化したため全体の求人数が少ないんですが、その分マッチした求人を紹介してくれる可能性があります。対応エリアは全国で、勤務地の希望を出すことも可能です。

最速1週間でも内定実績がありマンツーマンで転職活動を徹底的にサポートしてくれます。エンジニア転職に特化したエージェントがサポートしてくれるので、業界の事情や書類の添削方法などもエンジニア向けになり、転職活動がスムーズに進みやすいです。特化型転職エージェントを利用したい場合は、レバテックテックキャリアを活用するのがおすすめです。

\エンジニア転職に特化した転職エージェント/

公式サイトで詳細を確認する

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの特徴
  • エンジニア転職求人数4,935件
  • 年収アップ率が高いハイクラス転職が可能なサイト
求人数 ※2022年7月時点4,935件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

パソナキャリアがエンジニア転職において7番目におすすめの理由は、年収アップ率が高いハイクラス転職が狙える点です。2022年4月時点での年収アップ率は67.1%と表記されていて、年収800万円以上の求人も多数掲載されています。求人数が4,935件と少なめですが、年収を最優先に考えている方は選択肢の1つです。

ハイクラス転職に特化した専任のコンサルタントによるカウンセリングが行われるので、エンジニア業界で年収アップを狙いたい方は利用を検討してみてください。

\年収アップ率が高いハイクラス転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

 

未経験からエンジニアに転職したい人におすすめのサイト3選

未経験からエンジニアに転職した人におすすめのサイトは3つあります。

年収アップや労働環境改善が目的ではなく、全く違う業界への転職を希望している方はこの3つのサイトに登録するのがおすすめです。他の業界からエンジニア転職を目指す方はぜひ活用してみてください。

Green

Green

Greenの特徴
  • エンジニア転職の求人数が2万件以上
  • エンジニア求人の割合が多い
  • 面接前のカジュアルなマッチングが期待できる
求人数 ※2022年7月時点2万2,328件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

Greenが未経験からのエンジニア転職において1番おすすめの理由は、求人数が2万件超えと多い点です。すべての職種の求人が3万件をやや越えるのに対して、エンジニア転職の求人数が2万件超えとエンジニア転職の割合が多くなっています。対応エリアの全国なので、勤務地を選べる店もメリットです。

Greenの特徴は面接前にカジュアルに会える点で、気になる企業とマッチングすると、事前に面談できます。人事担当者が直接スカウトもあり、60%以上の方が直接スカウトをきっかけに転職しています。IT業界に強く、急募求人も多数あるので、エンジニア未経験の方は登録を検討してみてください。

\面接前にカジュアルに会える点が魅力の転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

ワークポート

ワークポートの特徴
  • エンジニア転職の求人数1万9,961件
  • リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度下半期~』(2021年10月~2022年3月)にて、『転職決定人数部門 第1位』を受賞。
  • 未経験からエンジニアを目指す人向けの無料スクールがある
求人数 ※2022年7月時点1万9,961件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

ワークポートがエンジニア転職において2番目におすすめの理由は、転職決定人数部門で第1位を受賞した実績がある点です。求人数は先程のGreenより少ないですが、受賞経験している転職サイトがいいという方は選択肢に入ります。対応エリアは全国で、それなりに実績がある点が魅力です。

無料転職活動支援アプリ「eコンシェル」は、応募や選考スケジュールの変更、スケジュールの管理、担当コンシェルジュへの相談等ができ、とても便利です。また、「みんスク」というサービスもあり、PHPやJava、インフラコースを受講できます。未経験からの転職をサポートする仕組みがあるのもワークポートの力です。

\未経験からのエンジニアを目指すためのスクールがある転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

DYM IT転職

DYM IT転職

DYM IT転職の特徴
  • 求人数は比較的少ない
  • フリーター、ニート向けの転職に特化している
求人数 ※2022年7月時点10件
非公開求人数 ※2022年7月時点非公開
対応エリア全国

DYM IT転職が未経験からのエンジニア転職において3番目におすすめする理由は、フリーターやニート向けをアピールしている点です。サイトには「フリーターニート向けの転職エージェントのDYM転職」と書かれており、未経験者でも採用してもらえる可能性があります。対応エリアは全国ですが、求人数が少ないので、時期によっては希望の勤務地を選べない可能性があります。

エージェントが転職できるまでサポートしてくれ、企業からの紹介もあります。また、フリーターやニートの方をフォローしている実績があるので、当てはまる方は一度会員登録してみましょう。

\フリーター・ニート向けの転職サイト/

公式サイトで詳細を確認する

エンジニア転職で失敗を避ける5つのポイント

エンジニア転職で失敗を避けるために大事なのは、いろんなエンジニアに関する求人を確認することです。

求人をあまり紹介してくれない担当エージェントの場合は代わってもらったり、転職先の残業や待遇等を詳細に確認しておくことでミスマッチを防げます。また、複数の転職サイトに登録することで、求人数をより多く確認できるなど失敗を避けるのに大事な点はたくさんあります。

失敗を避けるために大事なポイントをここでは見ていきましょう。

担当エージェントの質が悪ければ変わってもらう

担当エージェントと合わなかったり、サービスに満足できない場合は変更してもらうのも1つの方法です。将来を左右する転職活動ですから、早めに交代してもらいましょう。担当エージェントが合わないと感じるポイントは次の通りです。

  • 早めの転職を要求される
  • 求人の紹介数が少ない
  • 希望にマッチしない案件が紹介される
  • 企業情報を全然くれない
  • 対応が後手
  • 面接対策など転職支援が不十分
  • 連絡が来ない・遅い
  • 連絡が多すぎる
  • コミュニケーションがうまく取れない

担当エージェントの対応に不満を感じたら、早めに伝えるようにしましょう。早めに伝えないと転職活動がどんどん先に進んでしまいます。そして、伝えても改善しない場合は、担当者変更を視野に入れましょう。

迅速に変更してもらえない場合は、他の転職エージェントを利用する選択肢もあります。不満が大きくなる前に、伝えることが大事です。

転職理由を明確にしておく

転職理由を明確にしておくことも失敗を避けるポイントです。エンジニアの場合は給料や労働時間・仕事内容・残業時間が原因で転職するケースが多く、それらの件を確認しておかないと転職先でも同じような理由で不満を抱えてしまいます。

担当エージェントに転職理由を伝えておくと、そのような事情を考えて転職先を選定してくれるかもしれません。同じ原因で転職を繰り返さないためにも、転職理由を事前に明確にしておき、担当エージェントに伝えられるようにしておきましょう。

転職先の残業や待遇などを確認しておく

転職先の残業時間や待遇は早い段階で確認しておきましょう。

エンジニアの転職理由は残業時間や給料等の労働環境によるところが大きいです。求人数はたくさんあるので、労働環境をきっちり調べて、担当エージェントに内情をできる限り聞くようにしましょう。

公開されている情報と実情が違うかもしれないので、具体的な調査が大切です。

複数の転職サイトに登録する

エンジニア転職を成功させたい場合、求人を幅広く見ることが大事です。1つの転職エージェント転職サイトだけでは、選択肢が狭くなってしまうので、幅広く選択肢を見るようにしましょう。

複数サイトに登録しておくと担当エージェントが合わなかった場合に、切り替えやすくもなります。登録する転職サイトが増えると、登録の手間や連絡にかける時間が増えてしまうので、登録するサイト数は時間との兼ね合いで決めましょう。

最終的にはエージェントの数を1社から2社に絞るのが一般的です。

気になる求人が見つかったら口コミをチェックする

気になる求人を見つけたら申し込む前に口コミなどをチェックしましょう。元従業員の口コミ等がネット上に掲載されているケースもあります。発表されていない事情が口コミで発見できるケースもあるので、入念にチェックしておくのが大事です。

口コミの確認作業には限界がありますが、できるだけ丁寧にやっておくとミスマッチを防げます。

エンジニア転職が成功するまでの流れを5STEPで解説

エンジニア転職を成功させるまでの流れが5つのステップ。まず1番最初にやっておくことが転職理由を明確にしておくことです。その後に複数の転職サイトに登録して、情報を幅広く集めていきます。口コミなども活用して、事前に情報をリサーチするのが大事です。

面接対策や退職サポートなども踏まえて、具体的な手順を押さえておきましょう。

転職理由を明確にしておく

1番最初にやるべき事は転職理由を明確にしておくことです。何を目的にして転職するのか、何が嫌で転職するのか、本当に転職しないといけないのかなどをまとめておきましょう。

担当エージェントに転職理由をきちんと伝えられるように、理由を固めておくのが大事です。

転職理由を明確にすることで、他の求人に目移りすることが減り、効率的に目的に合った求人を探すことができます。

複数の転職サイトに登録する

転職サイトは複数活用し、総合型転職エージェントと特化型転職エージェントの情報に登録するのがおすすめです。総合型転職エージェントは求人数が多いため、転職全般に関するノウハウが多くあります。

一方、特化型転職エージェントはエンジニア業界の裏事情などの情報を持っているエージェントが多いです。 これだけを見ると特化型転職エージェントの方が良さそうに見えますが、特化型転職エージェントは基本的に求人数が少なく、就業経験が豊富な層をターゲットにしているケースが多くなっています。

エンジニア転職の場合エンジニアで実績がある人を対象にしているケースが多いので、総合型転職エージェントと特化型転職エージェントをうまく使い分けるようにしましょう。

気になる求人があったら応募の前に口コミチェック

気になる求人を見つけたら応募前に口コミをチェックしておきましょう。口コミや評判が多く掲載されている転職サイトから口コミサイト等、確認できるものはたくさんあります。

客観的な意見から感情的な意見まで口コミサイトには様々な情報が掲載されています。会社に対するネガティブな意見は口コミサイトでしか確認できないケースもあるので、いろんな会社の口コミサイトを見て、情報の精度を高めましょう。

応募後は面接対策をして挑む

会社会場や口コミをチェックして気になる内容がなければ応募し、面接対策をします。面接対策は転職サイトからだとセミナーなどに応募して行い、転職エージェントの場合は担当エージェントが面接対策を行ってくれます。

どういった点をアピールすればいいのか、面接をどのように進めば良いのか、事前に何を準備しておけばいいのかなどを確認して、面接に挑みましょう。

エージェントによっては模擬面接をしてもらえるケースもあります。事前の対策や模擬面接を通じて、採用される確率を上げましょう。

内定が出たら退職サポートをしてもらう

内定が出た後は退職サポートをしてもらいましょう。退職時の手続きは複雑で退職届の準備や引き継ぎ各所への挨拶などが必要になります。また、退職時には社員証や会社の費用で購入したものの返却が必要です。

離職票や源泉徴収票等会社から受け取る書類などもあるので、エージェントと相談しながら円満に退職しましょう。

まとめ

この記事ではおすすめの転職サイトや転職エージェントを紹介してきました。

複数登録がおすすめで、まずは幅広い求人を見て、選択肢を増やすことが重要です。総合転職エージェントと特化型転職エージェントがあるので、最低でも1つずつは登録しておくと良いでしょう。

転職サイトの判断基準としては、求人数やサポート体制が挙げられます。また、エンジニア転職の場合は未経験から転職するのかキャリアアップのために転職するのかによって、おすすめの転職サイトエージェントは違います。

この記事を参考に、最適な転職エージェントを選んでください。