エックスサーバーの評判・口コミ | メリット・デメリット・料金・感想や比較まで解説

エックスサーバーの評判・口コミ | メリット・デメリット・料金・感想や比較まで解説

「レンタルサーバーはエックスサーバーにしてみたいけど、実際に使用している人の意見が聞きたいなぁ」「エックスサーバーは、ほかのサーバーと比べてどこが優れているの?」こんな風に思ってる方必見です。

この記事では、エックスサーバーの悪い評判や良い評判を紹介していきます。また、筆者が実際にエックスサーバーを使用してみて感じたこともお話していくので、参考にしていただけたらなと思います。

また、エックスサーバーを使用する上でのメリットやデメリットも紹介していきますので、ぜひレンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

他のレンタルサーバーも比較して検討したい方は「レンタルサーバーおすすめ7選 | 選び方や料金・機能を徹底比較」も合わせて参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【2022年6月】レンタルサーバーおすすめ7選 | 選び方や料金・機能を徹底比較 WordPressのサイトやブログ、ホームページの運営に欠かせないのがレンタルサーバーです。 調べると沢山のサービスが存在し、費用や容量、機能、サポート内容などが異な...
この記事の目次

エックスサーバーとは?機能や特徴を紹介

ここからは、エックスサーバーの機能や特徴について下記の順で解説していきます。

  • サイトが高速で機能する「XACCELERATOR Ver.2」
  • 初心者でも使いやすいサーバーパネル
  • 便利な設定代行サービス

上記を一つずつ詳しく見ていきましょう。

サイトが高速で機能する「XACCELERATOR Ver.2」

XACCELERATOR(アクセラレータ) Ver.2は、サイトを高速かつ安定に表示できる機能です。XACCELERATOR Ver.2には、下記のようなメリットがあります。

  • サイトの表示が早くなる
    WordPressなどのWebアプリが快適に表示されるようになる。キャッシュなしでPHP最大20倍、WordPress最大10倍にできる機能を搭載
  • アクセスが集中しても安定してサイトが表示される
    アクセスが集中した際の体制を強化したことで、処理不可を軽減し安定してサイトが表示される
  • SEO対策
    サイトが素早く表示されると、検索エンジンに評価され収益化しやすくなる。サイトが0.1秒早くなるだけで、売り上げが10%上がるといわれています。サイトの高速表示がされることで、機会損失やユーザー離脱を防げる

XACCELERATOR Ver.2には、上記のようなメリットがあるので、大変便利な機能となっています。

初心者でも使いやすいサーバーパネル

エックスサーバーでは、サーバーパネルでパスワードの変更やバックアップ、エラーページのカスタマイズなどができます。下記のような様々な設定ができるので、一部を紹介します。

アカウント関連ホームページ機能WordPress
サーバーパネルなどのパスワードを変更できます。特定のディレクトリに対してアクセス制限(BASIC認証)を行えます。人気のプログラム、WordPressを、パーミッション変更など面倒な手間なく設置・インストールすることができます。
サーバーソフトウェアのバージョン、perlパス、モジュール一覧などが確認できます。エラーページをカスタマイズできます。必要な情報を入力するだけで、他社サーバーで運用中のWordPressを自動的にエックスサーバーへ移行できます。
ホームディレクトリのバックアップファイルをダウンロードすることができます。また、「自動バックアップ」におけるデータのバックアップ状況確認も行うことができます。Webページのデータとして認識されないファイルを追加定義できます。WordPressに対する不正なアクセス等を防止し、セキュリティを強化することができます。

出典:Xserver

上記のほかにも様々な設定ができるので、ぜひ利用してみてください。

便利な設定代行サービス

エックスサーバーでは、サイト立ち上げを代行するサービスを提供していますエックスサーバーのエンジニアスタッフが、下記の様な作業を行ってくれるので、利用すると大変便利です。代行作業の一部を紹介しますので、参考にしてください。

項目作業内容所要日数価格(税込)
【オススメ!】
まとめて初期設定
以下をまとめて実施します
CMSインストール(合計10件まで)
メールアドレス作成(100アカウントまで)
独自ドメイン設定(10ドメインまで)
サブドメイン設定(20ドメインまで)
2営業日33,000円
CMSインストールWordPress/EC-CUBE/Pukiwikiのインストール
(1件まで)
2営業日5,500円
メールアドレス作成メールアカウント設定を追加します
(100アカウントまで)
2営業日5,500円
独自ドメイン設定独自ドメイン設定を追加します
(10ドメインまで)
2営業日5,500円

出典:Xserver

上記のような手間のかかる作業を代行してもらえるので、時間のない方や設定方法がよくわからない人は利用してみましょう。

エックスサーバーの料金・プラン

ここからは、エックスサーバーの料金を、プランや契約期間なども交えながら紹介していきます。

月額料金

エックスサーバーの、プランごとの月額料金は、次のようになっています。

契約期間スタンダードプレミアムビジネス
3カ月1,320円2,640円5,280円
6カ月1,210円2,420円4,840円
12カ月1,100円
キャッシュバックで
【実質550円】
2,200円
キャッシュバックで
【実質1,100円】
4,400円
キャッシュバックで
【実質2,200円】
24カ月1,045円
キャッシュバックで
【実質522円】
2,090円
キャッシュバックで
【実質1,045円】
4,180円
キャッシュバックで
【実質2,090円】
36カ月990円
キャッシュバックで
【実質495円】
1,980円
キャッシュバックで
【実質990円】
3,960円
キャッシュバックで
【実質1,980円】
※2022/3/24 18:00 – 2022/4/7 18:00までのキャンペーン価格が適用されています。

出典:Xserver

上記の金額は1ヶ月ごとにかかる料金で、契約期間の数字をかけた金額を支払う必要があります。また、どのプランを選択しても、初期費用で3,300円かかるので注意してください。

エックスサーバーのメリット

ここからは、エックスサーバーのメリットについて、下記の順で説明していきます。

  • インストールが簡単に行える
  • 安心のカスタマーサポート
  • 不正アクセスへの対策も万全

上記を一つずつ解説していきます。

インストールが簡単に行える

エックスサーバーでは、WordPressのインストールが簡単に行えます。エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」を利用すれば、時間のかかる作業を飛ばして、10分くらいでサイトの立ち上げが可能です。

WordPressを使用するには、レンタルサーバーの契約以外にも、独自ドメインの取得や初期設定などの作業があります。それらの作業を簡単に行えるのは、大きなメリットです。サイト運営の本質である、コンテンツ作成に集中できます。またエックスサーバーでは、サイト設定の代行サービスも行っているので、初心者の方は利用すると便利でしょう。

安心のカスタマーサポート

エックスサーバーを使用してわからないことがあっても、カスタマーサポートのスタッフさんに対応してもらえるので、安心です。エックスサーバーのお問い合わせ方法は、下記のものが利用できます。

電話メールチャット
契約中の方:TEL 06-6147-2580(平日10時~18時)
新規契約の方:TEL 0120-183-002(平日10時~18時)
24時間365日受付平日10:00~18:00

電話やチャットは対応してもらえる時間が限られていますが、メールなら24時間365日受け付けているので安心です。また、メールの返信速度も速いので、困ったことや分からないことがあったら、気軽にお問い合わせをしてみましょう。

不正アクセスへの対策も万全

エックスサーバーは、不正アクセスへの対策が万全です。不正アクセスを防ぐために、ログイン時に入力ミスが複数回続くとアクセスを拒否されますし、アクセスも2段階認証となっています

サイトに不正アクセスされると、サイトを乗っ取られ、記事を書き替えられるなどのトラブルが起こるケースも。記事を書き替えられると、これまでの作業がすべて水の泡になります。そういった事態を防ぐために、エックスサーバーでは不正アクセスの対策が、厳重に行われているのです。

エックスサーバーのデメリット

ここからは、エックスサーバーのデメリットについて下記の順でお話ししていきます。

  • 値段が高い
  • 月単位でしかプラン変更ができない
  • 共有サーバーなので他のユーザーからの影響を受ける可能性がある

上記を一つずつ見ていきましょう。

値段が高い

エックスサーバーは、ほかのレンタルサーバーに比べて値段が高めに設定されています。ほかのレンタルサーバーである、ロリポップやConoHa WINGは初期費用が無料なのに対し、エックスサーバーは3,300円です。サイトを運営していく際にも、スタンダートプランで12カ月契約すると13,200円かかり、ほかのレンタルサーバーと比べても割高になっています。

ただ値段が高いのは、サーバー周辺の設備が増設されたり、サイトを高速表示するためにCPUやメモリが強化されているからです。まだ、サポート体制も盤石なため、ほかのレンタルサーバーより値段が高くなっています。

月単位でしかプラン変更ができない

エックスサーバーは、月単位でしかプラン変更ができません。また、上位プランや下位プランに変更するには、プラン変更希望月の前月1日~20日までに「プラン変更」から申請し、翌月の1日からプラン変更される仕組みです

エックスサーバーは日単位でプラン変更ができず、プラン変更も翌月から反映されるので、不便と感じる人もいるでしょう。

共有サーバーなので他のユーザーからの影響を受ける可能性がある

エックスサーバーは、ほかのユーザーと共有して使用する「共有サーバー」なので、ほかのユーザーからの影響を受ける可能性があります。例えば、アクセスが急増した際に、サイトの表示速度が落ちるなどです

しかしこういったケースはまれで、普段の使用には特に問題はありません。また共有サーバーは、値段がリーズナブルなのが特徴です。レンタルサーバーには、「専用サーバー」や「VPSサーバー」などがありますが、設定が難しく値段も高めに設定されています。なので、特別な理由がないのであれば、共有サーバーでも問題ないでしょう。

エックスサーバーを使用した感想・評価をレビュー

ここからは、筆者が実際にエックスサーバーを使用して思ったことや評価をレビューしていきます。エックスサーバーには、ほかのサーバーにはない優れた点がたくさんあるので、筆者の個人的な意見ですが、参考にしてみてください。

エックスサーバーを使用して筆者が感じたこと

エックスサーバーを使用してみて筆者が感じたことは、まずスペックの高さです。エックスサーバーは、XACCELERATOR Ver.2を搭載しているので、サイトが常に高速で表示してくれました。

また、サポート体制が充実しているのもうれしいポイントです。筆者は一度だけチャットを利用した経験がありますが、とても丁寧な対応をしてもらえました。チャットのほかにも、電話やメールで質問を受け付けているので、安心してサイト運営に集中できるのがメリットです。

また、WordPressのインストールを代行してもらえるのは、便利だなと思います。確かに「WordPressクイックスタート」の機能はありますが、初めてレンタルサーバーを契約したときには、筆者も多少時間がかかりました。なので、少高額にはなりますが、時間がない人や初心者の方にはおすすめです

エックスサーバーの評判・口コミ

ここからは、エックスサーバーの評判や口コミを紹介していきます。商品やサービスを購入したり契約する際には、すでに使用している人の意見を聞くのが一番です。また、良い評判だけでなく悪い評判も聞くことで、どういったデメリットがあるかもわかるので、両方の口コミをご覧ください。

悪い評判・口コミ

エックスサーバーに関しても悪い評判や口コミには、下記のようなものがありました。

過去問道場のサーバダウンですがホストしているエックスサーバー全体の大規模障害みたいです😱😱😱
公式サイトの障害情報すら見られない状態🥶

出典:Twitter

エックスサーバーからメールが来てて不正アクセスにより制限がかかってブログが見えない状態に😱
帰って対応しなきゃ…
直るだろうか😰

出典Twitter

ブログが不安定だ…
やっぱりエックスサーバー不安定みたい

出典Twitter

エックスサーバーには、上記のようなトラブルが起こるようです。2022年の3月末には、大規模なサーバーダウンが起こり、この事態についてつぶやいている人が多数いました。

良い評判・口コミ

エックスサーバーに関しての良い評判や口コミには、下記のようなものがあります。

WordPressでサイト構築するとき、客先のサーバーに導入することがあると思いますが、特にPHPバージョンには注意を。エックスサーバーはドメインごとにPHPバージョンが細かく設定できるのでとても便利。

出典Twitter

エックスサーバーのオプション「無料で使えるメールフォーム」が広告も無いし意外と便利だった。
追加メールフォームを設置したいけど、予算が厳しい・何でもいいからメールフォームを!ってお客さんであればサクッと提供できる。
Googleフォームはアカウントを教えてもらわないと設置できないしね。

出典Twitter

エックスサーバーのクイックスタート。サーバー・ドメインの契約、WordPressのインストールを同時にできて便利ですよね。
しかしWPのインストール先がルートである事が判明。手作業でサブディレクトリに移動しました。プラグインを入れる前に移動しておくといいですね。

出典Twitter

上記のツイートにもあるように、エックスサーバーに搭載されている機能は、大変便利なようです。

エックスサーバーはこんな人におすすめ

ここからは、エックスサーバーをおすすめしたい人についてお話していきます。エックスサーバは、サポート体制も充実しているので、初心者の方におすすめです。また、スペックも優れているので、中・上級者も便利に利用できるでしょう。

エックスサーバーをおすすめしたい人の特徴

エックスサーバーをおすすめしたい人の特徴とその理由を下記に紹介しますので、ご覧ください。

  • レンタルサーバーを始めて利用する人
    エックスサーバーは、サポート体制が充実しているので、わからないことやトラブルがあってもすぐにお問い合わせが可能
  • スペックが良いレンタルサーバーを利用したい人
    エックスサーバーには、無料独自SSLや自動バックアップなどの優れた機能が搭載されている
  • レンタルサーバーのことがよくわかっていない人
    レンタルサーバーのことや、WordPressのインストールがわからない人は、「WordPresクイックスタート」がおすすめ。WordPressクイックスタートを利用すれば、誰でも簡単にサイトの立ち上げが可能

上記の項目に当てはまる人には、エックスサーバーはおすすめです。

エックスサーバーと他社サーバーを比較

ここからは、エックスサーバーと他社のレンタルサーバーを比較していきます。料金や機能面、使用できる容量などを紹介していくので、レンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

料金や機能面を比較

各レンタルサーバーの、料金や機能面を比較したものを下記に紹介します。なお、各レンタルサーバーのプランは、WordPressが使用できるものを選択しています。

エックスサーバー(スタンダード)ConoHa WING(WINGパック:ベーシック)ロリポップ(ライト)さくらのレンタルサーバー(スタンダード)
初期費用3,300円無料1,650円無料
12ヶ月料金13,200円月額911円3,960円5,238円
ディスク容量300GB300GB160GB300GB
メールアドレス無制限無制限160GB無制限
MySQL無制限4.5GB/1個まで利用可能50個50個
無料独自SSL
転送量無制限6TB/月160GB無制限

ご覧の通り、エックスサーバーは他のレンタルサーバーに比べて、値段が高く設定されています。しかし、メールアドレスやMySQL、転送量は無制限で利用できますし、サポートも充実しているので導入して損はないでしょう。

エックスサーバーの導入・申し込む手順

ここからは、エックスサーバーの導入・申し込む手順について下記の順で解説していきます。

  • 公式サイトにアクセスする
  • プランを選択する
  • 個人情報の入力
  • お申し込みをする

上記を一つずつ詳しく見ていきましょう。

公式サイトにアクセスする

まずは、エックスサーバーの公式サイトにアクセスしてください。その後、サイト内にある「お申込みはこちら」をクリックします。

その後、「初めてご利用のお客様」の下にある「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックしてください。

プランを選択する

次は、プランを選択していきます。まず、サーバーIDを設定しますサーバーIDは契約を管理するためのIDで、初期ドメインとも呼ばれ、自分のサイトでの公開も可能です。独自ドメインを利用するのであれば、サーバーIDは必要ないので、適当に設定しても問題ありません。

サーバーIDを設定したら、プランを選択します。エックスサーバーでは、「スタンダード」「プレミアム」「ビジネス」の3つのプランから選択可能。WordPressでブログを始めるのであれば、「スタンダード」で十分です。プランを選択したら「次へ進む」をクリックします。

ちなみに、クイックスタートを選択すると、10日間の無料お試しは利用できなくなるので、注意してください。

個人情報の入力

次は、個人情報を入力してアカウント登録を行います。入力する項目は下記のとおりです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 登録区分(個人・法人)
  • 名前(ご担当者様)
  • フリガナ

上記の項目を入力したら、「次へ進む」をクリックしてください。すると、登録したメールアドレス宛に6桁のコードが送られてくるので、コードを「確認コード」の欄に入力して「次へ進む」をクリックしてください。

お申し込みをする

最後に、これまで入力した項目に間違いがないかを確認し、問題がなければ「この内容で申し込みをする」をクリックします。

「SMS・電話認証へ進む」と表示される場合もありますが、その際は認証コードを取得して、認証コードの入力後に「認証して申し込みを完了する」をクリックしてください。その後、「サーバー設定完了のお知らせ」のメールが届いたらお申し込みは完了です。

エックスサーバーに関するよくある質問

ここからは、エックスサーバーに関する質問にお答えしていきます。

  • SSLの設定は必要?
  • エックスサーバーとエックスサーバービジネスは何が違うの?
  • エックスサーバーの解約方法は?
  • 解約した後でも再契約できる?

上記の疑問に一つずつ答えていきます。

SSLの設定は必要?

エックスサーバーのSSL設定は自動で行われるので、インストール作業は必要ありません。ユーザーは、申し込みをした後にSSL証明書発行ベンダーからのメールで、認証作業を行うだけでOKです。認証されると、無料独自SSLが無制限に設置できます。

またエックスサーバーには、オプション独自SSLがあるのが特徴です。オプション独自SSLは、サイトシールに対応した証明書や企業認証SSLが選択できるようになります。セキュリティ診断機能の付いた証明書や、低コストで導入可能な「ドメイン認証SSL」、信頼性が最高クラスの「EV SSL」などが利用可能です。

エックスサーバーとエックスサーバービジネスは何が違うの?

エックスサーバーとエックスサーバービジネスでは、下記の2点が異なります。

  • サイト作成の代行と制作を無料で行ってもらえる
    インストールや設定の代行は、通常33,000円かかりますが、ビジネスなら無料です。また代行サービスは、エックスサーバーのエンジニアが行ってくれるので、安心して利用できます
  • 専用サーバーがある
    エックスサーバーでは、専用のサーバーが利用できます。「マネージド専用 エントリープラン」を3カ月契約すると、118,800円と高額になりますが、企業サイトやECサイト運営に向いています。

上記のような違いがありますが、何か特別な理由がない限り通常のプランでも問題ありません。

エックスサーバーの解約方法は?

エックスサーバーの解約は、簡単に行えます。まず、解約したいサービスの右端の「3つの点マーク」から「契約情報」をクリックしてください。そして、ページ下部の「解約する」をクリックして、「解約申請をする」をクリックすれば解約が完了します。

エックスサーバーは、解約をしても残りの契約期間の間は使用可能です。ただ、料金の返金や日割りなどには対応していないので、注意してください

解約した後でも再契約できる?

エックスサーバーは、一度解約してしまっても再契約ができます

ただ、解約したアカウントと同じメールアドレスでは、新たにアカウントの作成はできません。なので、別のメールアドレスを用意して、新規でアカウントを作成しましょう。

エックスサーバーまとめ

いかがだったでしょうか?エックスサーバーの良い点・悪い点について、理解していただけたのならうれしいです。エックスサーバーは、料金が高額ですが、それだけ機能やサポートが充実しています。

なので、初期投資だと思って導入してみましょう。今後のサイト運営で、不要なトラブルに巻き込まれにくくなり、コンテンツ作成に集中できます。では、あなたのサイト運営がうまくいくことを願っています。

他のレンタルサーバーも比較して検討したい方は「レンタルサーバーおすすめ7選 | 選び方や料金・機能を徹底比較」も合わせて参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
【2022年6月】レンタルサーバーおすすめ7選 | 選び方や料金・機能を徹底比較 WordPressのサイトやブログ、ホームページの運営に欠かせないのがレンタルサーバーです。 調べると沢山のサービスが存在し、費用や容量、機能、サポート内容などが異な...

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる